logo

ラッカスネットワークス、次世代のデジタル学習環境向けの新製品アクセスポイント「R750」とアクセススイッチ「ICX 7150-C10ZP」を発表

ラッカスネットワークス, an ARRIS Company 2019年07月11日 15時11分
From PR TIMES

米国で社会問題となっている学内における電子タバコ問題に関する対策にむけて米ソーター・テクノロジーズとIoT パートナーシップを提携

ラッカスネットワークス(コムスコープ社グループ:以下ラッカス) は、マルチギガネットワークアクセスにおける次世代型デジタル学習環境向けの新製品AP(アクセスポイント)「R750」とアクセススイッチ「ICX7150-C10ZP」を本日発表しました。本製品は、学習環境のデジタル化推進における容量不足などの課題解決を目的に開発されました。同時に、米国の高校などにおいて社会問題化している学生の電子タバコ喫煙に関する健康リスクへの対策として、米ソーター・テクノロジーズとIoT(モノのインターネット)におけるエコシステムパートナーシップを締結したことを発表しました。

2022 年までに、米国の初等中等教育機関の大部分において、カリキュラムの50 パーセントがデジタルで提供されると予想されています。学校のおけるデジタル学習化推進が進むにつれ、1 対1 でのコンピューティングや私物の携帯端末持ち込みの奨励、そしてビルディングオートメーションやセキュリティ用のIoT センサーネットワークがより浸透することにより、Wi-Fi ネットワークにおける容量が急激に不足すると想定されています。さらに、学習環境のデジタル化やオンラインでのコラボレーション、学内の安全性確保といった観点からビデオが積極的に活用されるようになった為、Wi-Fi ネットワーク容量に対する需要が増大化しています。このような課題などを解決するため、ラッカスはAP「R750」とアクセススイッチ「ICX7150-C10ZP」を発表しました。今回発表の新製品は、親会社であるコムスコープ社のパワーオーバーイーサネット(PoE)ケーブルと組み合わせることで、次世代デジタル学習環境に対応するために必要な容量を提供することが可能となります。

教育機関および高密度環境向けの集約型マルチギガビットネットワーク対応製品
● 新製品:アクセスポイント「R750」
IoT 無線(BLE, Zigbee)が埋め込まれ、2.5GbE およびデュアルバンド対応の4x4:4 ストリーム(5GHz)および4x4:4 ストリーム(2.4GHz)。R750 は、教室などの高密度環境のために最適化され、最新のWPA3 Wi-Fi セキュリティ規格をサポートしています。
● 新製品:アクセススイッチ「ICX 7150-C10ZP」
1、2.5、5、10GbE のアクセスポートを備えた10 ポートのコンパクトなファンレススイッチ。このうち4 つのポートは業界最高の90W までPoE 対応です。全てのRuckus ICX スイッチ同様、ICX 7150-C10ZP は他のICX7150 ファミリーのスイッチと共に単一のワイヤリングクローゼットや複数のワイヤリングクローゼット、または教室内に設置可能です。
● ネットワークコントローラー「SmartZone™」
Ruckus AP やスイッチを単一のインターフェイスで管理するために使用する物理的コンバージドアプライアンスまたは仮想コンバージドアプライアンス。SmartZone ネットワークコントローラーは本日より、 ICX7150 およびR750 対応のユニファイド・マネジメント・プラットフォームとして利用可能です。
● 「Ruckus IoT コントローラー」
Ruckus SmartZone ネットワークコントローラーと共にデプロイして、WiFi 非対応デバイスの接続、デバイス及びセキュリティ管理機能を提供する仮想コントローラー。

さらに、米国で社会問題となっている若年層の電子タバコ対策について、学校内での電子タバコや煙、騒音障害を検知するセンサーシステムのベンダー、米ソーター・テクノロジーズとパートナーシップを締結しました。このセンサーを活用し、校内のトイレなどカメラを設置できない場所での電子タバコ喫煙を監視することができます。ラッカスは、ソーター・テクノロジーズのFlySense™ファミリーのリアルタイムセンサーをRuckus IoT Suite に統合し、電子タバコが検知されるとこの集中型IoT ダッシュボードにアラート送信を可能にしました。学校職員は、このアラートによって検知が可能な設定を可能にします。

米ソーター・テクノロジーズ 創業者兼CEO デレク・ピーターソン氏
「Fly Sense を利用することによって、高校や中学校の管理者らが国内外で流行が広がっている電子タバコの課題に対処することができます。私たちはラッカスとともに、この重要なテクノロジーをより多くの学校で利用できるようにするつもりです」。

ラッカスネットワークス グローバルシニアバイスプレジデント バート・ジョルダーノ
「学校の管理者や校長にとって学習のデジタル化、電子タバコの喫煙、そして生徒たちの安全は最優先の課題です。学校現場は、ラッカスがデジタル学習と生徒の安全対策の両方をサポートする集約型ネットワークとIoT ソリューションの提供を求めています。私たちは初等中等教育市場に注力し、学校のデジタル学習や生徒の安全及び健康対策に役立つイノベーションを提供していきます」。

ラッカスの新製品は、ラッカスネットワークスの販売パートナーからご購入いただけます。サービスに関する詳細情報、お問い合わせはこちら。
リンク

コムスコープについて
コムスコープおよび最近グループに加わったARRIS およびRuckus Networks は、有線および無線通信の未来を形作ることによって私たちの明日を再定義します。当社の従業員、イノベーター、技術者のチームが、世界中のあらゆる地域のお客様における課題を予測し、その可能性をさらに押し広げるためのサービスを提供します。

ラッカスネットワークスについて
ラッカスネットワークスは世界中のコネクティビティを変革しています。パートナーとともに、エンドユーザーの高品質なコネクティビティ体験、IT 管理者向けの簡便性と接続あたりのコスト削減を重視する企業や組織に対し、セキュアな有線・無線のアクセスネットワークを構築しています。

Copyright (C) 2019 ARRIS Enterprises, LLC. All rights reserved. (不許複製・禁無断転載)ラッカスやラッカスネットワークス、ラッカスのロゴ、BeamFlex の商標は米国やその他の国で登録されています。このドキュメント、あるいはウェブサイトで言及されているその他の名前やブランドはその他の所有者の財産です。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]