logo

シンガポールCrossAngle社との戦略的パートナーシップ契約締結ならびに同社提供の暗号資産ディスクロージャ・プラットフォーム「Xangle」独占顧客開拓販売開始についてのお知らせ

リンカー合同会社 2019年07月11日 12時00分
From DreamNews

リンカー合同会社(本社:東京都中野区、代表社員:箭内 実、以下当社)と、CrossAngle Pte. Ltd. (CSO / Co-Founder:ジェームス・キム、本社 シンガポール、以下CrossAngle)は、2019年7月11日に戦略的パートナーシップ契約を締結しました。
今回の戦略的提携により、当社は、CrossAngleが提供する暗号資産ディスクロージャ・プラットフォーム「Xangle」の国内での独占顧客開拓販売を開始しております。

 株式市場においては、米国ではEDGAR、日本国内ではEDINETのような適時開示のプラットフォームが存在し、健全な市場環境の基盤となっております。一方で、暗号資産市場には同様の役割を果たすプラットフォームが存在せず、市場の混乱の一因となっておりました。

 CrossAngleが提供する「Xangle」は、暗号資産分野における適時開示のプラットフォームとして、暗号資産市場の全世界での健全な成長に寄与することを目指しており、既に110以上の暗号資産プロジェクトがXangle(現在はβサービスで7月中にフルサービス開始予定)上で適時開示を開始しております。

 情報提供先としましては、韓国のKORBIT、CPDAX、GOPAX、Bithumb、Coinone, Hanbitco、Bitsonicなどの主要暗号資産取引所が導入している他、複数の世界的な主要暗号資産取引所でも導入が決定しております。

 本提携により、当社は暗号資産市場の健全化に寄与するとともに、正確かつ公正な情報流通により、国内外のブロックチェーン/暗号資産ビジネスのハブとしての活動を加速する所存です。

 今回の提携について、CrossAngleのCSO、ジェームス・キムは次のように述べています。

「株式が取引市場で公開すると、健全な株式流通のために取引市場でも情報が公開されます。 しかしながら、トークンの場合は発行後にトークン販売が公表されているにもかかわらず、暗号資産市場情報は依然として非公開のままであり、これは市場において巨大な情報の非対称性および非効率性を生み出しています。 暗号資産でも各プロジェクトがその進捗や成果を明らかにし、投資家が希望的に憶測するのではなく論理に基づいて投資決定を下すことを助け、市場に透明性と公平性をもたらす公開ディスクロージャープラットフォームをCrossAngleは提供します。日本でリンカーとの協業に行うことで、多くの信頼されたパートナーと共により健全な市場を創り出すために、私たちのビジョンを広げることと信じています。」

【リンカー合同会社について】
【商 号】リンカー合同会社
【本 社】東京都中野区
【代 表】代表社員 箭内 実
【事業内容】ブロックチェーン/暗号資産プロジェクト・マーケティング事業、ブロックチェーンサービス開発事業
【URL】リンク



【CrossAngle Pte. Ltd.について】
【商 号】CrossAngle Pte. Ltd.
【本 社】シンガポール
【代 表】CSO / Co-Founder ジェームス・キム
【事業内容】暗号資産プロジェクトディスクロージャー情報事業(Xangle)
【URL】リンク
    リンク





【本リリースに関するお問い合わせ】
【Email】info@linker.plus
【担当】箭内(やない)
【お問い合わせフォーム】リンク


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]