logo

4K 60Hz, HDR10対応のオーディオ分離機能を搭載したHDMI切替器(直販モデル)を発売

ラトックシステム株式会社(本社:大阪府大阪市浪速区、代表取締役:岡村周善、以下ラトックシステム)は、外部音声出力機能を搭載した、最大4台のHDMI機器を入力し切り替えが可能な4K対応 HDMI切替器「RP-HDSW41A-4K」を本日、2019年8月27日より直販ショップ「ラトックプレミア」にて販売開始いたします。



[画像1: リンク ]


[表: リンク ]



4K 60Hzのフル4K, HDR10に対応したHDMI切替器
本製品は、4入力1出力を搭載したHDMI切替器です。最大4台のHDMI出力機器とテレビ1台を接続可能で、ユーザーが選択したポートの映像をテレビ側に出力します。
レコーダーやゲーム機、パソコンなどのHDMI機器が増えてテレビ側の入力端子が足りなくなったとき、本製品を追加すれば、1つのHDMI入力端子を複数のHDMI機器で共有することができます。
[画像2: リンク ]

本製品は、4K、60Hz(4:4:4 / 8bit)映像に対応。テレビ側に4K対応のHDMI入力が1ポートあれば、本製品に接続した機器すべての4K映像をそのまま映すことができます。また、超高画質技術「HDR(High Dynamic Range imaging)」の映像ソースも切り替えることが可能です。

音声出力は HDMI, 光デジタル, アナログの3系統で古いアンプを活用できる
RP-HDSW41A-4Kには、通常のHDMI出力(映像+音声)他、音声出力用のHDMI出力ポート、光デジタルおよびアナログステレオ(ステレオミニ)を搭載。ご使用中のAVアンプが4Kに対応していない場合や、HDMI端子を搭載していない場合でも、外部のAVアンプへオーディオを伝送することが可能です。
[画像3: リンク ]

HDMI入力可能な外部アンプへ接続するパターンです。Dolby True HDや DTS HD Master Audioなど高品質な7.1CHサラウンドを楽しむ場合に接続します。
[画像4: リンク ]

光デジタル入力可能な外部アンプと接続する場合に接続するパターンです。HDMI入力を持たないホームシアターセットなどを接続しDolbyやDTSなどの5.1CHサラウンドを楽しむことができます。
またARCをオンにすることで、テレビからの音声も外部アンプへ出力することが可能です。

[画像5: リンク ]

ステレオ外部入力を持ったアンプやミニコンポ、アクティブスピーカーなど、外部音声へアナログ接続することで、ステレオならではの高音質を楽しめます。

■ 4K60Hz対応 外部音声出力付 4入力1出力 HDMIセレクター RP-HDSW41A-4K 【直販モデル】
特徴一覧


4台のHDMI機器を切り替えてテレビに出力
4K解像度/60Hz(4:4:4)信号に対応、HDR映像ソースも切替
音声出力は HDMI, 光デジタル, アナログの3系統
切替方式は「手動」と「オート」の切替が可能
テレビの音声をアンプへ出力する「ARC」に対応
直感的に操作ができるリモコン付属
最新のゲーム機にも対応


関連URL
4K60Hz対応 外部音声出力付 4入力1出力 HDMIセレクター
「RP-HDSW41A-4K」製品情報
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]