logo

出版事業『サイボウズ式ブックス』を開始

第1作目として、11月7日に『マネジャーの教科書を、捨てよう。(仮)』を出版

サイボウズ株式会社(以下、サイボウズ)は、出版事業『サイボウズ式ブックス』(編集長:大槻 幸夫)を開始します。第1作目として、サイボウズの人事制度変革を統括してきた副社長・山田理による初の書籍『マネジャーの教科書を、捨てよう。(仮)』を、2019年11月7日(木)に出版します。チームで働く人々が、より新しい枠組みを考えられるきっかけとなるような書籍を提供してまいります。



『サイボウズ式ブックス』公式サイトはこちら:
リンク
[画像: リンク ]



■オウンドメディアから出版事業を開始する背景

サイボウズは、2012年5月にオウンドメディア『サイボウズ式』(リンク)を立ち上げ、チームワークや働き方、組織のあり方に関する情報発信を続けてまいりました。現在、『サイボウズ式』の平均月間PVは20万を超えておりますが、より一層多くの方々にサイボウズの思いを届けるため、インターネットだけでなく書籍を通じて、情報発信を開始することにいたしました。
今後は『サイボウズ式』での情報発信に加え、『サイボウズ式ブックス』として書籍の企画・出版にも注力してまいります。

■出版社「ライツ社」との提携

『サイボウズ式ブックス』は、株式会社ライツ社(本社:兵庫県明石市、代表者:大塚 啓志郎・高野 翔、以下ライツ社)と提携し、書籍制作を進めてまいります。 ライツ社は2016年9月に創業以降、年間6~7冊と絞り込み丁寧につくりあげた企画で、ヒット作を多数生み出しております。
この度の出版事業では、ライツ社と提携し、より良質な書籍の提供を目指します。また、ライツ社の販路を活用することで、全国の書店に書籍を流通いたします。

■第1作目は副社長・山田理による書籍『マネジャーの教科書を、捨てよう。(仮)」

第1作目として、2019年11月7日(木)に副社長・山田理による初の書籍『マネジャーの教科書を、捨てよう。(仮)』を出版します。
インターネットが普及し、仕事に対する価値観が急速に変わりゆく今、組織のマネジャーが大切にすべきことは何なのか、山田自らが自身のマネジメント経験から得た知見を書籍にまとめます。

購入予約・書籍詳細はこちらをご覧ください。
リンク


『サイボウズ式ブックス』編集部のnoteは こちら:
リンク


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]