logo

「リブネス空き家管理サービス」開始

全国一律料金で空き家の防犯・管理・不動産活用をサポートするサービス

 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:芳井敬一)と大和ライフネクスト株式会社(本社:東京都港区、社長:石崎順子、以下「大和ライフネクスト」)、日本住宅流通株式会社(本社:大阪市、社長:藤田実、以下「日本住宅流通」)は、空き家の活用方法に悩むオーナーさま(※1)向けに空き家の防犯・管理・不動産活用を全国一律料金でサポートするサービス「リブネス空き家管理サービス」を2019年10月1日より開始します。
※1.当社施工物件のオーナーさまだけでなく、他社施工物件のオーナーさまも利用可能です。



●「リブネス空き家管理サービス」の流れについて
[画像1: リンク ]


 このたび開始する「リブネス空き家管理サービス」は、大和ハウス工業が住まいの総合窓口となり、大和ライフネクストが綜合警備保障株式会社(以下、「ALSOK」)と提携し、ALSOKのホームセキュリティシステムによる緊急時の駆けつけサービスはもちろん、月1回の巡回時に換気やポストの整理、簡単な清掃等を行うサービスに加え、オーナーさまへ巡回報告を行う際に日本住宅流通が不動産の市況レポートや関連情報を報告書とあわせて提供するサービスです。
 料金は、戸建住宅10,000円/月(税抜・巡回60分間)、分譲マンション9,000円/月(税抜き・巡回40分間)で、住宅の規模は問わず全国一律料金で行います。
 大和ハウスグループは、本サービスをご利用いただいたオーナーさまに巡回報告を基に賃貸やリフォーム、売却など不動産活用の提案を促進し、社会問題である放置空き家の減少に寄与していきます。

●背景
 総務省の「平成30年住宅・土地統計調査」によると、全国の空き家件数は2013年の820万戸から、2018年には846万戸まで増加し、今後も空き家が増えると予想されています。特に、高度経済成長期前後に開発された大規模団地では、居住用として利用されていない放置空き家も多く、適正な管理ができていない物件もあります。
 そのような中、日本住宅流通と大和ライフネクストは、2015年5月18日より空き家の活用方法に悩むオーナーさま向けに代理で定期巡回を行う「空家巡回サービス」を近畿圏で開始しました。そしてこのたび、全国での展開に伴いサービスを拡充することとなりました。

●空き家数及び空き家率の推移
[画像2: リンク ]


●「リブネス空き家管理サービス」の概要について
[画像3: リンク ]

※2.離島、山間部、ALSOKのホームセキュリティシステムが作動しない3G回線の不安定な場所等。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]