logo

子どもたちの英語で伝えるチカラを伸ばす「スピーチコンテスト2019」全国の精鋭317名の頂点に立つ7名が全国大会で優勝!

株式会社やる気スイッチグループ 2019年10月03日 12時58分
From PR TIMES

・地区大会を勝ち進んだ67名がリサイタルの部・オリジナルスピーチの部に出場

・やる気スイッチグループの子ども向け英語・英会話スクールWinBe(ウィンビー)
・世界基準の英語力を育む英会話スクールKids Duo advanced(キッズデュオアドバンスト)



[画像1: リンク ]

総合教育サービス事業を展開する株式会社やる気スイッチグループ(東京・中央区、代表取締役社長:高橋 直司 以下、やる気スイッチグループ)が展開する子ども向け英語・英会話スクールのWinBe(ウィンビー)と、世界基準の英語力を育む英会話スクールKids Duo advanced(キッズデュオアドバンスト) は、9月15日(日)に品川シーズンテラスホール(東京・港区)で子どもたちの“英語で発表する力”を伸ばす「スピーチコンテスト2019全国大会」を開催し、全国のWinBeとKids Duo advancedの精鋭317名の頂点に立つ7名が全国大会で優勝しました。

[画像2: リンク ]



この全国大会は地区大会を勝ち進んだリサイタルの部(課題文の暗唱)45名とオリジナルスピーチの部22名の合計67名が出場。オリジナルスピーチの部は「私の夢(My Dream)」「50 年後の世界(50 years from now)」など5つのテーマの中から1つを選び、最大5分間の英語でのスピーチを競いました。オリジナルスピーチの部では「My Dream(私の夢)」というテーマに合わせて小学生を中心とした生徒「新幹線の運転手になって英語アナウンスをして世界から日本を訪れる人たちの役に立ちたい」という熱い気持ちを英語でスピーチしたWinBeくずは校(大阪・枚方市)の小学1年生が優勝しました。

2020年に導入される小学校の学習指導要領では小学3年生から英語が必修化され、2020年度の大学入学共通テストでは英語試験に「読む・聞く・書く・話す」の英語4技能が導入されます。英語で「話す」力は今後ますます重視され、中でも、さまざまな話題について論理的に発表する力が求められるようになると考えられています。学校でも社会に出てからも、多くの人を前にして英語でプレゼンテーションや発表をする機会は今後増えることが考えられます。

■優勝者
リサイタル部門(合計5レベル)
[画像3: リンク ]

ジュニアレベル :WinBe衣笠校 (くろさか みはる さん・年長生)
[画像4: リンク ]

ブロンズレベル :WinBe北浦和校 (おう しおん さん・小学2年生)
[画像5: リンク ]

シルバーレベル :WinBe白金高輪校(氏名非公表・小学3年生)
[画像6: リンク ]

ゴールドレベル :WinBe大泉学園校(氏名非公表・小学3年生)
[画像7: リンク ]

プラチナレベル :WinBe南柏校(みやもと みゆ さん・小学5年生)

オリジナルスピーチ部門(合計2レベル)
ルーキーレベル   :「My Dream」 WinbeBくずは校(氏名非公表・小学1年生)


[画像8: リンク ]

チャレンジャーレベル:「My Hero~Freddie Mercury~」 WinBe三洋堂いりなか校(氏名非公表・小学5年生)
[画像9: リンク ]


WinBeおよびKids Duo advancedでは英語学習法「フォニックス」を取り入れ、英語4技能の基礎を身につけるだけでなく、技能レベルに応じたカリキュラムを通して、英語でのコミュニケーション力やプレゼンテーション能力を高めることができます。このスピーチコンテストは、WinBeとKids Duo advancedに通う生徒が、日頃の英語のレッスンで身につけた「話す力」「正しい発音」の成果を披露する場として2012年に誕生し、のべ3000名以上が出場しました。生徒が実際にステージに立ち大勢の観客の前での英語のスピーチを披露することで、生徒自身がもっと英語のコミュニケーションスキルを磨きたいと思い、英語の学習意欲を高めることができます。

WinBeでは、英語のスピーチコンテストの他にWinBe・Kids Duo advanced・英語学童教室のKids Duoと合同のスペリング・ビー大会(5~11月)といった課外イベント、WinBeに通う生徒を対象としたサマーキャンプ、ハロウィン(10月)やクリスマス(12月)といった期間限定のイベント形式のレッスン(外部生も参加可能)を開催しています。イベント形式のレッスンの他に、といった課外イベントを開催しています。

以上

WinBe(ウィンビー)
子ども向け英語・英会話スクールのWinBe(ウィンビー)は、ネイティブ講師と日本人講師による少人数制レッスンと英語学習法フォニックスを取り入れた独自のプログラムを特長とし、幼児・小学生を対象に全国でおよそ100教室を展開しています。
英語圏で実際に使われている発音方法が身につき、英語特有の発音が理解できるようになる英語学習法のフォニックスで、正しい発音やコミュニケーション力はもちろん、4技能(聞く・話す・読む・書く)すべてをバランスよく身につけます。またハロウィンやクリスマスなどのパーティー、スペリング・ビー大会やスピーチコンテストなどのイベントを通じて、世界とつながる豊かな国際感覚や柔軟なコミュニケーション能力を身につける機会を提供しています。
また、WinBeの姉妹ブランドであるKids Duo advancedは英語上級者や帰国子女を対象に英語でのコミュニケーションを通じて思考力・判断力・表現力を身につけることを目的とした上級者向け英会話スクールで、首都圏で9校を展開しています。リンク

株式会社やる気スイッチグループ
やる気スイッチグループは、個別指導学習塾「スクールIE」や知能育成(知育)と受験対策の幼児教室「チャイルド・アイズ」、子ども向け英語・英会話スクール「WinBe(ウィンビー)」、英語学童教室「Kids Duo(キッズデュオ)」、幼児・小学生向けスポーツ教室「忍者ナイン」、 バイリンガル幼児園「キッズデュオインターナショナル(KDI: Kids Duo International)」、バイリンガル×アクティブ幼児園「アイキッズスター(i Kids Star)」の7つのスクールブランドを展開する総合教育サービス会社として、現在国内外でおよそ1,700の教室・ラボを展開し、およそ10万人の子どもたちの学びをサポートしています。やる気スイッチグループは、一人ひとりが持つ"宝石"を見つけ、その無限の可能性を引き出すことで、世界中の子どもたちの夢と人生を応援します。リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]