logo

講演会「小田急ロマンスカーと展望車両のデザイン」を開催

車両設計に造詣の深い“久保 敏氏”を講師として小田急ホテルセンチュリー相模大野 「フェニックス」に、200名を無料ご招待します!

小田急電鉄株式会社(本社:東京都新宿区 社長:星野 晃司)と、公益財団法人小田急財団(理事長:山木 利満)は、2019年12月15日(日)に公益活動の一環として、久保 敏氏を講師にお迎えし、講演会「小田急ロマンスカーと展望車両のデザイン」を開催します。



[画像: リンク ]

講師の久保氏は、新幹線の開発設計や車両検修に永年にわたり携わられ、現在は「鉄道友の会」副会長として鉄道文化の普及に努められています。歴代ロマンスカーとその特徴の紹介、ロマンスカーのブルーリボン賞(鉄道友の会)受賞の歴史に加え、国内外の先駆的車両や、さまざまな展望列車・観光列車のデザインなどについて講演いただきます。
車両の歴史やデザインに興味のある方はもちろんのこと、多くの方のご参加をお待ちしています。

<久保 敏氏の講演会に関する概要>
1 開催日時
2019年12月15日(日)
13:00~15:00(12:30分開場)
2 開催場所
小田急ホテルセンチュリー相模大野8階「フェニックス」
住所:神奈川県相模原市南区相模大野3-8-1(小田急線「相模大野駅」直結)
3 参加費
無料(交通費などは、参加者各自のご負担となります)
4 募集人数
200名(応募多数の場合は抽選となります)
5 応募方法
小田急財団ホームページよりご応募ください(リンク
6 募集期間
2019年10月10日(木)~11月10日(日)
7 お問い合わせ
公益財団法人小田急財団 事務局
電話:03-3349-2473
(平日 10:00~17:00)
※お預かりする個人情報は、当講演会に関すること以外に、一切使用しません

【参考】講演者 久保 敏(くぼ・さとし)氏 紹介
一般社団法人日本鉄道電気技術協会技術顧問。
「鉄道友の会」副会長。
公益財団法人小田急財団理事。
1933年東京生まれ。
東京大学工学部卒。
1956年国鉄に入社。
電車、電気機関車、新幹線車両の設計、保守に従事。
新幹線鴨宮基地のモデル線管理区で最年少のエンジニアとして勤務し、新幹線0系電車や東北新幹線の開発設計や車両検修に永年にわたり携わる。
現在、「鉄道友の会」副会長として鉄道文化の普及に活躍。
著書に「電車のアルバム」「鉄道青春時代」シリーズ ほか。

以上

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]