logo

GMOクラウド:「GMO電子契約サービスAgree」不動産・採用業務の完全電子化を促進する署名順の管理や、大量採用における一括署名依頼が可能に

GMOインターネットグループ 2019年07月11日 15時40分
From PR TIMES



2019年7月11日
報道関係各位

GMOクラウド株式会社
============================================================================
「GMO電子契約サービスAgree」
不動産・採用業務の完全電子化を促進する
署名順の管理や、大量採用における一括署名依頼が可能に
============================================================================
 GMOインターネットグループのGMOクラウド株式会社(代表取締役社長:青山 満 以下、GMOクラウド)は、契約の締結から管理までをワンストップで行えるクラウド型の電子契約サービス「GMO電子契約サービスAgree(以下、GMO電子契約Agree)」(URL:リンク )において、不動産や採用業務の完全電子化を促進するべく、必要な以下の3つの機能追加を順次行い、2019年7月10日(水)に完了しましたのでお知らせいたします。

(1) 契約文書への署名の順番を設定できる「署名順設定」(6月27日完了)
(2) 雇用契約などのテンプレートにおいて、CSVを使用して契約相手ごとに異なる文言を差し込み、一括送信することができる「差込文書一括送信」(6月27日完了)
(3) フリーテキストエリアに記載例などを設定することができる「入力ガイド」(7月10日完了)

------------------------------------------------------------------------
【「GMO電子契約Agree」3つの新機能について】
------------------------------------------------------------------------
■新機能1:署名順設定
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 契約文書への署名の順番を設定できる「署名順設定」を追加いたしました。1人目の署名が完了すると2人目に署名依頼が送信されるので、複数人の署名が必要な承認フローにおいて、書類の回覧がより円滑に行えます。また署名ステータスで進捗も一目で確認できます。例えば発注者の署名が完了してから受注者側に署名依頼を送信する「受発注書」や、賃貸借契約の「重要事項説明書」など、署名の順番が決まっている文書での活用が見込めます。

<使用イメージ>
[画像1: リンク ]


■新機能2:差込文書一括送信
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 事前に登録している型の決まった文書テンプレートにおいて、住所や名前など契約相手ごとに異なる文言を差し込んで一括送信できる「差込文書一括送信」を追加いたしました。例えば、雇用契約のようにフォーマットは同じ場合、名前や住所をCSVでデータを取り込み、複数人でも一括で文書の作成・送信ができます。
 これは、2019年4月に改正労働基準法施行規則の施行により「労働条件通知書」の電子化が解禁されたことを受け、電子契約の利用が増えている「雇用契約書」の締結シーンなどで活用いただける機能です。

<使用イメージ>
[画像2: リンク ]


■新機能3:入力ガイド
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 文書のフリーテキストエリアに「入力ガイド」を設定できるようになりました。契約を交わす文書において、契約者(受信者)に入力を求める場合、『住所をご記入ください』や『氏名をご記入ください』などのご案内のほか、実際の「記載例」を掲載できる機能です。入力項目が多く、入力内容も煩雑な場合に便利な機能です。

<操作画面>
[画像3: リンク ]


------------------------------------------------------------------------
【「GMO電子契約Agree」について】(URL:リンク
------------------------------------------------------------------------
 GMOクラウドが提供する「GMO電子契約Agree」は、契約の締結から管理までをワンストップで行えるクラウド型の電子契約サービスです。印紙税や郵送費の削減、契約締結にかかる手間の軽減や時間の大幅な短縮により、業務の効率化を実現することが可能です。国内シェアNo.1(※1)の電子認証サービスブランドで、アメリカやヨーロッパでも利用されているGMOグローバルサインの電子署名サービスと、GMOクラウドが20年間に渡って提供してきたホスティング・クラウドサービスの実績とノウハウを活かし、共同開発いたしました。

(※1)Netcraft社の「SSL Survey」より(2019年3月時点)

------------------------------------------------------------------------
【GMOクラウド株式会社とは】
------------------------------------------------------------------------
 1996年のサービス開始以来、ホスティング事業者として13万を超える法人のお客様のサーバー運用実績と国内およそ6,700社の販売代理店を有しています。2011年2月にクラウドソリューション「GMOクラウド」を立ち上げクラウドサービス事業に本格的に参入して以降、クラウド事業に主軸を置いて国内のみならず世界へ向けてサービスを展開し、グローバル企業を含む多くの企業に最適なITインフラを提供しております。 また、2007年より「GlobalSign」の電子認証サービスを、連結会社のGMOグローバルサイン株式会社を中心にベルギー、英国、米国、中国、シンガポール、フィリピン、インド、ロシア、ドバイの拠点よりグローバルに展開しております。

以上
------------------------------------
【サービスに関するお問い合わせ先】
●GMOクラウド株式会社
「GMO電子契約サービスAgree」運営事務局
TEL:03-6415-7444
お問い合わせフォーム:
リンク
------------------------------------
【報道関係お問い合わせ先】
●GMOクラウド株式会社 社長室 広報担当 遠藤・松下
TEL:03-6415-6100 FAX:03-6415-6101
E-mail:pr@gmocloud.com

●GMOインターネット株式会社
グループコミュニケーション部
広報担当 石井・高橋
TEL:03-5456-2695 E-mail:pr@gmo.jp
------------------------------------

【GMOクラウド株式会社】 (URL:リンク
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
会社名  GMOクラウド株式会社 (東証第一部 証券コード:3788)
所在地  東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者  代表取締役社長 青山 満
事業内容■クラウド・ホスティング事業 ■セキュリティ事業 ■ソリューション事業
資本金  9億1,690万円
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【GMOインターネット株式会社】 (URL:リンク
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
会社名  GMOインターネット株式会社 (東証第一部 証券コード:9449)
所在地  東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者  代表取締役会長兼社長・グループ代表 熊谷 正寿
事業内容■インターネットインフラ事業   ■インターネット広告・メディア事業
    ■インターネット金融事業     ■仮想通貨事業
資本金  50億円
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※記載されている会社名、製品名は、各社の商標、もしくは登録商標です。
Copyright (C) 2019 GMO CLOUD K. K. All Rights Reserved.

■GMO INTERNET GROUP■ www.gmo.jp

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]