logo

家庭用プログラミング学習教材 「Sphero Mini Activity Kit」を発売

SB C&S株式会社 2019年10月02日 11時00分
From PR TIMES



SB C&S株式会社は、Sphero(スフィロ、本社:アメリカ)の家庭で基礎的なプログラミング学習ができる教材「Sphero Mini Activity Kit(スフィロミニ アクティビティキット)」をSoftBank SELECTION オンラインショップ(リンク)や全国の家電量販店(一部店舗を除く)で、2019年10月18日に発売します。発売に先立ち、SoftBank SELECTION オンラインショップでは、本日より予約の受け付けを開始します。


[画像1: リンク ]



「Sphero Mini Activity Kit」は、手のひらサイズのボール型でジャイロスコープ、加速度計、LEDライトなどの機能を搭載したプログラミングロボット「Sphero mini」にアクティビティカードと迷路やコースを作ることができる部品が付属した、家庭で基礎的なプログラミング学習ができる教材です。アクティビティカードに沿って進めていくと、楽しみながら段階的に学習することができ、Sphero Playアプリを使って出来る様々なミニゲームや、複数のドライブモードやLEDライトの色を変更する機能などを使いこなせるようになります。Sphero Playアプリでの操作を習得したのち、さらに拡張性に優れたプログラミングシステムSphero Eduアプリへ学習を進めることができ、Sphero miniをプログラミングできるようになります。初めは指で描いた線の通りにボールをコントロールするところから始め、基本的なスクラッチブロックに移行し、やがてJavaScriptテキストでプログラムを書けるようになります。

【Sphero Mini Activity Kit】
リンク

1.製品画像
[画像2: リンク ]

2.同梱物
・Sphero mini クリアシェルロボティックボール
・アクティビティカード 15枚
・ミニボーリングピン 6個
・コーン 3個
・コンストラクションセット
・ロボティックボールカバー
・micro USBケーブル

3.販売価格
9,768円(税込)

4.発売日
2019年10月18日

5.製品に関するお問い合わせ
SB C&S株式会社 グローバル製品窓口
リンク


Spheroについて
Sphreoは2010年から創造的な学びや遊びを通じで未来のクリエーターを創出することをミッショとしてきました。コロラド州ボルダーの小さな会社から始まったSpheroは教育ロボットとしてナンバーワンとなり、世界で4万以上の教育機関で利用されています。2019年8月、SpheroはLittleBitsを買収し、EdTech市場におけるリーダーとなり、世界規模で遊びをベースにした学習を加速します。


●SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
●その他、このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]