logo

A10のサブスクリプションライセンスが NEC Cloud IaaSの柔軟なゲートウェイサービスを実現

~ 帯域幅と機能を利用用途に応じて選択できる新しいサービスモデルを確立 ~

A10ネットワークス株式会社は、日本電気株式会社が、A10のサブスクリプションライセンス「A10 FlexPool®」と仮想アプライアンス「A10 vThunder CFW」を導入し、NEC Cloud IaaSにおいて帯域幅と機能を柔軟に選択できるゲートウェイサービスを構築したことを発表します。

インテリジェントで自動化されたセキュリティソリューションを提供するA10ネットワークス株式会社リンク(本社:東京都港区、日本法人代表 兼 社長 米国本社ヴァイスプレジデント兼務:川口 亨、以下A10)は、日本電気株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 執行役員社長 兼CEO:新野 隆、以下NEC)が、A10のサブスクリプションライセンス「A10 FlexPool®」と仮想アプライアンス「A10 vThunder CFW」を導入し、NEC Cloud IaaSにおいて帯域幅と機能を柔軟に選択できるゲートウェイサービスを構築したことを発表します。

■導入背景
NECは、新たな価値の創造を促進する、豊富なラインナップを誇るクラウドサービス群「NEC Cloud Solutions」を提供しています。同社は、様々な規模・業種・用途に対応するクラウドを提供すべく、本サービス群を拡張し続けています。

その中の「NEC Cloud IaaS」では、ロードバランサーやファイアウォールなどのゲートウェイサービスを提供しています。しかし、企業や組織のデジタルトランスフォーメーションが加速している中では、変革に必要となるゲートウェイ機能を、仮想環境において柔軟に提供することが求められています。NECはこれまで、物理アプライアンスを調達の上、専有モデルにて豊富な機能を提供していましたが、想定の需要を超える利用用途に応えるには、初期投資コストがかかり、実装までに多くの時間を要するという課題を抱えていました。

同社は、これらの課題を解決すべく、新たなゲートウェイサービスの基盤として、A10のサブスクリプションライセンス「A10 FlexPool」とハイパフォーマンスセキュリティプラットフォームの仮想アプライアンス版「A10 vThunder CFW」を導入しました。

■導入効果
A10 FlexPoolは、クラウド事業者のサービス提供の需要に応える、柔軟性と管理性を兼ね備えたサブスクリプションライセンスです。プールされた帯域幅から複数のインスタンスに対し、1Mbps単位で必要な帯域幅を追加/再配分できます。NECは、A10 FlexPoolにより、需要にあわせて帯域幅毎にゲートウェイサービスが利用できるサブスクリプション型の契約形態を開始しました。

ゲートウェイサービスの基盤には、A10 vThunder CFWがOpen Stack 上に導入され、約2,500テナントが利用するNEC Cloud IaaSの一部で既に運用されています。

さらにNEC Cloud IaaSは、従来のロードバランシングやファイアウォールに加えて、WAF、クラウドプロキシなどのA10 vThunder CFWの豊富な機能を、仮想環境におけるゲートウェイサービスとして提供できるようになりました。同社は、これらの豊富な機能を必要に応じて自由に活用いただけるよう、実装権を顧客側に持たしており、帯域幅だけではなく、機能も柔軟に選択できる新しい形のゲートウェイサービスの提供形態を実現しています。

■コメント
「クラウドの需要は年々拡大し、IoTやAIの活用がクラウドの活用を、更に促進しております。サービスの需要にあわせて、柔軟性と管理性を兼ね備えた、A10 FlexPoolとA10 vThunder CFWを採用する事によって、IaaS基盤の競争力を高められたことを嬉しく思います。」

日本電気株式会社 サービスプラットフォーム事業部 事業部長 上坂 利文 様

■導入事例の詳細
リンク
※「NEC Cloud IaaS」に関する詳細は、リンクをご覧ください。

● A10 vThunder CFWについて
A10 vThunder CFW は、大企業やモバイル通信事業者、データセンターで必要とされる様々なセキュリティとアプリケーションネットワーキングの機能を単一アプライアンスに集約したセキュリティプラットフォームA10 Thunder CFWの仮想アプライアンスです。物理アプライアンスと同様の機能を、多様な仮想環境上で提供し、帯域幅を共有して利用できるサブスクリプション型のソフトウェアライセンスモデル「A10 FlexPool」にも対応しています。

● A10 Networks / A10ネットワークス株式会社について
A10 Networks(NYSE: ATEN)は常に信頼できるセキュリティ企業として、高性能なアプリケーションネットワーキングソリューション群を提供しています。お客様のデータセンターにおいて、アプリケーションとネットワークを高速化し可用性と安全性を確保しています。A10 Networksは2004年に設立されました。米国カリフォルニア州サンノゼに本拠地を置き、世界各国の拠点からお客様をサポートしています。

A10ネットワークス株式会社はA10 Networksの日本子会社であり、お客様の意見や要望を積極的に取り入れ、革新的なアプリケーションネットワーキングソリューションをご提供することを使命としています。
詳しくはホームページをご覧ください。

URL:リンク
Facebook:リンク

A10 ロゴ、A10 Networks、FlexPool およびThunderは米国およびその他各国におけるA10 Networks, Inc. の商標または登録商標です。その他上記の全ての商品およびサービスの名称はそれら各社の商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]