logo

「スティーブン・ギル」スペシャルボックス発売のご案内

写真雑誌『IMA』 Vol. 28 (2019 Summer)特集記念

さまざまなビジュアルコミュニケーション事業を展開する株式会社アマナ(本社:東京都品川区、代表取締役社長 兼 グループCEO 進藤博信、以下「アマナ」)は、写真雑誌『IMA』vol. 28 特集「スティーブン・ギルのすべて」を記念し、新作「The Pillar」のオリジナルプリントが付いたスペシャルボックス(限定:100部)を発売します。



[画像: リンク ]

「スティーブン・ギル」スペシャル限定ボックス

スティーブン・ギル(Stephen Gill)は、英国のブリストルに生まれ、現在は自然あふれるスウェーデンの街で創作を続けています。彼の活動の歴史を遡ると、さまざまな意味で極めて21世紀らしい写真アーティストでもあることがわかります。今回の『IMA』vol. 28 特集「スティーブン・ギルのすべて」では、シリーズごとにテーマや手法が刻々と変遷し、進化するクリエーションスタイルで、丁寧に制作を続ける彼のアーティスト人生を紐解いた一冊となっています。

本スペシャル限定ボックスでは、『IMA』の特集で紹介した彼の最新作「The Pillar」より、ギル自身が厳選した未発表の写真一枚をセレクト。この彼がセレクトした一枚のプリントと、ギルの直筆サイン、またエディションナンバーが入った特製ボックス、限定100部を『IMA』vol.28とともにお届けします。



スペシャルボックス概要


仕    様: スペシャルボックス入り/サイン入り
エディション: 100部
内    容: オリジナルプリント1枚(エディションおよび直筆サイン入り、インクジェットプリント(225×297mm)/『IMA』vol.28 特集「スティーブン・ギルのすべて」1冊/特装ボックス(エディションおよび
直筆サイン入)
価    格:  36,000円(税別)

下記のリンクよりご購入いただけます。(問合せ:sales@imamagazine.jp)
オンライン URL:
リンク


「IMAプロジェクト」とは


「IMAプロジェクト」は、写真雑誌『IMA』の刊行や、WEBSITE『IMA ONLINE(リンク)』のメディア事業を展開し、多方面から好評をいただいているアマナグループのアートフォトプロジェクト。

そのコンセプトは、“LIVING WITH PHOTOGRAPHY”です。アートフォトのある暮らしをもっと身近に愉しむためのスペースとして2014年にオープンした「IMA gallery」(リンク)を、2017年からは品川・天王洲で運営し、若手写真家のための活躍の場を創出する「IMAプロジェクト」の一つとして、所属作家を中心に展覧会や、アーティストやクリエイターを招いたトークショーなど、アートフォトを多角的に楽しみながら学べる機会を提供しています。併設のカフェ「IMA Cafe」(リンク)では、厳選されたこだわりのコーヒーもお楽しみいただけます。

なお、『IMA』は5月29日発売のvol. 28より、版型と価格(一部2,500円、年間定期購読7,000円<税別>)を変更。同リニューアル号からは、一人の写真家に焦点を充てた特集をお届けしています。また、同リニューアル第一号となるvol. 28の特集「スティーブン・ギルのすべて」を記念して、展覧会と限定スペシャルボックス販売を行ない、作家の魅力を堪能して頂ける形となっています。


  ~「ビジュアルコミュニケーションで世界を豊かにする。」アマナは今年、40周年を迎えました~


株式会社アマナ 会社概要
代表者  : 代表取締役社長 進藤博信
所在地  : 東京都品川区東品川2-2-43
設 立  : 1979年4月
資本金  : 10億9,714万円
証券コード: 東証マザーズ2402
売上高  : (連結)222億90百万円  ※2018年度12月期実績
従業員数 : (連結)1,022名  ※2019年1月1日現在
事業内容 : ビジュアルコミュニケーション事業
URL   : リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]