logo

通算40回目を迎えるU-22プログラミング・コンテスト2019事前審査結果を発表、40作品が一次審査へ!!

一般社団法人コンピュータソフトウェア協会 2019年10月01日 10時00分
From PR TIMES

10月20日(日)最終審査(於:秋葉原コンベンションホール)で経済産業大臣賞等の各賞決定

「U-22プログラミング・コンテスト」を主催するU-22プログラミング・コンテスト実行委員会は、U-22プログラミング・コンテスト2019において事前審査を通過した40作品を発表しました。



[画像: リンク ]


通算40回目の開催となるU-22プログラミング・コンテスト2019は、今年から他のコンテストとの併願を原則不可としたものの、406作品(参加者総数1,145名)のエントリーとなりました。また、今年度U-22と連携している全国小中学生プログラミング大会(JJPC)では全351作品の応募があり、両コンテストで合計757作品の応募となりました。

今回選ばれた40作品の中から、一次審査で16作品まで絞り込まれた後、10月20日に開催される最終審査会において、経済産業大臣賞(副賞:40万円)をはじめとする各賞が決定します。受賞者には実行委員会や協賛企業より提供される副賞のほか、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が行う未踏IT人材発掘・育成事業への推薦、スタートアップ支援など、さらなる成長を目指すための様々な特典も用意されています。

また、同日はProgrammer’s Dayと題し、CSAJプログラミング教育委員会との合同企画として、プログラミング経験のない小学生向けのワークショップやプログラミング教育を題材とした大人向けのパネルディスカッションなどのイベントも開催予定です。


▼事前審査通過40作品(受付No/制作者またはチーム名/作品名/所属校)
002/O.M.T.Production/STEAM GEAR/日本工学院八王子専門学校
003/ProjectStar7/BattlePlanet Tentoh/日本工学院八王子専門学校
022/A.L.F.A.Company/コロボシ/日本工学院八王子専門学校
036/SSH48/エアー来んやん!/麻生情報ビジネス専門学校
044/レイニーニ/雨中の兄妹/日本工学院八王子専門学校
054/キャッサバ/くくらび/トライデントコンピュータ専門学校
065/チームうさぎ/モジ・パズル/広島商船高等専門学校
081/Rapture/HolodealCity/日本工学院八王子専門学校
082/team01/Satellite Traveler/日本工学院八王子専門学校
085/河内 誠悟/糸かけ曼荼羅色シミュレーター/N高等学校
093/vampire/Vampire/河原電子ビジネス専門学校
095/段坂 弘也/bone/日本工学院専門学校
107/岩渕 柊大/Cutting Game/新潟コンピュータ専門学校
110/大門 巧/ブラウザ上で動作するDNCL処理系「Tetra」/東海大学
111/惑い子/IsometricEditor/ECCコンピュータ専門学校
114/山内 素明/Versatile Gear/東京工業大学
123/ゲーム制作研究会/Magica/専門学校サンテクノカレッジ
138/電子遊戯部/Security Arise of Knowledge (SAoK)/新潟コンピュータ専門学校
139/Toast&Fried egg/Cell Sheet/電気通信大学
180/HouseBeta/オートマン/HAL名古屋
227/迷える子羊たち/爆音安心/東北大学
260/瀬戸 徳/地下楼 The First Contact Demo/明治大学
269/布川 陸/とれつめ/東北大学
280/池谷 駿弥/Treadraw/関西学院大学
298/眞部 智也/LOCUS/ECCコンピュータ専門学校
313/冨田 晴生/Capture the Elements/Hope International Academy
315/西野 謙騎/LocalTrain2019/西東京市立東伏見小学校
330/なまこラーメン/ボコセル/HAL大阪
342/曽山 剛尋/OUTSIDER/早稲田中学高等学校
347/Electronics Computer +Www/Subscription-Management/東京工業大学附属科学技術高等学校
353/チームUgo/Ugo/筑波大学
393/吉見 成矢/Atlantis/HAL名古屋
406/DHCreaters/Progrobot/デジタルハリウッド大学
420/酒井 駿/FindYourBusDX/Greenwich High School
424/上原 直人/Blawn/開成中学校
439/CB-Detectors/LPS ~Lost Property Searcher~/中京大学
454/ANUM/ラバーワーカー/HAL名古屋
485/鵜狩 慧久/mindPump/九州工業大学
491/大渕 雄生/Topica/筑波大学
510/Malick Yoshioka/Emelio/博多青松高等学校

※一次審査の結果発表は2019年10月中旬を予定しています。

■最終審査およびProgrammer’s Day開催のお知らせ
U-22プログラミング・コンテスト2019最終決戦は、10月20日(日)秋葉原コンベンションホールで開催、制作者自らがプレゼンテーションを行い、自身の作品についてアピールします。
また、同日はCSAJプログラミング教育委員会との合同企画「Programmer’s Day」を併催し、まだプログラミングを学んだことのない小学生を対象としたワークショップや、プログラミング教育に興味・関心を持つ保護者・先生を対象としたパネルディスカッションなどが行われます。さらに、昨年同様U-22と連携するJJPCの最終選考作品の展示も予定していますので、是非会場にご来場の上、「Programmer’s Day」へご参加ください。

■U-22プログラミング・コンテスト2019の全貌はニコニコ生放送でも配信
U-22プログラミング・コンテスト2019最終審査会は、ニコニコ生放送で配信します。遠方でなかなか来られない方、来場する時間がない方など、ニコ生からも若きプログラマーの雄姿をご観覧いただけます。視聴者が選ぶ「Best Viewers賞」も。是非最後までご注目ください。

ニコニコ生放送配信URL → リンク
詳細はU-22プログラミング・コンテスト公式サイト参照 リンク

【各賞】経済産業大臣賞/経済産業省商務情報政策局長賞/スポンサー企業賞/Best Viewers賞

▼最終審査会スケジュール(予定)
2019年10月20日(於:秋葉原コンベンションホール)
リンク
11:50~16:40 制作者による作品プレゼンテーション
16:50~18:10 特別講演
18:20~19:00 U-22プログラミング・コンテスト2019結果発表・表彰式

※同日・同会場で11:00~17:00にてProgrammer’s Dayを開催しています。

【参考リンク】
◆CSAJ×U-22×JJPC合同企画 Programmer’s Day ~参加費無料のプログラミング1日体験イベント~
リンク

◆全国小中学生プログラミング大会(JJPC)
リンク


▼U-22プログラミング・コンテスト概要
国内の優れたIT人材の発掘・育成を目的として、1980年から経済産業省主催で開催。2014年の民間移行後からは、日本からイノベーションを創出し、世界で活躍していくような若者を応援したいという思いに賛同いただいたIT・ソフトウェアを中心とした協賛企業に支えられ、開催を継続しています。

▼U-22プログラミング・コンテスト2019実行委員・審査委員
リンク

▼協賛企業一覧
[表: リンク ]



▼本件に関する問い合わせ
一般社団法人コンピュータソフトウェア協会
U-22プログラミング・コンテスト運営事務局
事務局 若生
TEL:03-6435-5991 E-mail:u22-info@csaj.jp

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]