logo

「2019年度グッドデザイン賞受賞」トランスフォームするドレスアップアイテム popupdress「palette」

株式会社 エチュードゥマン 2019年10月02日 13時58分
From PR TIMES

様々な着こなしができる輪になったドレス

株式会社エチュードゥマンが展開する「popupdress」はドレスアップアイテムに特化したブランドです。この度、ブランドの製品「palette」が、公益財団法人日本デザイン振興会主催の「2019年度グッドデザイン賞」を受賞致しました。



[画像1: リンク ]


本ブランドは、アパレル産業の消費サイクル、環境への配慮あるものづくり、国内繊維産業への貢献、という3つの社会的側面に配慮して、「あなたらしい装いができる輪になったドレス」をコンセプトに、女性のためのドレスアップアイテムを提案しています。
グッドデザイン賞を受賞しました「palette」は、山形県米沢市で織られた交織のシルクタフタを使用しており、輪の形状に中央にリボンを通し、そのリボンを絞ることで簡単に立体的なフォルムを作ることができます。
ネックウェアはもとより、ボレロや帽子まで着方は自由自在で、普段使いからフォーマルまでシーンに応じて様々な着こなしができます。




■着用方法
※着用方法はこちらの動画よりご覧いただけます。
[動画: リンク ]



■着用例
防寒として、マフラーやスヌードのようにも着用でき、リボンを絞ればスタイリングのアクセントとしても使用できます。
[画像2: リンク ]




■製品仕様
製品名:palette(パレット)
価格:¥23,000(税抜)
サイズ:幅15cm/長さ138cm(1周)
素材:絹100%
カラー:13色展開(2019年10月現在)
機能:中央にリボンが通っており、そのリボンを絞ることで形状が変化する
[画像3: リンク ]



[画像4: リンク ]

■グッドデザイン賞とは
グッドデザイン賞とは、1957年創設のグッドデザイン商品選定制度を継承する、日本で唯一の総合的デザイン評価・推奨の仕組みです。


■審査員の評価
トラッドカラーで組み合わせたシルクの品の良さと、リボンの絞り方で様々に変化する立体的なフォルムは、時に可愛らしく、時に凛とした印象を与えるなど、汎用性の高さという言葉に甘えることなく、装いにおける新しい美しさの提案を行っている。デザインへの着想や定着はシンプルでありながら、縫製処理やパターンへの配慮が伺える技術理解や、サスティナビリティへの取り組みが急務とされるアパレル産業への問題提起も含め、ファッションアクセサリーの新領域を開拓した点も評価された。


[画像5: リンク ]


■ ブランド概要
アパレル産業の大量生産、大量廃棄、短いサイクルでの消費傾向に疑問を持ち、流行に左右されず、多様な着こなしができ、長く愛用できるコーディネートアイテムの必要性を感じました。
また、近年、化学繊維による海洋汚染の問題が取り上げられるなど、環境に配慮したモノづくりが必要であると考え、丈夫で、軽く、暖かい、自然素材の絹素材に着目し、さらに、技術力の高い日本の絹織物を採用することで、日本の繊維産業の技術力の発信につなげたいと考えました。Popupdressは単なるシルク製のドレスアップアイテムではありますが、かつての着物に象徴される技術力の高さや素材の良さ、着こなしの多様性を現代に再現しています。いいものをより長く、いつもその人らしく。Popupdressは未来への装いの提案です。



【お取り扱い店舗】三越銀座 本館1階
【オンラインショップ】リンク
【Instagram】リンク
【Facebook】リンク


■お問い合わせ先
名称:株式会社エチュードゥマン
住所:〒153-0064 東京都目黒区下目黒6-13-2
担当:室井 健
TEL&FAX:03-5452-2661
E-mail:muroi@etudemains.co.jp
WEB:リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]