logo

赤ちゃんの“頭のゆがみ”を矯正するヘルメット「アイメット」が2019年度グッドデザイン賞受賞

株式会社ジャパン・メディカル・カンパニー 2019年10月02日 14時00分
From PR TIMES

最先端3Dプリンティング技術を活用した、日本生まれの頭蓋矯正ヘルメット

株式会社ジャパン・メディカル・カンパニー(所在地:東京都中央区、代表:大野秀晃)が開発した、赤ちゃんの“頭のゆがみ”を矯正するヘルメット「Aimet」(以下「アイメット」)が、このたび「2019年度グッドデザイン賞」(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞しました。




[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]

■ 日本の気候や赤ちゃんの体格を考え抜いた、“頭のゆがみ”を矯正するヘルメット
赤ちゃんの頭の形は、出生時の産道を通る際の負荷、出生後の仰向け寝など、さまざまな原因によってゆがみが生じることがあります。こうしたゆがみは「位置的頭蓋骨変形症」などと呼ばれ、中度・重度クラスになると自然治癒が難しく、顎や骨格のゆがみなど、二次的障害につながるリスクも指摘されています。

こうした中、注目を集めているのが「ヘルメット矯正治療」です。頭蓋形状矯正ヘルメット(以下「矯正ヘルメット」)を使用したこの治療は、赤ちゃんの頭の成長に負荷をかけず、頭蓋骨の成長だけを適切に矯正することができます。これまで治療に用いる矯正ヘルメットは米国製のものが主流でしたが、当社が開発した「アイメット」は世界で唯一(※1)の「日本製」矯正ヘルメットです。素材や構造などあらゆる点において、日本の気候や日本人の赤ちゃんの体格を考え抜いたつくりになっています。

「アイメット」に同じ形はひとつとしてありません。ひとりひとり異なる赤ちゃんの頭の形を正確に計測し、最先端3Dプリンティング技術を活用した完全オーダーメイドで提供しています。設計においては細部まで脳神経外科医がたずさわっており、2019年5月には医療機器承認(※2)を取得。月齢1ヶ月など、首が座る前から適応可能なため、NICU(Neonatal Intensive Care Unit:新生児集中治療室)での使用例もみられています。
※1:2019年5月、当社調べ   
※2:医療機器承認番号:30100BZX00022000

■「パーソナライズ・軽量化・通気性」の3つの機能を満たすデザインが高評価に
「アイメット」は、今回の「2019年度グッドデザイン賞」において、日本・アジアにおける乳幼児の頭蓋変形に対処すべく、「パーソナライズ・軽量化・通気性」を意識した丁寧なデザインをしている点が高く評価されました。当社は、今回の受賞を契機にさらなる「アイメット」の認知拡大を図るとともに、日本・アジアにおける頭蓋形状矯正という概念そのものと疾病啓発の普及に取り組んでまいります。

<受賞概要>
■製品名称:頭蓋形状矯正療法ヘルメット アイメット

■製品概要:各患児の頭にあわせた完全オーダーメイドの純日本製「頭蓋形状矯正ヘルメット」

■デザインのポイント:
日本とアジアの乳幼児の骨格および、高温多湿な気候条件に最適化させた構造設計
各患児の頭蓋変形を精密にデータ化、最先端3Dプリンティング技術による完全オーダーメイド
医師による定期的な診療によって矯正力維持とトラブルの軽減を可能にするカウンセリング・システム

■グッドデザイン賞審査委員による評価コメント:
日本・アジアにおける乳幼児の頭蓋変形に対処するため、「パーソナライズ・軽量化・通気性」という3つの機能を満たすべく丁寧にデザインされている点が高く評価された。本製品を通じ、まだまだ認知が低いこの問題に対して、社会の注目があつまることが期待される。

▼「アイメット」オフィシャルサイト
リンク

<グッドデザイン賞について>
1957年創設のグッドデザイン商品選定制度を継承した、日本を代表するデザインの評価・推奨制度です。国内外の多くの企業や団体が参加する世界的なデザイン賞として、暮らしの質の向上を図るとともに、社会の課題やテーマの解決にデザインを活かすことを目的として毎年実施されています。受賞のシンボルである「Gマーク」は優れたデザインの象徴として広く親しまれています。

▼GOOD DESIGN AWARDオフィシャルサイト
リンク

■ 身体や健康にかかわるデザインとして、グッドデザイン賞の特別展示でも公開
「アイメット」は、2019年度グッドデザイン賞発表日の2019年10月2日(水)よりGOOD DESIGN Marunouchiで開催される、「楽しむ・感じる・装う スポーツと健康のデザイン」と題した特別展示にピックアップされています。期間中は、2019年度グッドデザイン賞受賞デザインの中から、「アイメット」をはじめとした、スポーツ・身体・健康などに関わるデザイン約40点が展示される予定です。また、2019年10月31日(木)から5日間にわたり、東京ミッドタウンで開催される受賞展「GOOD DESIGN EXHIBITION 2019」にも登場いたします。

<展示概要>
■2019年度グッドデザイン賞 -楽しむ・感じる・装う スポーツと健康のデザイン-
開催期間:2019年10月2日(水)~11月2日(土) ※10月6日(日)のみ休館
会場:GOOD DESIGN Marunouchi(東京都千代田区)
リンク

■GOOD DESIGN EXHIBITION 2019 – 2019年度グッドデザイン賞受賞展 –
開催期間:2019年10月31日(木)~11月4日(月・祝)
会場:東京ミッドタウン(東京都港区)
リンク

<ジャパン・メディカル・カンパニーについて>
ジャパン・メディカル・カンパニーは、最先端の3Dプリンティング技術を用いて、医療領域において製品開発を行うものづくりベンチャーです。テクノロジーによって「世界にまだない医療のカタチ」をつくることを目指しています。
[画像4: リンク ]

■社名:株式会社ジャパン・メディカル・カンパニー
■設立:2018年5月
■代表:大野秀晃
■事業内容:医療機器の開発・製造・販売、医療雑品の開発・製造・販売
■URL:リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]