logo

注目俳優、井之脇海が『VOGUE GIRL』人気連載「BOY FRIEND」に登場。プライベートや仕事について、副編集長と本音のボーイズトーク。

リンク



[画像: リンク ]

インターナショナルなモードやトレンドに敏感な女性たちに、スタイルを持った生き方を提唱する新世代WEBマガジン『VOGUE GIRL』(リンク)では、フレッシュな才能とルックスで注目を集める旬な男性の素顔にせまる企画、「BOY FRIEND」を好評連載中。レトロポップなインテリアで国内外のファッショニスタが足繁く通う新宿の「Café & Bar CHAOS」を舞台に、VOGUE GIRL副編集長とゲストが本音のボーイズトークを繰り広げます。

第21回は、人懐っこさと誠実さが共存する佇まいで、作品ごとに独自の存在感を残す注目俳優、井之脇海が登場。23歳にして、俳優としてのキャリアが14年になる彼が、学業との両立から仕事への姿勢、自分の性格や好きなタイプ、休日の過ごし方までを赤裸々に語りました。真面目で誠実な彼の素顔の魅力はファン必見です。リンク

<以下インタビューより抜粋>
―井之脇海という役者の1番の魅力、強みってなんだと思う?
映像についての理解が圧倒的に同世代の役者よりも深いところ。そこは胸張って言える、自負できるところです。そこをベースに、ある意味頭でっかちなくらい知識に寄った自分がいます。もちろん、感覚的に覚えていくのもありますけど、僕のストロングポイントは映像に対しての理解。逆に僕のウィークポイントは、もっと感情で出てくるものでお芝居できたらいいなってところ。課題だなって思ってるんですけど。

―オフのときは何してるの?
1日休みの日はまず寝ます。ていうか、休みは前の日から始まっていて、前日に飲んじゃうんですよね。で、僕はお酒飲むと長いので……。

―インドア派な海くんの、好きな女性のタイプは?
絶対的に言えるのは、恋愛に依存しない人。僕が仕事が好きで恋愛に依存できないんで、それなのに相手が恋愛という形で僕に依存されちゃうと、自由がないというか……自立してる人がいいですね。自分を持っている人が好きです、一緒にいやすい。

―物選びも真面目を感じるね。じゃあ最後に、10年後の井之脇海はどうなっていたい?
今の希望ですけど、今と変わらずにいて欲しいなと思いますね。本当は変化を望みたいところですし、進化というか、成長はしてると思います、してなきゃいけないんですけど、でも考え方、そこの根底にあるものは今と変わらないでいてほしいなと。これで10年後の僕と今の僕が会った時に、10年後の僕がパリピだったら嫌じゃないですか(笑)。

【デジタルリンク先】
公式サイト: リンク
Facebook: VOGUEgirlJapan
Twitter: VOGUEgirlJAPAN
Instagram: voguegirljapan

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]