logo

国が何をしているのかを誰でもキーワードで検索できるサイト「JUDGIT!」。税金の使い道が分かる!ビジネスや研究にも使える!

一般社団法人構想日本 2019年07月11日 15時40分
From PR TIMES

政策シンクタンクである一般社団法人構想日本(代表:加藤 秀樹、東京都千代田区)は、国の事業や税金の使われ方などについて、キーワードを入れることで誰もが簡単に調べられるWebサイト『JUDGIT!』(URL :リンク)を、日本大学尾上洋介研究室、Visualizing.JP、特定非営利活動法人ワセダクロニクルと共同で開発、本日7月11日より一般公開しました。

「JUDGIT!」では、国の各省庁が行う約5,000事業のほぼ全てについて『目的』『内容』『成果』『予算の支払い先』などを、一般の検索サイトと同様の使い勝手で検索、調査することができます。



■JUDGIT!の意義
今や私たちはスマホやパソコンにいくつかのキーワードさえ入れれば、世界中の情報にアクセスでき、ビジネスでも買い物でも調べものでもできます。ところが、大きなブラックボックスがあります。「政府の予算や事業」です。
これらがキーワード検索できたら、一気に国や地方の状況や行政の中身が見えてきます。
今回、構想日本は、政府の情報の中でも核心に位置する「予算」をデータベース化したものに、検索機能をつけて誰でも使えるようにしました。

消費税増税を控え、政府にはますます税金の無駄をなくしてもらわないといけません。
それには、政治家や官僚に任せきりではなく、できるだけ多くの人が国の予算や事業をチェックするのが一番です。
もちろんJUDGIT!は、国の予算のチェックだけが目的ではありません。
ビジネスや研究、公益活動を目的とする企業や団体にとってもいろんな使い道があります。
例えば、国の事業を受注したい企業や団体にとっては、事業の特徴や競争相手を調べることができます。省エネやリサイクルなど特定の分野の補助金についても調べられます。

国がしていることについて誰もが知りたいことを知り、何かを発見する。それがJUDGIT!です。
そうやって政治・行政が多くの人にとって「自分ごと」になる。そして政治・行政は、緊張感が出てレベルが上がる。それがJUDGIT!の目指すところです。
URL :リンク

データベース化した予算とは
JUDGIT!のデータベースの基礎資料は「行政事業レビューシート」です。
「行政事業レビューシート」とは、国の省庁が行う約5,000の事業ごとに「何が目的か」「事業の内容」「予算額」「事業予算の支払先」「どんな成果があったか」など約30項目をフォーマット化して担当課が記入したシートです。2014年以来、内閣官房がエクセルでデータベース化して公表しています。(詳細は内閣官房行財政改革推進本部HPを参照( リンク ))


■JUDGIT!の使い方
主な検索手段
1.キーワード検索
好きなキーワード入れることで、そのキーワードに関係のある国の事業が検索できます。
例えば『オリンピック開催まであと約一年。オリンピック関連はどんな事業があのだろうか。』と思えば、「オリンピック」と検索してください。「事業名」「事業の目的」「事業概要」等に“オリンピック”の文字が入っている事業が検索結果として出てきます。
さらに、各省庁が行う事業を見ると『訪日外国人や障害者の移動のサポートで何かしていないか(国交省:歩行者移動支援の普及・活用の推進)』、『アスリートのサポートはどのようなことをしているのか(文科省:スポーツキャリアサポート戦略)』など、興味のあるキーワードをもとに、国が具体的に何をしているのかを深堀りできます。

2.主要支出先検索
気になる企業や団体の名前を入れることで、その企業や団体が、どんな国の事業を落札・受託しているかがわかります。

その他にも、その時々の話題のトピックスから国の事業を検索できる機能など、いろいろな面から検索できます。

検索して、気になった国の事業の何がわかるか。(例:まちづくり関連事業)
★目的や概要
[画像1: リンク ]


★年度ごとの予算
[画像2: リンク ]


★成果目標及び成果実績(アウトカム)
[画像3: リンク ]


★主要な支出先
[画像4: リンク ]



より詳しく事業の内容を知りたい方へ
JUDGIT!では、検索した事業の「行政事業レビューシート」をダウンロードすることができます。レビューシートを見ることで「資金の流れ」等より詳細を調べることができます。


■JUDGIT!はビジネス目的でも使うことができます
国の事業に関連してビジネスを行いたい企業にとっては、国が公募を行っている事業の特徴やその競争相手を調べることができます。
また、省エネやリサイクルなど特定の分野の補助金についても簡単に調べることができます。


■JUDGIT!の開発・運営
WEBサイト「JUDGIT!」の開発は、以下の4者で行いました。
・政策シンクタンク 構想日本(リンク
・日本大学文理学部情報科学科 尾上洋介研究室(リンク
・Visualizing.JP(リンク
・特定非営利活動法人ワセダクロニクル(リンク

WEBサイト「JUDGIT!」の運営は、構想日本が担っています。


■本件に関するお問い合わせ先:一般社団法人 構想日本
担当:伊藤・田中・永由・秋元
TEL:03-5275-5607
Email:judgit@kosonippon.org


■政策シンクタンク構想日本とは
「構想日本」(代表 加藤秀樹)は、「民」の立場で政策を作る、独立、非営利の組織です。私たちが直面している様々な政策テーマについて、法案や条例案など具体的な形で政策を提言し、立案化の為の活動を行っています。
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]