logo

切り絵画家・久保修作品展を京都「日東堂」で開催 季節を感じる京都の街並みを切り絵で表現

株式会社ニトムズ 2019年10月03日 10時56分
From PR TIMES

日東電工株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役 取締役社長:高崎秀雄)のグループ企業である株式会社ニトムズ(本社:東京都品川区、代表取締役:田中太)は、直営店「日東堂」(京都・八坂)にて、切り絵画家「久保修(くぼしゅう)」の作品展「久保修 切り絵で巡る ―京都散策―」を、2019年10月1日(火)から11月28日(木)まで開催しています。



[画像1: リンク ]

久保氏は、現代美術の最前線で活躍し、国内外で高い評価を得ている切り絵画家です。日本の心が息づく「和紙」にこだわり、1枚の和紙をナイフで繊細に切り抜いて絵に仕上げています。作品の題材に応じて薄い和紙を幾重にも重ねて奥行きや立体感を出し、独自の鮮やかな色彩で対象物の質感をも表現する独自の作風が特長です。本展では、「切り絵で巡る ―京都散策―」をテーマに、季節を感じる京都の街並みを描いた絵画作品7点、ステンレス板をレーザーカットして作られたアートランプ6点を展示します。また、期間中はジクレー版画、書籍、ポストカード、A4ファイル、マグネットなどの関連グッズも販売します。

展示開催の背景
日東堂を運営するニトムズは、これまでの文化・習慣にとらわれない発想で新たな価値を提供してきた開発姿勢と、作品制作における久保氏の「古くからの切り絵技法にプラスして、様々な手法を取り入れる柔軟な姿勢」に共通点を見出し、本展の開催に至りました。
日東堂は、日本独自の細やかな技術にフォーカスした、日常を丁寧に支える道具とともに、後世に繋げたい文化や工芸も紹介していきます。

展示概要
名称:久保修 切り絵で巡る ―京都散策―
会期:2019年10月1日(火)~11月28日(木) ※10月31日(木)は休店日
会場:日東堂(京都府京都市東山区八坂上町 385-4)
内容:切り絵作品・アートランプの展示、グッズ販売

久保修(くぼしゅう)
切り絵画家。1951年、山口県美祢市に生まれ、大学で建築家在学中に切り絵に出会う。
2009年、文化省 文化交流使に指名されニューヨークを拠点にアメリカ各地において文化交流活動を行い、それ以降海外へ活動の場を広げている。代表的な活動として、日米桜寄贈100周年記念事業のエンパイア・ステート・ビルディングにおける展覧会(2012年)、ロシア・モスクワ国立東洋美術館における展覧会(2014年)などがある。2016年には、フィラデルフィア日米協会より、国外では初の「最高芸術賞」を授与される。
国内においては、各地の美術館等で展覧会を開催するほか、商品パッケージデザインなど、多方面で活躍している。
URL:リンク

[画像2: リンク ]



日東堂(にっとうどう)
「ジャパンテクノロジー」「日本の藝と道具」をコンセプトに、日本の技術力にフォーカスした、日常を丁寧に支える道具の店です。「コロコロ」をはじめとするニトムズの代表4ブランドの製品をはじめ、日本独自の細やかな技術にフォーカスした日用品や生活道具を取り扱っています。
2階建ての町屋風の建築物の店内には、オリジナルブレンドのコーヒーを販売するコーヒースタンド「KYOTO COFFEE」を併設し、2階には、京都の観光名所の一つ八坂の塔(法観寺)を眺めながらゆったりとした時間を過ごしていだく空間をご用意しています。

店舗名 日東堂
住所 京都府京都市東山区八坂上町385-4
営業時間 10時~18時
電話 075-525-8115
定休日 不定休
運営 株式会社ニトムズ
URL リンク
※日東堂、コロコロは株式会社ニトムズの登録商標です。

会社概要
会社名 株式会社ニトムズ
設立 1975年4月1日
本社住所 東京都品川区東品川4丁目12番4号 品川シーサイドパークタワー7階
代表者 代表取締役 田中太
資本金 1億6,000万円(2019年4月1日現在)
社員数 340名(2019年4月1日現在)
URL リンク
事業内容 日用家庭用品、文具、医療・ヘルスケア製品などの企画・製造・加工・販売及び輸出入
小売店の運営




プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]