logo

グーグルのクラウドを支えるテクノロジー > 第62回 仮想デスクトップシステムのGCP移行プロジェクト(パート1)

CTC教育サービスはコラム「グーグルのクラウドを支えるテクノロジー > 第62回 仮想デスクトップシステムのGCP移行プロジェクト(パート1)」を公開しました。

###
 今回からは、2019年に公開されたエッセイ「From Corp to Cloud: Google's Virtual Desktops」を元にして、Google社内の仮想デスクトップ移行プロジェクトを紹介します。Google社内で使用するシステムを自社のパブリッククラウドサービスであるGoogle Cloud Platform(GCP)に移行するという、少しユニークなプロジェクトになります。
移行プロジェクトの背景
 Google社内では、開発作業用のワークステーションとして、開発者のデスクに設置したタワー型サーバーの他に、クラウド上の仮想デスクトップ環境も使用しています。元々は、仮想デスクトップ専用のクラスターを構築・管理していましたが、2016年にこれらをパブリッククラウドサービスであるGoogle Cloud Platform(GCP)に移行するプロジェクトを開始しました。先ほどのエッセイでは、その理由として、次の点を挙げています。
・既存の独自クラスターは、クラスターの拡張作業に時間がかかる
・クラスターの管理作業の手間を削減したい
・クラスターの管理には、ハードウェアからゲストOSの構成まで、フルスタックの人材が必要
・夜間などにアイドル状態のマシンが多く発生してリソースの利用効率が良くない
・部署ごとに個別のクラスターを用意するケースがあり、これらを共用サービスとして統合したい

この続きは以下をご覧ください
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]