logo

<セイコー プロスペックス><セイコー プレザージュ>より、セイコークロノグラフ ヒストリカルコレクションを発売

 セイコーウオッチ株式会社(代表取締役会長 兼 CEO:服部 真二、本社:東京都中央区)は、本格スポーツウオッチ<セイコー プロスペックス>と日本の美意識を体現するウオッチ<セイコー プレザージュ>から、セイコークロノグラフの歴史を代表する2つモデルのアニバーサリーを祝し、2機種の数量限定モデルを2019年12月7日(土)に全国および、海外市場において発売いたします。販売数量は各1,000本、希望小売価格は350,000円+税(SARK015)、380,000円+税(SBEC005)です。



[画像1: リンク ]



 セイコーはダイバーズウオッチやクオーツウオッチをはじめ、様々な分野で世界をリードしてきたことは広く知られていますが、実はクロノグラフのパイオニアでもあることはあまり知られていません。
 セイコークロノグラフの歴史は、1964年に開発された手巻ワンプッシュクロノグラフである「クラウン クロノグラフ」からはじまりました。ワンプッシュクロノグラフではあるものの、ストップウオッチの確実な制御を可能とする「コラムホイール」を採用するなど、現代のセイコークロノグラフにも通ずるモデルです。
 クラウン クロノグラフの次に開発に取り掛かったのが、セイコー初となる本格クロノグラフ「61スピードタイマー」でした。完全新設計のキャリバー6139は、クラウン クロノグラフに搭載されたコラムホイールに加え、ストップウオッチの動力伝達方式に「垂直クラッチ」を採用した世界初の自動巻クロノグラフであり、随所に感じさせる妥協なきモノづくりへの精神は現在にまで受け継がれています。

商品特徴
セイコー自動巻クロノグラフ 50周年記念限定モデル


[画像2: リンク ]

 本作のデザインモチーフには、キャリバー6139に30分と12時間の積算計を加えたキャリバー6138搭載モデルの中でも特に人気の高い、シルバーとブラックのコントラストが際だつ、通称「パンダ」と呼ばれるデザインを採用しました。
 ダイヤル全体はオリジナルモデルと同様に、縦方向にヘアライン仕上げが施されており、その上を鮮やかなオレンジ色の先端部分が印象的なクロノグラフ針が時を刻みます。

[画像3: リンク ]

1969年に開発されたキャリバー6139は、世界最初期の自動巻クロノグラフの1つであり、セイコーの歴史においても重要なモデルです。現在では垂直クラッチとコラムホイールが高級クロノグラフに搭載されていることは珍しくありませんが、1969年当時、耐衝撃性に優れ、正確で軽快な操作感を両立するムーブメントが開発されたことは、腕時計史において革新的な出来事でした。
その後、30分と12時間の積算計を加えたキャリバー6138も開発され、現在まで続くセイコー自動巻クロノグラフの礎となりました。

セイコークロノグラフ 55周年記念限定モデル
[画像4: リンク ]

 本作では、1964年の「クラウン クロノグラフ」のデザインを、可能な限り忠実に再現しており、ボックス型ガラス、細いベゼル上にシャープに施されたアラビア数字、手首にしっかりと固定できる内側に傾斜した形状のケースを備えています。

[画像5: リンク ]

1964年、セイコーは国産初となるクロノグラフ「クラウン クロノグラフ」を発売しました。
2時位置にあるボタン1つでスタート、ストップ、リセットを制御するシンプルなワンプッシュ機能を持つモデルでしたが、後に開発されるキャリバー6139およびその後継モデルと同様に、ストップウオッチの確実な制御を可能にするコラムホイールを備えることで、高い操作精度を有していました。

両モデルに搭載されるメカニカルクロノグラフムーブメント キャリバー8R48
[画像6: リンク ]

 シースルーバックの裏ぶたから覗くムーブメントには、2014年に開発されたセイコー最新のメカニカルクロノグラフムーブメント、キャリバー8R48を採用。ストップウオッチの作動方式には、キャリバー6139より受け継ぐ、スタート・ストップ時の針飛びを少なくするとともに、耐衝撃性にも優れる垂直クラッチ方式を搭載しています。また、確実な操作感覚と動作を可能にするために、クラウン クロノグラフにも用いられたコラムホイールを採用しています。


<セイコー プロスペックス>は、ダイビングやトレッキングなど、スポーツやアウトドアシーンに対応する本格機能を備えたスポーツウオッチブランドです。“陸・海・空”の異なる3つのフィールドに通ずるラインアップは、1965年に発売した国産初のダイバーズウオッチに端を発し、50年以上に渡って弛まぬ進化を続け、世界中のプロフェッショナルから高い評価と信頼を獲得しています。

<セイコー プレザージュ>は、100有余年に渡るセイコーの時計作りの歴史とノウハウを受け継ぐ、メイド・イン・ジャパンのウオッチブランドとして、その伝統とテクノロジーが融合した幅広い商品ラインアップを展開、日本の美学に根ざしたユニークなデザインや技術により、世界中で高い評価を獲得しています。

商品仕様
セイコークロノグラフ ヒストリカルコレクション
<セイコー プロスペックス>セイコー自動巻クロノグラフ 50周年記念限定モデル


[画像7: リンク ]


[表1: リンク ]



セイコークロノグラフ ヒストリカルコレクション
<セイコー プレザージュ>セイコークロノグラフ 55周年記念限定モデル
[画像8: リンク ]


[表2: リンク ]



【共通商品仕様】
ガラス素材:ボックス型サファイアガラス(内面無反射コーティング)
裏ぶた:シースルー・スクリューバック
防水性能:日常生活用強化防水(10気圧防水)
耐磁性能:耐磁時計(JIS耐磁時計1種)
ケースサイズ:
SBEC005[外径]41.0mm(りゅうず部含まず)[厚さ]16.0mm
SARK015[外径]42.3mm(りゅうず部含まず)[厚さ]15.3mm
アフターサービス:メーカー保証 保証期間1年間

【ムーブメント仕様】
メカニカルムーブメント キャリバー8R48
巻上方式:自動巻
時間精度:平均日差+25秒~-15秒(気温5℃~35℃において腕に着けた場合)
パワーリザーブ:約45時間
石数:34石
付加機能:日付表示機能、 ストップウオッチ機能(30分計・12時間計)

(※1)ダイヤシールド
日常使いの擦り傷や小傷から、時計本来の美しい輝きやきれいな仕上げを守るため、セイコーが独自に開発した表面加工技術です。

お客様からのお問い合わせ先
セイコーウオッチ(株)お客様相談室 0120-061-012(通話料無料)

セイコーウオッチ(株)の公式Webサイトアドレス
リンク

セイコークロノグラフ ヒストリカルコレクションの特設Webサイトアドレス
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]