logo

2台のHDMI機器の映像を2台のモニターに切り替えて出力できる4K対応HDMIマトリックス切替器を発売。

サンワサプライ株式会社(本社:岡山市北区田町1-10-1、代表取締役社長 山田和範)は、2台のHDMI機器の映像を2台のモニターに切り替えて出力できる4K対応HDMIマトリックス切替器「SW-UHD22」を発売しました。



[画像1: リンク ]

■HDMI切替器(2入力2出力・マトリックス切替機能付き)
品番:SW-UHD22
標準価格:¥23,544(税抜き ¥21,800)
商品ページ:リンク

[画像2: リンク ]

「SW-UHD22」は、2入力・2出力のHDMIマトリックス機能付きHDMI切替器です。
Blu-rayレコーダーなどのHDMI機器1台から、テレビやプロジェクターなど2台のモニターへ映像を同時に出力することができます。さらに、Blu-rayレコーダーやノートパソコンなど異なる2台のHDMI機器から、2台のモニターにそれぞれの映像を出力することもできます。
[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]


 
HDMI機器は最大2台まで接続でき、出力する機器を選択して切り替えることが可能です。ご家庭でのホームシアターから展示会場、会議システムなど様々な状況に応じて活用できます。
[画像5: リンク ]

出力映像は最大4K/60Hzの高解像度に対応しており、高画質な映像を大画面の液晶テレビやディスプレイへ鮮明に映し出します。地デジ番組やブルーレイディスクなどの著作権保護コンテンツも視聴できるHDCPに対応しています。

[画像6: リンク ]

音声形式DTS Digital、Dolby Digital(DTS-HD、Dolby True HD)に対応しており、高音質で迫力のあるサウンドを再生することができます。光デジタルや、アナログ2chでの音声出力も可能で、AVアンプなどへ出力が可能です。

[画像7: リンク ]

[画像8: リンク ]


 
本体前面にあるボタンから映像を簡単に切り替えることができ、また付属のリモコンを使って遠隔での切り替えも可能です。全てのHDMIポートには、サビによる画質や音質の劣化、接触不良を防ぐ金メッキ加工を施しているので安定した高画質映像の視聴が可能です。
[画像9: リンク ]

前面パネルにLEDを表示しており、現在の出力先・選択中ポートが一目でわかります。明るさを抑えたLEDを使用しているため、観賞中にLEDの光に邪魔をされることがありません。


数十人規模の会議やプレゼン、講義などで資料を2台の大型ディスプレイへ同時に表示させたい場合や、ご家庭にあるHDMI機器を簡単に切り替えて表示したい場合など、様々な用途でお使いいただけます。


製品画像データにつきましては、サンワサプライWEBサイトにあります「画像データベースシステム」(下記URL)よりダウンロードお願いいたします。
リンク
----------------------------------------------------------------------
★サンワサプライHP
リンク
★youtubeチャンネル
リンク
★facebookファンページ
リンク
★twitter @sanwainfo
リンク
★サンワサプライ公式アプリ「サンワガチャ」
リンク
-----------------------------------------------------------------------
※このリリースに記載の内容は、発表当時の情報です。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]