logo

1996年に登場したランニングシューズ「INTERVAL」が初復刻 世界中を席巻した星条旗カラーを始めとしたオリジナルモデル 発売年にちなみ、全世界1996足限定で2019年7月19日(金)発売

リーボック アディダスグループ 2019年07月13日 11時40分
From PR TIMES

グローバルフィットネスブランドのリーボック(所在地:東京都港区六本木一丁目9番10号)は、歴代の名作を中心に展開するリーボックのカジュアルライン“Reebok CLASSIC(リーボック クラシック)”において、1996年にランニングシューズとして登場し、星条旗カラーの“ベクターロゴ”で世界中を席巻した人気モデル「INTERVAL(インターバル)」を、発売年の1996年にちなみ、全世界1996足限定で2019年7月19日(金)に初めて復刻し、発売します。



[画像1: リンク ]

■「INTERVAL」について

[画像2: リンク ]

「INTERVAL」は、1996年夏、国際的スポーツにおけるリーボックの取り組みの一環として登場し、その機能性や競技結果から、トップアスリートや一般消費者の間で大ブレイクしたモデルです。発売の翌年には、スムースレザーのアッパーモデルや、豊富なカラーコンビネーションなど、様々なバリエーションが続々と追加発売され、リーボックのランニングカテゴリーにおいて代表的なモデルとなりました。また、パフォーマンスシーンはもちろんのこと、ストリートファッション誌でも頻繁に取り上げられ、ファッションアイテムとしても人気を集めました。「INTERVAL」がランニングシューズとしてだけでなく、ファッションアイテムとしても人気を得たことで、同年に発売された当時のランニングシューズ「DMX RUN 10(ディーエムエックス ラン 10)」の幅広い人気にも繋がりました。

[画像3: リンク ]

デザインは、目を引く鮮やかな星条旗配色が特徴的であり、90年代にリーボックが使用していた “ベクターロゴ”が大胆に施されています。90年代のアグレッシブなスピリットを体現しつつ、今日でも古さを全く感じさせないデザインとなっています。

機能面では、グリップ力と屈曲性に優れたアウトソールを融合させており、更に今回の復刻で、新たに独自の軽量クッショニング素材として、最新の“ヘクサライトテクノロジー”を搭載することで、90年代当時のモデルよりも軽量性を実現しています。
この進化を止めないモデルとリーボックの姿勢を通して、多くのスニーカーファンに影響を与えていきます。

商品概要


[画像4: リンク ]

名称:INTERVAL OG(インターバル OG)
●品番/カラー:(左から)
[EH3102]ホワイト/カレッジロイヤル/スカーレット
[EH3103]ホワイト/カレッジネイビー/ダークグリーン
[EH3104]ホワイト/カレッジロイヤル/LGHソリッドグレー
●サイズ:23.0cm~30.0cm(ユニセックス)
●自店販売価格:¥9,169(税込)
●発売日:2019年7月19日(金)
●発売店舗:
・リーボック オンラインショップ(リンク
・リーボック クラシックストア(原宿、HEP FIVE、ダイバーシティ東京、あべのHOOP、立川立飛、横浜ビブレ、名古屋みなとアクルス)
・ZOZOTOWN(リンク)・atmos Blue Omotesando / アトモス ハラジュク / atmos Shibuya / atmos Shinjuku / KICKS LAB. / mita sneakers / Styles Daikanyama / UNDEFEATED Shibuya / UNDEFEATED Harajuku / UPTOWN Deluxe 福岡店

【読者、一般のお客様からのお問い合わせ先】
リーボック アディダスグループお客様窓口
0570-033-033 (電話受付 平日9:30~18:00)
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]