logo

ツール使用回数拡大キャンペーンで経営者にアプローチしやすくなる!?

株式会社オンリーストーリー 2019年10月01日 16時12分
From PR TIMES

経営者へのダイレクトメッセージで商談までスムーズに

株式会社オンリーストーリー(代表取締役:平野哲也、本社:東京都渋谷区)は、2019年10月1日から年度末限定で『チラCEO』スタンダードプランの特典である「メッセージ」送信回数を倍増して提供するキャンペーンを開始いたします。




[画像: リンク ]




成約に必要な商談相手の3つの要素


労働人口の減少や働き改革の推進、いくつもの社会的な要因から企業には早急な業務効率化が求められるようになりました。中でも多くの企業の課題である営業に関しては「成約の可能性が高いターゲットにアプローチをする営業」を行う必要性が叫ばれています。

成約の可能性はどこで決まるのか。それは商談相手が企業が顧客に求める「ターゲット性」、顧客が企業のサービスに求める「ニーズ性」、成約の決断を下す「決裁者性」この3つを持ち合わせた相手だと考えています。
しかしそのような条件が分かったとしても実際に見つけるのは難しい。その課題を解決するために株式会社オンリーストーリーでは【1800人以上の経営者へ直接アプローチができる「メッセージ」機能】を提供しています。



相手が決裁者、だから商談までスムーズ


⑴キャンペーン内容
株式会社オンリーストーリーが提供している別商材【決裁者アポ獲得代行サービス『チラCEO』】のスタンダードプランの特典である「メッセージ」の送信回数を今年度末限定で5件から10件へと増やすキャンペーンを開始いたしました。


⑵なぜ経営者へアプローチができるのか
株式会社オンリーストーリーが運営している経営者プラットフォーム「ONLY STORY」にはすでに1800名の経営者が登録されています。そのため「メルアポ」「担当者との打ち合わせ」など成約に至るまでに必要だった業務を行わずして、経営者にコンタクトボタンからメッセージを送ることができ、打ち合わせまでスムーズに営業活動が進みます。

⑶アプローチについて
「メッセージ」機能では2種類のアプローチが可能です。

1.登録されている経営者の「買いたいニーズ」を参照した、「ニーズ性」と「決裁者性」のあるアプローチ
2.登録されている企業の「業種」や「規模」を参照した、「ターゲット性」と「決裁者性」のあるアプローチ
いずれも成約率が高まる商談相手の要素を2つ満たしたアプローチになります。



今後の展開

これまで1800社の経営者様にお会いしてきましたが、どの経営者様も「営業」「販売」について課題を感じていらっしゃいました。そのような経営者様が1人でも少なくなるようなサービスをこれからも提供していきたいと考えています。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]