logo

パイオニア グローバルシリーズのパワードサブウーファーを発売

~大口径30cmユニットを2基搭載し、大迫力の重低音再生を実現~



[表: リンク ]


[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]

 パイオニアは、大口径30cmユニット2基を搭載し、最大出力1200W/出力音圧レベル118dBのハイパワーアンプにより、厚みのあるパワフルな重低音再生が可能なパワードサブウーファー「TS-WX1220AH」を発売します。シンプルかつ重厚感のあるデザインで、圧倒的な存在感に見合う大迫力の重低音再生を楽しめます。

カロッツェリア商品ページ:リンク

【主な特長】
1)大口径ユニットを2基搭載し、厚みのあるパワフルな重低音再生を実現
・30cmウーファーユニットを2基搭載したダブルドライバーサブウーファー方式で、最大出力1200W/出力音圧レベル118dBの高効率Class-Dハイパワーアンプを搭載。

・補強材の配置を最適化し、ボックスの共振を使用帯域外に設定することで、ユニット本来の低音再生能力を発揮する堅牢な新開発エンクロージャーを採用。

・床面からの反射を利用して出力音圧レベルを最大化させる「バスレフスロットポート設計」。ヒップホップ、ロック、ポップス、カントリーなど幅広い音楽ジャンルで伸びのある豊かな低音再生が可能。

2)圧倒的な存在感を演出するデザイン
・前面のメッシュ部にロゴ印刷を施し、シンプルかつ重厚感のあるデザインを採用。

3)多彩な調整機能
・GAIN、ローパスフィルター、BASS BOOST LEVEL、BASS BOOST FREQ、インプットレベル、PHASEなど、多彩な調整機能を搭載。

・運転席に座ったまま音量調整が可能な音量調整用リモコンを付属。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]