logo

“なつかしさ”を感じてポジティブに『行けばアガる↑池上線』プロモーション「あなたも!行けばアガる↑キャンペーン」スタート!!

東急電鉄株式会社 2019年10月03日 15時40分
From PR TIMES

-期間:10月9日(水)~12月8日(日) ガイドブック配布やスタンプめぐりを企画実施-



[画像1: リンク ]



 当社は、2017年度より実施している「池上線活性化プロジェクト」の一環として、本年度は10月9日(水)~12月8日(日)の期間、「あなたも!行けばアガる↑キャンペーン」を実施します。このキャンペーンでは、“なつかしさ”を感じる生活名所が数多く残る、池上線沿線の魅力を再発見していただくことを目的に、『行けばアガる↑池上線』プロモーションの第1弾として、池上線散策用のガイドブック配布や、スタンプめぐりなどの各種イベントを実施していきます。

[画像2: リンク ]

 『行けばアガる↑池上線』プロモーションは、“人はなつかしさを感じることでポジティブな気持ちになれる”をテーマに、“なつかしさ”を感じる生活名所が数多く残る池上線沿線を散策してもらうことで、皆さまによりいっそう前向きな気持ちで日々の生活を送ってもらいたいという想いから企画しました。

 同プロモーションの第1弾となる、「あなたも!行けばアガる↑キャンペーン」は、池上本門寺や東急プラザ蒲田 屋上かまたえんなど、池上線沿線の街並みを“なつかしさ”で切り取った「巡ればアガる↑池上線散策ガイドブック」や、明神湯や戸越銀座商店街などのスポットを巡る「集めてアガる↑スタンプめぐり」など、池上線沿線の魅力を発見・再発見いただけるコンテンツをご用意しました。

 また、本キャンペーンの公式サイトやInstagram公式アカウントなどでも、“なつかしさ”をテーマにした池上沿線の街並みの情報発信を行うほか、池上線・旧目蒲線を1989年まで走行していた、「旧3000系『緑の電車』」のラッピング列車の運行を開始するなど、キャンペーン期間中、さまざまな催しを随時企画、実施していきます。

 当社は、今後も沿線の魅力を生かしたさまざまなプロモーションなどを実施していくことで、池上線沿線のさらなる活性化を目指します。

[画像3: リンク ]

1.『行けばアガる↑池上線』プロモーション概要
 “人はなつかしさを感じることでポジティブな気持ちになれる”をテーマに、木造駅舎・ターミナル駅・銀に赤い帯の車両など、東急線沿線の原風景が残り、鉄道が暮らしに溶け込んでいる池上線沿線を散策してもらうことで、皆様によりいっそう前向きな気持ちで日々の生活を送ってもらいたいという想いからプロジェクトを立ち上げました。
 今回のプロモーションを皮切りに、“都心にありながら、なつかしさを感じる沿線”としての池上線の魅力を伝える企画を実施していく予定です。


[画像4: リンク ]


2.第1弾「あなたも!行けばアガる↑キャンペーン」概要
【全体概要】
○期    間: 2019年10月9日(水)~12月8日(日)
○内    容:
  ・巡ればアガる↑池上線散策ガイドブック
  ・集めてアガる↑スタンプめぐり
  ・池上線キャンペーンサイト、各種SNSでの情報発信
  ・その他、関連イベントの実施
○キャンペーンサイトURL:リンク

(1)巡ればアガる↑池上線散策ガイドブック概要
 池上線沿線の街並みを“なつかしさ”で切り取った散歩ガイド&スポット紹介、および各種イベント情報などを掲載したガイドブック。おひとりで散策を楽しまれる方から、ご家族、ご夫婦で楽しまれる方まで、さまざまなシチュエーションでご利用いただける内容となっております。
[画像5: リンク ]


[画像6: リンク ]



■仕様:オールカラー28ページ・A5判
■配布場所:東急線全駅で配布(ラックまたは窓口にて係員による配布・無料)
■配布期間:2019年10月9日(水)~12月8日(日)

(2)集めてアガる↑スタンプめぐり概要
 キャンペーン期間中、池上線沿線の7つのスポットに設置されているスタンプをすべて集めると、先着 3,000名様に「オリジナルスタンプ帳カバー」をプレゼント。また、もれなくもらえる「応募はがき」で応募すると、本キャンペーン限定グッズなどが抽選で当たります。ぜひチャレンジしてみてください!

■スタンプ帳配布・スタンプ設置期間:2019年10月9日(水)~12月8日(日)
■スタンプ帳配布場所:池上線各駅で配布(ラックまたは窓口にて係員による配布)※お1人さま一冊まで
■スタンプ設置場所(設置時間)所在地/最寄り駅
 1.池上線 五反田駅<券売機付近>(5:30~24:00)品川区東五反田2-1-1/五反田駅
 2.ほっとスポット戸越銀座(10:00~20:00)品川区戸越1-15-16/戸越銀座駅
 3.洗足池ボートハウス(9:00~16:30)大田区南千束2-1-6/洗足池駅
 4.明神湯(16:00~23:00※)大田区南雪谷5-14-7/石川台駅
   ※定休日:5、 15、 25日〈日曜、祭日の場合は翌日〉
 5.昭和のくらし博物館(10:00~17:00※)大田区南久が原2-26-19/久が原駅
   ※開館日:金・土・日曜日・祝日
 6.池上本門寺大堂(5:00~17:00)大田区池上1-1-1/池上駅
 7.東急プラザ蒲田 屋上かまたえん (10:00~18:00※)大田区西蒲田7-69-1/蒲田駅
   ※12月1日(日)から10:00~17:00

(注意事項)
※スタンプ台の利用可能な時間帯や休館日などは施設によって異なりますのでご注意ください
※スタンプ台の設置施設は事前の予告もなく休業する場合もございます

■賞品引換場所・時間
 1.池上線 五反田駅 定期券うりば(10:00~20:00)
 2.池上線 蒲田駅 改札窓口(5:30~24:00)
   ※2019年12月8日(日)まで

■スタンプデザイン
 大田区在住のはんこアーティスト・ひびのさなこさんに制作いただきました。版画の作風によるなつかしくて元気になるデザインとなっております。

<スタンプデザインイメージ>
[画像7: リンク ]

[画像8: リンク ]

<はんこアーティスト・ひびのさなこさん プロフィール>
消しゴムはんこと版画の作家。自身の日々の生活を作品の題材とし制作している。
消しゴムはんこで日記のように毎日を綴った作品は、1,500点以上に。
最近は銭湯はんこやビールのラベルなど、住まいのある大田区にゆかりのある制作に活躍の場を広げている。
ワクワクすることと猫が好き。池上線沿線在住。
 Instagram:@37sanako

■賞品
 すべてのスタンプを集めた方には、 「オリジナルスタンプ帳カバー」をプレゼント(先着3,000名様)するほか、応募はがきをお送りいただくと、「もらってアガる↑賞品」が抽選で当たります。
<もらってアガる↑賞品>
1.行けばアガる↑池上線 オリジナルトートバック:100名様
2.行けばアガる↑池上線 オリジナル手ぬぐい:300名様
3.品川区内共通商品券(協賛:品川区商店街連合会):10名様
4.大田区内共通商品券(協賛:大田区商店街連合会):10名様
※お1人さま1回限りの応募となります

(3)「東急線ワンデーパス特典サービス」概要
 「東急線ワンデーパス特典サービス」のポスターを掲示している店舗などで、東急線各駅で販売されている「東急線ワンデーパス」を提示するとさまざまな特典を受けることができます。
 詳細は、池上線キャンペーンサイトをご覧ください。
(協力:品川区商店街連合会、大田区商店街連合会)

(4)旧3000系「緑の電車」ラッピング列車について
 「池上線」といえば、ツートンカラーの電車とともに、多くの人の記憶に残るのが、「緑の電車」の愛称で親しまれた旧3000系車両です。池上線・旧目蒲線で1989年(平成元年)まで走行していました。この旧3000系車両・緑の電車のラッピングを、1000系車両に模した電車が、引退から30年を迎えた本年11月下旬に運行を開始する予定です。
 導入時期など詳細は決まり次第、池上線 キャンペーンサイトでお知らせします。


[画像9: リンク ]

(参考)
■池上線について
 池上線は、全長10.9kmの路線で、地元住民から愛される商店街や豊かな自然、歴史・名所史跡などが点在し、都心にありながら、人情感や下町情緒あふれる雰囲気がある、独自の魅力を持った路線です。
 当社はこれまで、池上線が持つ魅力を生かし、地域の方に愛され、多くの方に訪れていただくことで、沿線活性化を実現すべく、戸越銀座駅のリニューアル「木になるリニューアル」や池上駅舎のリニューアルなどに取り組んできました。

【池上線活性化プロジェクトについて】
■2017年度:『10月9日池上線フリー乗車デーについて』
 2017年10月9日(月・祝)に『開通90周年記念イベント10月9日池上線フリー乗車デー』と題し、池上線を1日無料で巡っていただくイベントを実施しました。池上線沿線の各所でさまざまなイベントを実施し、多くの方に地元住民から愛される商店街や、豊かな自然、歴史・名所史跡などの、池上線沿線ならではの魅力に触れていただきました。
・改札通過人数:569千人
 ※過去3年の同日平均153千人:通常の約4倍弱
・フリー乗車券の配布枚数:190,764枚
・池上線の認知度:63.7%(イベント前54.3%)
 ※調査対象:20~49歳の引っ越し意向のある男女池上線「洗足池」を中心に半径30km圏内居住者(東京湾対岸の千葉県地域を除く)
[画像10: リンク ]


■2018年度:『池上線全線祭りについて』
 11月23日(金・祝)~24日(土)の2日間、品川区・大田区の地元商店街や店舗、住民の方々、企業と連携し、1つ1つの駅で時間を過ごしていただくことで、池上線沿線ならではの暮らしやすさや人情感、生活名所としての魅力をお伝えすることを目的に、池上線全15駅で大小さまざまな催事を開催しました。
 戸越銀座駅・池上駅の商店街では、歩行者天国にテーブルなどを設置し、地元商店街の料理を食べ歩きできる「ストリート・ビュッフェ」を開催。また洗足池駅では、洗足池駅前に地元のパン屋さんなどが集結し、ご購入者が普段は入れないボートハウス屋上の特設フードテラスを利用できる催事などを開催しました。
[画像11: リンク ]


■いい街 いい電車 プロジェクトとは・・・
「いい街 いい電車 プロジェクト」とは、選ばれる沿線日本一に向け、沿線のみなさまとの近くて良い関係「近イイ関係」を目指すプロジェクトです。駅がもっと身近になる活動を通して、愛着のある「いい街」と、いつでもどこでも安全に移動できる、安心・快適な「いい電車」の実現に向け、積極的に活動します。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]