logo

パーソルが「はたらいて、笑おう。」を新たなグループビジョンに決定

パーソルHD 2019年10月03日 05時40分
From PR TIMES

激変する令和時代の多様な生き方、はたらき方に寄り添うグループへ

総合人材サービスのパーソルホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 CEO:水田 正道)は、パーソルグループのグループビジョンを、これまでブランドタグラインであった「はたらいて、笑おう。」に決定し、2019年10月1日より施行いたします。



■新たなグループビジョン「はたらいて、笑おう。」に込めた想い

新たなグループビジョン「はたらいて、笑おう。」には、パーソルグループが個人の一人ひとり違う多様なはたらき方や価値観に寄り添い、人々が自分のはたらき方を自分で決め、豊かな人生を送ることができる社会を目指したいという想いを込めています。

令和の時代、日本の“はたらく”を取り巻く環境は大きな転換期を迎え、旧来の産業構造の変化、テクノロジーやAIの進化、さらに少子高齢化や労働人口の減少など、さまざまな変化に直面しています。今後は、はたらく個人の平均労働寿命と企業の平均寿命が逆転し、企業が個人を選ぶのではなく、個人が各自の価値観に基づいて、はたらき方や企業を選ぶことが当たり前となり、これまでの終身雇用や年功序列を前提とした日本型雇用は終焉を迎えていくでしょう。

パーソルグループは、テンプスタッフ創業の1973年からこれまで、国内を中心に多くのはたらく個人、企業の皆さまをご支援してまいりました。この度、創業50年を迎える次の中長期経営計画の発表に先立ち、2015年に発表した当社として初のグループビジョン「人と組織の成長創造インフラへ」から、「はたらいて、笑おう。」にグループビジョンを変更することを決定いたしました。変化する時代の中、日本にとどまらずすべてのはたらく個人に徹底的に寄り添うことで、さまざまな気づきや学び、可能性を知るきっかけを提供し、持続的な社会価値を生み出し続ける存在になることをグループ一丸となって目指してまいります。個人にとってはたらくことがポジティブになれば人生そのものの充実につながっていくと信じて、多様なはたらき方を提案しその価値を伝えながら、受け皿となる事業やサービスを創造してまいります。

新たなグループビジョンの実現に向けて、これまで以上に個人の“はたらく”にフォーカスした社会価値の創出に努め、社会課題に正面から向き合い、すべての“はたらく”が笑顔につながる社会の実現を目指してまいります。

■グループビジョン/ステートメント

[画像: リンク ]

■パーソルの経営理念・グループビジョンページ
リンク

■トップメッセージ(パーソルホールディングス 代表取締役社長 CEO 水田正道)
リンク

■パーソルホールディングス株式会社について

1973年の創業以来、人材派遣、人材紹介、アウトソーシング、再就職支援など総合人材サービスを展開。2008年10月に共同持株会社テンプホールディングス株式会社を設立。2017年7月よりパーソルホールディングス株式会社へ社名を変更。東京証券取引所市場第1部上場(証券コード:2181)。2019年3月期売上高9,258億円。

■「PERSOL(パーソル)」について< リンク

パーソルグループは、「はたらいて、笑おう。」をグループビジョンに、人材派遣サービス「テンプスタッフ」、転職サービス「doda」やアルバイト求人情報サービス「an」、ITアウトソーシングや設計開発など、人と組織にかかわる多様なサービスを展開しています。

また、人材サービスとテクノロジーの融合による、次世代のイノベーション開発にも取り組んでおり、市場価値を見いだす転職サービス「ミイダス」、ITイベント情報サイトおよびイベント&コミュニティスペース「TECH PLAY」、オープンイノベーションプラットフォーム「eiicon」、クラウド型モバイルPOSシステム「POS+ (ポスタス)」などのサービスも展開しています。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]