logo

LINE 採用コネクト、WEB での事前登録受付を本日より開始。 人事・採用担当への調査では、過半数が「LINE」のコミュニケーションに期待

LINE株式会社 2019年09月17日 15時00分 [ LINE株式会社のプレスリリース一覧 ]
From PR TIMES

現状、就活で活用される連絡ツールは「メール」「電話」が約7割 「開封・着信率が悪い」「返信・返電が遅い・ない」と悩みを抱える担当者の悩みを解決 サービス開始は、11 月 18 日(月)を予定

LINE 株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛、以下 LINE)は、当社が運営するコミュニケーションア プリ「LINE」を活用し、学生と企業のコミュニケーション促進を図ることで新卒採用活動を円滑にする、クラウド型新卒 採用支援ツール「LINE 採用コネクト」の WEB での事前登録受付を本日より開始いたしましたので、お知らせいたしま す。加えて、新卒採用における学生とのコミュニケーションの課題発見のため、全国の人事・採用担当者 163 名を対象に 実施した「新卒採用における学生とのコミュニケーションに関する調査*1」に関する調査結果をお知らせいたします。 *1:調査期間:2019年8月16日~2019年9月2日



[画像1: リンク ]

「LINE採用コネクト」は、早期化・長期化が想定される新卒採用において、企業とユーザー(学生)が、LINE上の“企業アカウント”を通じて繋がることで、より柔軟なコミュニケーションをとることができる新卒採用支援ツールです。採用担当者は、専用の管理システムを活用し、企業・採用情報などを、学生個々に合わせて発信することができます。

また、アカウント登録をしたユーザーに向けて、会社説明会の日程調整や問い合わせへの応答などの配信作業も自動化できるなど、採用担当者の業務サポートにもつながります。

「LINE採用コネクト」はメールベースでの採用から、日常的に利用頻度の高いLINEベースの採用へとシフトしていくことで、エントリーの促進や選考過程の離脱防止、採用業務の効率化を目指し、2019年11月18日よりサービスの開始を予定しています。

全国の人事・採用担当者163名を対象に実施した調査では、「コミュニケーションに関する課題」に関して、該当する項目を複数回答で選択してもらった結果、最も多かった回答は「返信・返電が遅い・ない」で、33%が課題と感じており、次点は「人的工数負荷が高い」が20%となりました。また、「これから期待するコミュニケーションツール」として、該当項目に単一回答で選択してもらった結果、「LINE」が51%で他のコミュニケーションツールと大きく差をつけて最多の回答となっており、これまで、新卒採用における一般的なコミュニケーションツールであった、「電話」「メール」に変わり、「LINE」での採用活動が期待されています。

そして、サービス提供に先駆けて、2019年9月17日(火)~2019年11月17日(日)までの期間中、「LINE採用コネクト」のWEBでの事前登録キャンペーンを実施いたします。

通常料金よりもお得な価格となっており、本キャンペーン中にお申し込みをされた方は、その後もキャンペーン価格でご利用いただけます。導入をご検討されている方は、このお得な機会にぜひお申し込みください。

【WEB事前登録キャンペーン概要】
■期間    :2019年9月17日(火)13:00~2019年11月17日(日)23:59
■事前申し込み特典  :通常の月額料金40,000円を、30,000円でご提供。
■キャンペーンURL :リンク
■申し込み方法 :申し込みフォームはこちら
            リンク
■ご留意事項
・サービスの開始は11月18日(月)予定です。
・金額は税抜きです。
・割引はご利用が続く限り適用されます。契約期間に縛りはございません。
・別途LINE公式アカウント等の契約は不要です。その他、追加費用などは一切ございません。

更に、新卒採用における学生とのコミュニケーションの課題発見のため、全国の人事採用担当者163名にWEBアンケートを実施しましたので結果をご報告します。

「新卒採用における学生とのコミュニケーションに関する調査」について

■現状、最も利用されているコミュニケーション「メール」が約6割
学生とのコミュニケーションツールとして頻繁に利用されている手段は「メール」(63%)
続いて、「ナビサイトの連絡ツール」(16%)、「電話」(13%)となった。
[画像2: リンク ]

■学生とのコミュニケーションにおいての課題「返信・返電が遅い、ない」が3割以上
学生とのコミュニケーションにおいて、感じる課題で最も多かったのは、「返信・返電が遅い、ない」(33%)
更に、「人的工数負荷が高い」(20%)という回答が続いた。
[画像3: リンク ]

■過半数が「LINE」に期待と回答
新卒採用において今後、期待するコミュニケーションツールとして、最も多かった答えが「LINE」(51%)
他のコミュニケーションツールと大きく差をつけて最多の回答となった。
[画像4: リンク ]

<調査概要>
【調査名称】 「新卒採用における学生とのコミュニケーションに関する調査」
【調査期間】  2019年8月16日(金)~2019年9月2日(月)
【調査方法】  ProFuture株式会社が運営するメディアHRプロのWEBアンケート方式で実施
【調査対象】  HRプロ登録モニター(人事・採用担当者)を対象に実施
【有効回答数】 163名

【LINE採用コネクト】
LINE公式アカウントとLINEが独自開発した管理画面を使って、学生との個別のコミュニケーション、学生のステータスに合わせたデータベース管理ができるサービスです。
これまでの新卒採用で、学生とのコミュニケーションに使われていたメールや電話、学生管理のための表計算ソフトなどをLINE採用コネクトに置き換えることで、採用に関わる工数削減が実現できます。
またQRコードを利用した母集団形成の機会損失を削減、LINEならではの親密性の高いコミュニケーションにより、学生にとって企業がより身近な存在になり、企業への興味関心を高めることができます。
リンク
[画像5: リンク ]


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]