logo

「チームラボ かみさまがすまう森 - earth music&ecology」今年は昼から夜まで終日開催。遺跡と廃墟が点在する御船山楽園に、昼間も見られる巨大な新作も登場

チームラボ 2019年07月11日 19時40分
From PR TIMES

アート集団チームラボが御船山楽園(九州・武雄温泉)で毎年行う展覧会「チームラボ かみさまがすまう森 - earth music&ecology」が、今年は夜だけでなく、昼間も開催します。廃墟となった湯屋に巨大な立体物が群立する、永遠に変化し続ける新作《廃墟の湯屋にあるメガリス》も初めて公開。遺跡と廃墟が点在する御船山楽園に、昼間も見られる作品が展示され、昼と夜とで異なる趣を見せます。



[画像1: リンク ]

今年で開催5年目となる「チームラボ かみさまがすまう森」は、昨年よりも更にスケールアップし、50万平米にも及ぶ敷地に創られた御船山楽園に、新作含む21の作品群が展示されます。会期は、2019年7月12日(金)から11月4日(月)まで。

全作品が見られる、昼から夜まで終日入場可能な「通常チケット」と、一部の作品と御船山楽園の遺跡が見られる、昼間のみ入場可能な「昼限定チケット」を、会場とローソンチケットで販売中。(Lコード:84247)

御船山楽園は、九州・武雄温泉に1845年に開園した、国登録記念物の名勝地です。今年もその大庭園が、チームラボの「自然が自然のままアートになる」プロジェクトの作品群と人々の存在によって、変容し続ける空間になります。

展覧会詳細: リンク
昼のハイライト動画:
[動画1: リンク ]

夜のハイライト動画:
[動画2: リンク ]

コンセプトムービー:
[動画3: リンク ]



《連続する生命の形》

1845年(江戸後期)に50万平米にも及ぶ敷地に創られた御船山楽園。敷地の境界線上には、日本有数の巨木である樹齢3000年以上の武雄神社神木の大楠があり、庭園の中心には樹齢300年の大楠がある。そのことからわかるように、古来より大事にされてきた森の一部を、森の木々を生かしながら造った庭園であることが想像できる。庭園と自然の森との境界は曖昧で、回遊していく中でいつのまにか森に入り込んだり、けもの道に出くわしたりする。森の中には、超自然的に積み重なった巨石の磐座(いわくら)であろう祠が今では稲荷大明神としてまつられている。また、後に奈良の大仏をつくる名僧行基が約1300年前に御船山に入山し五百羅漢を彫ったとされており、森の中の洞窟の岩壁には、行基が直接彫ったと伝えられる仏が今も残る。

そう、長い長い時間の中で形作られた巨石や洞窟、森、それぞれの時代ごとに人々がそこに意味を見出し、それが千年以上積み重ねられて御船山楽園はあるのだろう。そして、今なお続く自然と人との営みが、庭園と森の境界が曖昧な、この居心地の良く美しい文化的遺産を生んでいるのだ。

そして、庭園と森との境界の曖昧な場で道を失いさまよっている時に、自然と人との営みの、長く続いてきた境界のない連続性の上に自分の存在があることを感じることができた。だからこの広大な庭園と森の中を迷い込んで行くような展覧会を行いたいと思ったのだ。

自分という存在は、何十億年という圧倒的な時間の長さの、永遠に繰り返されてきた生命の生と死の連続性の上にある。しかし、日常では、なかなかそれを知覚することが難しい。人間は自分の人生より長い時間を認知できないのだろう。時間の連続性に対して、認知の境界があるのだ。

森を探索していた時、圧倒的に長い年月をかけて形作られた巨石や洞窟、そして森そのものの形こそが、長い時間を知覚できる形そのものであると知った。それらの形こそが、時間の連続性に対する認知の境界を超えられるものだと考えたのだ。

チームラボは、「Digitized Nature」というアートプロジェクトを行っている。非物質的であるデジタルテクノロジーによって「自然が自然のままアートになる」というプロジェクトだ。

自分の時間を超越した長い時を持つ、巨石や洞窟、森、もしくは自然と人との営みが長く続いてきた庭そのものの形をそのまま使い、作品群にすることで、時間の連続性に対する認知の境界を越えて、長い長い生命の連続性の上に自分の存在があることを感じる場を創ることができるのではないかと思ったのだ。そして自分を超越した長い時を持つこの場に「連続する生命」の意味を見出し、現代においてもまた、この場所に意味を積み重ねて行きたいと思う。
[画像2: リンク ]


【展示作品】
昼から夜まで終日見られる作品

廃墟の湯屋にあるメガリス / Megaliths in the Bath House Ruins
teamLab, 2019, Interactive Digital Installation, Sound: Hideaki Takahashi
[画像3: リンク ]

作品: リンク

超主観空間によって平面化された作品空間でできた立体物が、廃墟の湯屋に群立している。
それぞれの立体物の作品空間は、付近に同じように立つ他の立体物の作品空間と繫がっている。また、世界中に分布する他の立体物の作品空間とも繋がっている。
作品空間内には、移動する作品もあり、近隣の立体物同士を行き来し、世界中に分布する他の立体物とも行き来する。そして、作品空間内の作品同士は、互いに影響を与える。

作品は、コンピュータプログラムによってリアルタイムで描かれ続けている。あらかじめ記録された映像を再生しているわけではない。全体として以前の状態が複製されることなく、人々のふるまいの影響を受けながら、永遠に変化し続ける。今この瞬間は2度と見ることができない。

この廃墟の湯屋に群立する立体物の作品空間には、以下の作品が存在する。

・憑依する滝群
立体物群に流れ込む滝。
人々が作品に近づくと水の流れが変化していく。作品は、人々のふるまいの影響を受けながら、変容し続け、また、他の作品に影響を与える。例えば、水は、「花と人」の花々を散らせる。
水は、無数の水の粒子の連続体で表現し、粒子間の相互作用を計算している。そして、水の粒子の挙動によって、空間上に線を描く。その線の集合をチームラボが考える「超主観空間」によって平面化し滝を描いている。

・花と人
1時間を通して、1年間の花々が咲いていく。花々は生まれ、咲き、やがては散り、枯れて死んでいく。花は誕生と死滅を永遠に繰り返し続けていく。
人々が近くで動きまわると花々は散っていき、じっとしていると花々は普段より多く生まれる。

地下道の奥の廃墟に舞う群蝶、そして超越する空間 / Butterflies Dancing in the Depths of the Underground Ruins, Transcending Space
teamLab, 2019, Digital Installation, Sound: Hideaki Takahashi
[画像4: リンク ]

[動画4: リンク ]

作品: リンク

御船山楽園内で発見された地下道の奥にある廃墟の入口付近に立つと、廃墟の空間の境界がなくなり、群蝶が空間に舞う。人々は身体と作品世界との境界をも失っていくだろう。

作品はコンピュータプログラムによってリアルタイムで描かれ続けている。あらかじめ記録された映像を再生しているわけではない。全体として以前の 状態が 複製されることなく、変容し続ける。今この瞬間の絵は二度と見ることができない。

グラフィティネイチャー - 廃墟の湯屋に住む生き物たち、レッドリスト / Graffiti Nature - Living in the Ruins of a Bathhouse, Red List
teamLab, 2017-, Interactive Digital Installation, Sound: Hideaki Takahashi
[画像5: リンク ]

[動画5: リンク ]

作品: リンク

森の中の、呼応するランプの森とスパイラル - ワンストローク、夏の森 / Forest and Spiral of Resonating Lamps in the Forest - One Stroke, Summer Forest
teamLab, 2018, Interactive Installation, Murano Glass, LED, Endless, Sound: Hideaki Takahashi
[画像6: リンク ]

[動画6: リンク ]

*御船山楽園ホテル内に展示
作品: リンク

夜のみ見られる作品

浮遊する呼応するランプ - ワンストローク、Fire / Floating Resonating Lamps - One Stroke, Fire
teamLab, 2019, Interactive Installation, Murano Glass, LED, Endless, Sound: Hideaki Takahashi
[画像7: リンク ]

作品: リンク

水面に立ち浮遊するランプは、それぞれ自立しており、ゆっくりと呼吸しているかのように強く輝いたり消えたりしている。
水面に立つランプは、傾き倒れかけると、もしくは人がランプの近くで立ち止まりじっとしていると、そのランプが強く輝き音色を響かせる。そしてそのランプの光は、他のランプに伝播する。伝播したランプの光は、同じように強く輝き音色を響かせながら、他のランプに伝播し連続していく。伝播していく光は、必ず、全てのランプを一度だけ強く輝かせ、全てのランプに伝播する。
全てのランプに伝播していく光の移動距離が最短になるように光が伝播していく。つまり、ランプの光は、全てのランプを1度だけ通る最短の一本の光のラインとなる。
水面に立ち浮遊するランプは、それぞれ刻々と場所を変えていく。

伝播する光の距離の合計が常に最短となるため、同じランプが起点となって輝きはじめても、光の経路は刻々と変わっていく。
伝播していく光が、他の起点となった光と出会い通り抜ける時、光が出会った場所のランプは、それぞれの光が合わさって輝き、そこに長く残っていく。人々はきっと、同じ空間にいる他の人々の存在を感じるだろう。
ランプシェードは、ムラーノ・ガラス(ベネチアン・グラス)を使用。

小舟と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング / Drawing on the Water Surface Created by the Dance of Koi and Boats - Mifuneyama Rakuen Pond
teamLab, 2015, Interactive Digitized Nature, 13min 24sec, Sound: Hideaki Takahashi
[画像8: リンク ]

[動画7: リンク ]

作品: リンク

増殖する生命の巨石 / Ever Blossoming Life Rock
teamLab, 2017, Digitized Nature, Sound: Hideaki Takahashi
[画像9: リンク ]

[動画8: リンク ]

作品: リンク

かみさまの御前なる岩に憑依する滝 / Universe of Water Particles on a Sacred Rock
teamLab, 2017, Digitized Nature
[画像10: リンク ]

[動画9: リンク ]

作品: リンク

生命は連続する光 - ツツジ谷 / Life is Continuous Light - Azalea Valley
teamLab, 2017, Interactive Digitized Nature, Sound: Hideaki Takahashi
[画像11: リンク ]

[動画10: リンク ]

作品: リンク


夏桜と夏もみじの呼応する森 / Resonating Forest - Cherry Blossoms and Maple
teamLab, 2017, Interactive Digitized Nature, Sound: Hideaki Takahashi
[画像12: リンク ]

[動画11: リンク ]

作品: リンク

谷間の呼応する森 / Resonating Forest in the Ravine
teamLab, 2019, Interactive Digitized Nature, Endless, Sound: Hideaki Takahashi
[画像13: リンク ]

作品: リンク

岩壁の空書 連続する生命 - 五百羅漢 / Rock Wall Spatial Calligraphy, Continuous Life - Five Hundred Arhats
teamLab, 2017, Digitized Nature, Sound: Hideaki Takahashi
[画像14: リンク ]

[動画12: リンク ]

作品: リンク

岩割もみじと円相 / Split Rock and Enso
teamLab, 2017, Digitized Nature, Sound: Hideaki Takahashi
[画像15: リンク ]

[動画13: リンク ]

作品: リンク

忘却の岩群 / Sea of Rocks of Oblivion
teamLab, 2017, Interactive Digitized Nature, Sound: Hideaki Takahashi
[動画14: リンク ]

作品: リンク

空中に生える木 / The Floating Tree
teamLab, 2019, Digitized Nature
[画像16: リンク ]

作品: リンク

連続する生命の記憶 / Memory of Continuous Life
teamLab, 2017, Digitized Nature, Sound: Hideaki Takahashi
[画像17: リンク ]

[動画15: リンク ]

作品: リンク

切り取られた連続する生命 - 森の天井 / Cut out Continuous Life - Forest Canopy
teamLab, 2017, Digitized Nature
作品: リンク

切り取られた連続する生命 - 森の道 / Cut out Continuous Life - Forest Path
teamLab, 2017, Digitized Nature
[動画16: リンク ]

作品: リンク

呼応する御船山 / Resonating Mt. Mifuneyama
teamLab, 2018, Interactive Digitized Nature, Sound: Hideaki Takahashi
[画像18: リンク ]

[動画17: リンク ]

作品: リンク

具象と抽象 - 神木の森の入口 / Abstract and Concrete - Forest Entrance
teamLab, 2018, Interactive Digital Installation, Sound: Hideaki Takahashi
[画像19: リンク ]

[動画18: リンク ]

作品: リンク

小さきものの中にある無限の宇宙に咲く花々 / Flowers Bloom in an Infinite Universe inside a Teacup
teamLab, 2016, Interactive Digital Installation, Endless, Sound: Hideaki Takahashi
*「EN TEA HOUSE - 幻花亭」に展示
[画像20: リンク ]

[動画19: リンク ]

作品: リンク

【開催概要】

チームラボ かみさまがすまう森 - earth music&ecology
リンク
#teamLab, #チームラボ, #かみさまがすまう森

会期: 2019年7月12日 (金) - 11月4日 (月)
会場: 御船山楽園(佐賀県武雄市武雄町大字武雄4100)

時間: 11:30 - 22:30
※最終入場 22:00
※入場は第一入門口よりご入場ください。以下の時間のみ第二入門口もご利用いただけます。
7月12日 (金) - 9月12日 (木) 20:00 - 22:30
9月13日 (金) - 10月11日 (金) 19:00 - 22:30
10月12日 (土) - 11月4日 (月) 18:00 - 22:30

料金: 「通常チケット」
・大人 平日1200円(8/13~8/16を除く)、土日祝及び8/13~8/16 1400円
・中高生 平日及び土日祝 800円
・小学生 平日及び土日祝 600円
・未就学児 無料
※本アート展には、昼から夜まで終日見られる作品と、夜のみ見られる作品があります。
夜のみ見られる作品は、おおよそ以下の時間からご覧いただけます。
7月12日 (金) - 9月12日 (木) 18:30頃
9月13日 (金) - 10月11日 (金) 17:30頃
10月12日 (土) - 11月4日 (月) 16:30頃

「昼限定チケット」
・大人 平日500円(8/13~8/16を除く)、土日祝及び8/13~8/16 700円
・中高生 平日400円(8/13~8/16を除く)、土日祝及び8/13~8/16 600円
・小学生 平日300円(8/13~8/16を除く)、土日祝及び8/13~8/16 500円
・未就学児 無料
※「昼限定チケット」は、以下の時間内に作品をご覧いただけます。
7月12日 (金) - 9月12日 (木) 11:30 - 18:00
9月13日 (金) - 10月11日 (金) 11:30 - 17:00
10月12日 (土) - 11月4日 (月) 11:30 - 16:00
※最終入場は終了30分前まで。
※本アート展には、昼から夜まで終日見られる作品と、夜のみ見られる作品があります。
「昼限定チケット」は、夜のみ見られる作品はご覧いただけません。

チケット販売: 御船山楽園、ローソンチケット(Lコード:84247)
お問合せ: 0954-23-3131(御船山楽園ホテル)
協賛: earth music&ecology
協力: サガテレビ

【earth music&ecology 協賛にこめた想い】
世界が注目するチームラボによる「チームラボ かみさまがすまう森」は、アース ミュージック&エコロジーの世界観とアートの親和性を感じるプロジェクトです。長期的に応援していきます。
リンク

【チームラボ】
アートコレクティブ。2001年から活動を開始。集団的創造によって、アート、サイエンス、テクノロジー、デザイン、そして自然界の交差点を模索している、学際的なウルトラテクノロジスト集団。チームラボは、アートによって、人間と自然、そして自分と世界との新しい関係を模索したいと思っている。

teamLab is represented by Pace Gallery.

チームラボ: リンク
Instagram: リンク
Facebook: リンク
twitter: リンク
YouTube: リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]