logo

ケース厚8.9mmの“EDIFICE”スマートフォンリンクモデル

高機能でありながら従来比30%減の薄型フォルムを実現

カシオ計算機は、“Speed and Intelligence”をコンセプトとした高機能メタルウオッチ“EDIFICE(エディフィス)”より、スリムなフォルムながらもタフソーラーやスマートフォンリンク機能等を搭載した『EQB-1000YD』を8月8日に発売いたします。



[画像1: リンク ]


今回ご案内します『EQB-1000YD』は、機能を進化させながら0.01mm単位までこだわって薄型化を追求したモデルです。モジュールの各部品を薄型化するとともに、従来は基板の表裏に配置していた部品を片面のみに高密度で実装。従来のスマートフォンリンク機能搭載で最もスリムな「EQB-800」※より4.1mm薄い、ケース厚8.9 mmを実現しました。
※高度な計測機能を搭載したハイスペックモデルとして
[画像2: リンク ]


デザイン面では、フラットなベゼルにシャープな面で構成されたラグで動きをつけ、精巧感のあるスリムなフォルムに躍動感を与えています。また、発電効率を高める遮光分散型ソーラーパネルのセル形状を最適化することで、インダイアル部のみで十分な電力量が確保可能になりました。これにより、メタル製の文字板の採用を実現し、ベゼルと同様に上質さを感じさせるヘアラインの仕上げを施しました。

[画像3: リンク ]



機能面では、今回新たに「ラストラップインジケーター」を搭載。ラップタイムの計測時、前回のタイムとの差を-5から+1秒の範囲でインダイアルに指し示します。さらに、文字板には2都市のワールドタイムを同時に表示します。スマートフォンアプリと連携をすることで、正確な時刻に自動修正したり、300都市以上のワールドタイムを簡単に設定したりすることも可能です。モータースポーツに必須な時刻の正確性に加え、ストップウオッチデータ転送など、レースでも活用できる機能の充実にもこだわりました。

■EQB-1000YD 45,000円+税


[画像4: リンク ]


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]