logo

拡張性に優れたデジタルシネマカメラ“EOS C500 Mark II”を発売

5.9Kフルサイズセンサーと新開発の映像処理プラットフォームを搭載

キヤノンは、映像制作機器CINEMA EOS SYSTEMの新製品として、デジタルシネマカメラ“EOS C500 Mark II”を2019年12月下旬より発売します。



[画像: リンク ]



新製品は、5.9Kフルサイズセンサーと新開発の映像処理プラットフォームを搭載したデジタルシネマカメラです。ユーザーが撮影現場に応じて自由にカスタマイズできるモジュールデザインを採用しているため、拡張性に優れており、高品位な映像が求められる映画やドラマから、機動力が重視されるニュースやドキュメンタリーまで、幅広い映像コンテンツの制作に対応します。

■ 小型・軽量ながら5.9Kフルサイズセンサーによる高画質を実現
新製品は小型・軽量ながら、5.9Kフルサイズセンサーを搭載しており、最大で15+ストップの(※1)広いダイナミックレンジの実現により、明暗差の大きい環境でも、高画質な映像を撮影することが可能です。また、高速処理が可能な新開発の映像処理プラットフォーム「DIGIC DV 7」の搭載により、5.9K RAW/60Pおよび4K/60P記録を実現しているほか、2K/120P記録が可能です。

■ CFexpress Type Bカードへの対応などにより快適なワークフローを実現
映像の情報量を維持しながらデータサイズを軽くすることができるビデオフォーマット「Cinema RAW Light」を採用しており、外部レコーダーを使用せずにRAWデータを本体内部に記録することが可能です。また、動画データを圧縮し効率的に記録する「XF-AVC」に対応しています。記録メディアは、キヤノンのビデオカメラとして初めてCFexpress Type Bカードと、UHS-II 規格のSDカードを使用できます(※2)。HDR方式は、放送やライブ配信に適した「HLG(Hybrid Log-Gamma)」と映画制作やネット配信に適した「PQ(Perceptual Quantization)」に対応しています。

■ さまざまな撮影スタイルに対応できる優れた拡張性を提供
別売りのマウントキットを使用することで、撮影環境に合わせてユーザー自身でEFマウントから、EFシネマロックマウントまたはPLマウントに交換することが可能です。また、別売りの拡張ユニットを装着することで、複数台のカメラによる撮影や遠隔操作が必要なドローン撮影など、さまざまな撮影スタイルに対応できます。


[表: リンク ]



※1 ストップとは、ダイナミックレンジを表す単位。1ストップ上がると、撮影が可能な明るさの範囲が倍になります。最大ストップ数は記録モードにより異なります。
※2 「Cinema RAW Light」は、CFexpress Type Bカードにのみ記録可能。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]