logo

『川後酒店第2弾 くのいちのたまご ポップなカップ酒発売イベント』モデル・プロデューサー川後陽菜氏によるオリジナル商品第2弾の発売記念イベントを7/21開催

瀬古酒造株式会社 2019年07月11日 09時16分
From PR TIMES

日本酒愛好家で「川後酒店・店主」の川後陽菜氏が、第一弾プロデュース酒「くノ一純米吟醸プレミアム」に引き続き、この度新たな日本酒「くのいちのたまご ポップなカップ酒」を手がけました。その発売記念イベントを2019年7月21日(日)に未来日本酒店EBISU-MITSUKOSHI‬にて開催します。



[画像1: リンク ]

「川後酒店」オリジナル商品第二弾は、「くのいちのたまご ポップなカップ酒 」です。

第一弾「くノ一純米吟醸プレミアム」よりもポップになって、第二弾として登場しました。川後氏がデザインを手がけたラベルは、5色展開となり、集めて並べて楽しむこともできます。180mlと小さめのサイズなので、少しだけ味わいたい方でも気軽にご購入いただけます。

「くノ一」シリーズはしっかりとしたボディで旨みが溢れながらも、甘すぎず最後にドライさを感じることができる本格派の無濾過生原酒ですが、「くのいちのたまご ポップなカップ酒」は、原酒を仕込み水とブレンドし、飲みやすくスッキリとした酒質を目指しました。まさに日本酒の初心者(たまご)が楽しめる作品に仕上がっています。なお、本作も、川後氏が広報部長を務める瀬古酒造株式会社(所在地:滋賀県甲賀市、代表取締役:上野敏幸)とのコラボ商品です。
[画像2: リンク ]

発売記念イベントは、7日21日(日) 17:00-19:00に未来日本酒店EBISU-MITSUKOSHI ‬で開催いたします。上記の2商品を合わせて税抜1万円以上ご購入の方は、川後氏と2ショット撮影ができます。整理券1枚につき、50秒間お客様の携帯でカウンター越しの川後氏と写真撮影ならびに雑談を楽しむことができます。写真撮影整理券はイベント当日11:00~お買い物がお済みのお客様へ配布いたします。(整理券は予定枚数(200枚予定)に達し次第終了となります。)
※注意事項
当日は一般のお客様も多くご来店頂きますので、ご購入目的でないお客様の店内での滞在、無断撮影などはお断りさせていただきます。

<川後陽菜氏プロフィール>
1998年3月長崎県生まれ。2011年乃木坂46の一期生オーディションに合格し、上京。グループ活動中は、川後Pの愛称でプロデュース業やファッション誌『Popteen』の専属モデルを務めた。2018年12月でグループを卒業し、現在はフリーでマルチに活動中。
[画像3: リンク ]


<川後陽菜プロデュース商品情報>
商品名:『くのいちのたまご』
製法上の特徴:日本酒
容量:180ml
アルコール度数:14度以上15度未満
メーカー希望小売価格:540円(消費税込)
企画:川後酒店
製造者:瀬古酒造株式会社

<販売店舗情報>
〇未来日本酒店 EBISU-MITSUKOSHI
所在地:東京都渋谷区恵比寿4-20-7恵比寿三越地下2階食品フロア
※東京メトロ日比谷線「恵比寿駅」及びJR各線「恵比寿駅」東口より「スカイウォーク」にて約5分
営業時間:11:00~20:00
電話番号:03-6456-2650
定休日:なし(恵比寿三越の営業に準ずる)

<総販売元:株式会社未来酒店について>
株式会社未来酒店は、世界中の人々が日本の酒を通して日本の美に触れ、人生をより充実させることができる世界を実現したい、という想いで設立された日本酒ベンチャーです。「日本の酒産業のリノベート」をテーマに、日本酒セレクトショップ「未来日本酒店」を中心に、日本酒イベント事業、オーダーメード日本酒事業、酒米生産等を展開しています。
現在、未来日本酒店は「日本酒はカッコいい」をテーマに、知名度やスペックだけではなくコンセプトやストーリーで選んだ新しい“SAKEセレクトショップ”として吉祥寺及び恵比寿(恵比寿三越内)にセレクトショップ店舗を、日本橋(日本橋三越屋上)にSAKE BARを構えています。普段日本酒になじみのない方にも気軽にオシャレに楽しんでいただける空間となっています。
また、代官山にある姉妹店「YUMMY SAKE COLLECTIVE」では、世界初のエンターテイメント日本酒バー&セレクトショップとして、「YUMMY SAKE」という人工知能を用いた日本酒の味覚タイプ判定サービスを提供しています。同サービスは、味覚という個性を可視化することにより、次世代日本酒ムーブメントのコアコミュニティとして、蔵元・飲食店・そしてお客様の幸せな出会いを作る空間を目指しています。

代表者:代表取締役CEO 山本祐也
所在地:東京都渋谷区代官山町14-11
URL:リンク
E-Mail:daikanyama@miraisake.com
事業内容:酒類販売業
[画像4: リンク ]


<醸造元:瀬古酒造株式会社について>
瀬古酒造は明治2年より、滋賀県甲賀市で地元の米と純米酒にこだわった酒造りを続けてきました。
近江の国(滋賀)の甲賀の山麓は、忍者発祥の地として知られています。また、甲賀は琵琶湖の南方、鈴鹿山系のゆたかな自然にあふれた山里です。冬の厳しい寒さと豊富な天然水が日本酒造りを育んできました。その造りはフランスのSAKEコンクールKURA MASTERではプラチナ賞を受賞するなど、今や海外でも高く評価されています。

代表者:代表取締役 上野敏幸
創業:明治2年
所在地:滋賀県甲賀市甲賀町大字上野1807番地
事業内容:酒類製造業

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]