logo

雇用契約を完全に電子化している企業は約2割、一部導入を含めると57.6%の企業が電子化済み!電子化した企業では54.1%が業務削減の実感あり

ペーパーロジック 2019年10月02日 17時40分
From PR TIMES

~ペーパーロジック、「雇用契約の電子化」に関するアンケート調査を実施~

 企業文書を電子化・ペーパーレス化するクラウドサービス paperlogic(R) を展開するペーパーロジック株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:横山 公一)は、東京に本社がある企業の人事部門へお勤めの方106名を対象に実施した「雇用契約の電子化」に関するアンケート調査の結果を発表しました。




「雇用契約の電子化」に関するアンケート調査

調査概要:「雇用契約の電子化」に関する意識調査
有効回答:東京に本社がある企業の人事部門へお勤めの方106名
調査期間:2019年9月20日~2019年9月22日


雇用契約を完全に電子化している企業は20.8%

 最初に「あなたの会社は雇用契約の契約書を電子化していますか?」と(n=106)と質問したところ、「全て電子化している」が20.8%、「一部電子化している」が36.8%と、半数以上の企業が雇用契約書を電子化していることがわかりました。

[画像1: リンク ]

・全て電子化している:20.8%
・一部電子化している:36.8%
・電子化していない(書面で締結し、PDF化して管理している):14.2%
・全く電子化していない(書面で締結し、紙原本のみ保管):18.9%
・把握していない:9.3%


54.1%が電子化により「業務の削減」を実感

 次にQ1で『全て電子化している』『一部電子化している』と回答した方に、「Q2.どのような効果がありましたか?」(n=61)と質問したところ、「業務が削減された」が54.1%、「雇用契約の締結までのスピードが早くなった」が24.6%と、導入のメリットを感じている方が多くいることが判明しました。

[画像2: リンク ]

・業務が削減された:54.1%
・雇用契約の締結までのスピードが早くなった」:24.6%
・書類の保管場所を取らなくなった:19.7%
・その他:1.6%

「雇用契約の電子化を検討したことがない」は半数近い45.7%

 次に、Q2で『電子化していない』『全く電子化していない』と回答した方に、「Q3.雇用契約の電子化を検討したことがありますか?」(n=35)と質問したところ、54.3%の人が「ある」、45.7%の人が「ない」と回答。検討したことがない企業が半数近いことが判明しました。

[画像3: リンク ]

・(検討したことが)ある:54.3%
・(検討したことが)ない:45.7%


導入をあきらめた理由は「導入が大変そう」が最も多い31.5%

 さらに、Q3で『検討したことがある』と回答した方に、「Q4.導入まで至らなかった理由」(n=19)を質問したところ、「導入が大変そう」が最多で31.5%、次いで「メリットがよく理解できなかった」「運用定着が大変そう」「システム費用が高い」が同率で21.1%という結果になりました。

[画像4: リンク ]

・メリットがよく理解できなかった:21.1%
・導入が大変そう:31.5%
・運用定着が大変そう:21.1%
・社内説得が大変:5.2%
・システム費用が高い:21.1%
・その他:0.0%


電子化を検討したことがない理由も「導入が大変そう」が最も多い31.2%

 加えて、Q3で『検討したことがない』と回答した方に「Q5.検討したことがない理由」(n=16)を聞いたところ、「導入が大変そう」が最多で31.2%と、検討したことがある企業が導入まで至らなかった理由と同じと判明。電子化に対する感じ方が同じということがわかりました。

[画像5: リンク ]

・雇用契約が電子化できることを知らなかった:12.5%
・導入が大変そう:31.2%
・運用定着が大変そう:6.2%
・社内説得が大変そう:18.8%
・システム費用が高そう:25.1%
・その他:6.2%


雇用契約の電子化に興味はある、68.9%

 次に、Q1で『電子化していない』『全く電子化していない』と回答した方に、「Q6.雇用契約の電子化に興味はありますか?」(n=45)と質問したところ、68.9%の人が「ある」と回答。

[画像6: リンク ]

・ある:68.9%
・ない:31.1%


業務削減を叶える電子化に期待

 最後に、Q6で『興味がある』と回答した方に、「Q7.どの点に興味がありますか?」(n=31)と質問したところ、「業務削減効果」が最多で48.4%という結果に。働き方改革が叫ばれ、生産性向上が求められる中、電子化による業務削減は魅力的のようです。

[画像7: リンク ]

・業務削減効果:48.4%
・雇用契約の締結までスピードが早くなる:25.8%
・書類の保管場所を取らなくなる:25.8%
・その他:0.0%


まとめ

 今年4月に労働基準法施行規則が改正され、「労働条件通知書」の書面交付が電子メールなどによる交付でも認められることに。これで雇用契約の完全電子化の実現が可能となりました。改正から半年が経ち、すでに2割の企業が完全電子化を実現し、業務の削減効果を実感しているようです。
 生産性向上が求められる今、まだ電子化していない企業においても電子化による業務削減への期待があることが判明。「導入が大変そう」と感じている企業へ電子化のメリットと導入手順などを分かりやすく訴求する必要がありそうです。

会社概要

社名       : ペーパーロジック株式会社
本社所在地    : 東京都品川区東五反田一丁目6番3号いちご東五反田ビル3F
代表       : 代表取締役 横山 公一
設立       : 2011年4月27日
資本金      : 9億7,727万5千円(2019年6月18日現在)
事業内容     : 経理・総務・法務の領域で、法律で原本保管を義務付ける書類を完全にペーパーレス化
          (紙原本廃棄)するクラウドソリューションを提供しています。
コーポレートサイト:リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]