logo

サンクトガーレン、台風15号の落下梨を使ったビール「和梨のヴァイツェン」 10月4日より発売

サンクトガーレン有限会社 2019年10月04日 09時15分
From PR TIMES

約350kgの落下梨が瑞々しくフルーティーなビールに



サンクトガーレン有限会社(神奈川県厚木市/代表取締役 岩本伸久)は、台風15号で落下した梨を使用したビール『和梨のヴァイツェン』を2019年10月4日(金)より発売します。
リンク

[画像1: リンク ]


弊社では神奈川のオレンジを使用したフルーツビール「湘南ゴールド」の製造販売を行っており、神奈川のJAとお付き合いがありました。その担当者の方より「今回の台風で収穫直前の梨が沢山落下してしまった。何かに使えないだろうか」と相談を受け、急遽その梨の買い取りと、ビールの製造を決定しました。
使用しているのは神奈川県小田原市の落下梨で、豊水・幸水・菊水など合計約350kgです。

[画像2: リンク ]


小麦麦芽を主原料としたフルーティーなヴァイツェンというビールをベースに、細切れにした梨、ペーストに加工した梨、ジュースに加工した梨をそれぞれ加えています。ヴァイツェンを製造する際に使用するヴァイツェン酵母にはもともと梨や桃に例えられる甘い香りがあります。そこに本物の梨を合わせて使用することで、瑞々しくフルーティーなビールに仕上げました。アルコールは5%です。

[画像3: リンク ]


このビールは、10月4日(金)~20日(日)に横浜赤レンガ倉庫で開催される「横浜オクトーバーフェスト リンク 」のサンクトガーレンブースで販売します。300ml中グラスで800円、500ml大グラス1,100円で提供します。期間中を通じ、約3000杯の提供を見込んでいます。


“訳あり”果物を活用したフルーツビール


サンクトガーレンでは梨の他にオレンジやリンゴ、桃などを使ったビールを製造しています。いずれも使っているのは、外観などに難がある“訳あり”果実です。
サンクトガーレンのフルーツビールは香料などに頼らず果実本来の香りや味わいを引き出すため、果物をたっぷり贅沢に使います。訳あり果物の利用は、農家にとっては売り物にならない果物が売れてハッピー、弊社にとっては安く果物を譲ってもらえてハッピーというWin-Winの関係です。

▼湘南ゴールド(オレンジ)
リンク
▼アップルシナモンエール
リンク
▼7種の桃のエール
リンク

上記のビールはいずれも、横浜オクトーバーフェストのサンクトガーレンブースで味わうことが出来ます。
200mlの少量で4種類のビールを楽しめる飲み比べセットもご用意しておりますので、色々試してみたい方はそちらをご利用下さい。

[画像4: リンク ]




サンクトガーレンについて


[画像5: リンク ]



リンク

日本で地ビールが解禁する以前より、アメリカで小規模ビールの製造販売を行っていた“元祖地ビール屋”です。それがTIMEやNewsweekなどのアメリカメディアで話題となり、日本のメディアに飛び火。世論を巻き込み、日本の地ビール解禁に一石を投じました。そのため業界内では「地ビール0号」と呼ばれています。

サンクトガーレンが造るビールは、大手で主流の“ラガー”とは製法も味わいも対極の“エール”一貫主義。国内外のコンテストで数々の受賞を誇ります。そんな王道ビールの他、一升瓶ビール、バレンタイン限定チョコビール、高アルコールで長期熟成が出来る麦のワインなど数々の個性的なビールを製造販売しクラフトビールの魅力を広く発信しています。

サンクトガーレンはスイスの地名。
そこにあるサンクトガーレン修道院は世界で初めて醸造免許を取得した場所。
その原点を引く継ぐべく「サンクトガーレン」とブランド名に冠しています。

Twitter: リンク
Facebook: リンク
Instagram:リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]