logo

【司法試験】判例の読み方が身に付く答練「重要判例答練」が誕生!

TAC株式会社 2019年10月04日 11時11分 [ TAC株式会社のプレスリリース一覧 ]
From PR TIMES

前代未聞!?答案添削まで受けられる無料体験入学受付中!

資格の学校TACが、重要判例を題材とする予備試験論文式試験形式の答練「重要判例答練」を新たにリリースいたしました。また、担当講師による「2019年予備試験解説セミナー」(10/12(土)、10/26(土)、11/9(土))も実施いたします。



司法試験予備試験対策講座を展開しているTAC株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:多田敏男)は、2020年予備試験受験生向けの「重要判例答練」をリリースいたしました。
[画像1: リンク ]

「判例の読み方」が身に付く!

重要判例の事案を基に作られた問題を解くことで、「答案作成技術」はもちろん「重要判例の事案」「答案における趣旨・規範の書き方」まで身に付きます!
そして、それらを学ぶことにより、「重要判例答案」の題材となった判例はもちろん、すべての判例学習に共通の「判例の読み方」が身に付くのです!

前代未聞!?答案添削まで受けられる無料体験入学!

「重要判例答練」の一番のウリは答練を監修した小堀講師の添削指導・解説講義です。
時には受講生の記述量の倍近く書かれる熱い添削と、合格ラインを冷静に分析する解説講義は必見です!
現在、「重要判例答練」の無料体験入学を実施しています。
問題を解くだけでなく、添削指導・解説講義まで無料で体験できます!
是非一度お試しください!

<「重要判例答練」の詳細はコチラ>
リンク

◇小堀 信賢(こぼり のぶまさ)講師◇
[画像2: リンク ]


<プロフィール>
早稲田大学社会学部卒業。
その後、予備試験を経て司法試験に合格。司法修習を終了後、都内大手法律事務所に就職。現在は、地元である東京都西東京市において、自ら立ち上げた田無法律事務所で日々依頼者のために奔走する、新進気鋭の若手弁護士。
予備試験経由の新司法試験合格者として、予備試験受験生がつまずきやすいポイントを熟知しており、作問や解説講義に反映するよう意識している。


----------
◇小堀講師が予備試験を徹底解分析!「2019予備試験解説セミナー」実施決定!


[画像3: リンク ]

今年の予備試験論文式試験の問題について、小堀講師が解説します。
答案作成のスペシャリストによる丁寧な解説は、受験された方はもちろん、これから受験予定の方にも有意義な内容です!
<内容・日時>
・憲法 10/12(土)16:00~18:00 八重洲校
・民法 10/26(土)16:00~18:00 八重洲校
・刑法 11/ 9(土)16:00~18:00 八重洲校

※参加無料・予約不要です。当日は、1階エントランス付近に実施教室を掲示していますので、直接お越しください。
※後日、HP上で動画を公開いたします。当日お越しになれない方はそちらをご覧ください。


----------

■TAC株式会社概要
会社名:TAC株式会社
会社サイト:リンク
代表者:代表取締役社長 多田敏男
資本金:9億4,020万円
所在地:東京都千代田区神田三崎町三丁目2番18号

■お問い合わせ先
TAC司法試験講座事務局 shihoushiken@tac-school.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]