logo

インフルエンサーパワーランキング2019【上半期】|東海オンエアの勢いが止まらない!チャンネル総再生数、第1位!個人chもブラーボりょうが第1位!

株式会社BitStar 2019年07月10日 11時30分
From PR TIMES



[画像1: リンク ]

株式会社BitStar(本社:東京都渋谷区、代表取締役:渡邉拓、以下BitStar)は、インフルエンサーマーケティングの分析ツール「IPR」にて独自集計を行った「インフルエンサーパワーランキング2019【上半期】」を発表いたしました。

なお、本リリースにおけるランキングはトップ10のみの開示になりますが、IPR(リンク)に登録いただいた企業に対してはランキングTOP100までデータ提供しますので、是非この機会にご登録ください。

今回発表する2019年【上半期】のランキング結果は以下の通りです。
1.チャンネル総再生数ランキング
2.動画再生数ランキング(総合ランキング)
3.動画再生数ランキング(人気クリエイターのみ)
4.新規開設chランキング
5.人気タイアップ動画10選
※データの調査対象メディアはYouTube、調査期間は2019年1月1日~6月30日まで、調査対象は日本国内のチャンネル登録者数1,000人以上のYouTubeチャンネルとなります。


1.チャンネル総再生数ランキング

[画像2: リンク ]

第1位は『東海オンエア』
愛知県岡崎市を拠点にする6人組グループの『東海オンエア』。
チャンネル登録者数が450万人を超えた現在もその人気は成長を続けており、登録者数は5~10万人単位で増加を続けています。書籍販売、音楽アルバムのリリースなどメンバー個人の活動の幅も広がり、グループとしてはもちろんメンバー個人への注目も高くなっています!

第2位は『タキロン Takilong Kid’s Toys』
2019年に急成長を続けるキッズ向けチャンネル。コマ撮りでおもちゃが動く動画を投稿しており、チャンネル登録数は320万人を突破しています(2019年6月末現在)。動画内は効果音やBGMが中心となってるために、言語の壁もなく、世界中の子ども達から再生されていると予想されます。

第3位は『キッズライン(ハート)Kids Line』
「ねみちゃん」と「こうくん」の姉弟が登場するキッズチャンネル。2018年にチャンネル登録者数が『HikakinTV』を超えたことが大きな話題になりました。現在はチャンネル登録者数は非公開となっていますが、動画の再生数は引き続き好調な推移となっており、これまでの動画の累計再生数は74億回を突破しています。

2.動画再生数ランキング(総合ランキング)

[画像3: リンク ]

第1位は『Story of GR Supra』
「TOYOTA GAZOO Racing」の動画が第1位。TOYOTAのCEOである豊田章男さんがスープラの歴史についてお話しています。再生数は6600万回を超えており、スポーツカーとして愛されるスープラの人気と知名度の高さが伺えます。

第2位は『たくさんの虫たちがタキロンのスポリームBOXに突入 恐竜もびっくり クモ モスラ ムカデ』
タキロンの動画に多く登場する人気アイテムの「スポリームBOX」の中に、たくさんの虫の人形やぬいぐるみ達が突入する動画です。再生数は6300万回を超えており、子供は夢中になるけれど、大人にはインパクトが強く理解が難しい動画となっています。

第3位は『King Gnu - 白日』
4人組ミクスチャーロックバンド「King Gnu」の「白日」が第3位にランクイン。バンド初となるドラマタイアップの楽曲として注目を集め、YouTubeで公開されている本動画は2019年上半期に公開されたMVとして最も再生回数が多くなっています。

3.動画再生数ランキング(動画クリエイター限定版)

[画像4: リンク ]

こちらのランキングは「動画クリエイター限定」の動画再生数ランキングとなっています。
10位までの動画の全てがキッズ向け動画となる驚愕の結果になりました。「タキロン Takilong Kids’Toys」、「キッズライン(ハート)Kids Line」という有名キッズチャンネルはもちろん、「JAIJAI TV」や「「Hane & Mari's World Japan Kids TV」といった人気急上昇中のチャンネルもランクインしています。
ここまで動画の再生数が伸びる要因としては、1.日本の子供だけでなく、世界中の子供達が動画を視聴している、2.子供は同じ動画を繰り返し視聴する傾向があり、再生回数がどんどん増えているという2つの要因が考えられます。
キッズ向け動画は再生回数の多さから、色々な新規チャンネルが増えてきており、2019年下半期のランキングがどうなっているかが楽しみです。

4.新規開設chランキング

[画像5: リンク ]

第1位は『ブラーボりょうのボンサバドゥ!チャンネル』
大人気グループの『東海オンエア』のメンバーとして活動している「りょう」さんの個人チャンネルが第1位。チャンネル登録の伸び、動画の再生数ともにロケットスタートとなりました!元々個人チャンネルを開設していた他メンバーを追い越す結果となり、りょうさんの人気の高さが伺えました。

第2位は『藤田ニコル』
モデルの「藤田ニコル」さんのチャンネルが第2位です。メイク動画を中心に色々な動画をアップしており、モデル活動やアパレルブランドのプロデュースなどマルチに活躍する藤田ニコルさんの更なる新しい面が見えそうで、今後のクリエイターとしての活動、動画内容にも注目が集まっています。

第3位は『なこなこチャンネル』
「こーくん」と「なごみさん」の2人で運営されている『なこなこチャンネル』が第3位にランクイン。instagram、TikTokにて人気だった2人が2019年3月にチャンネルを開設。2人の仲良しな姿にハマる視聴者が続出。200万再生を超える動画もあり、下半期の更なる成長に期待されています。

5.人気タイアップ動画10選

[画像6: リンク ]

1位は『荒野行動』
2018年の年間タイアップランキングも第1位となっていましたが、2019年上半期も第1位になりました。『まひとくん 。□』『オパシの実況チャンネル 』といった人気クリエイターが定期的に動画をアップしています。2019年6月には人気アニメのエヴァンゲリオンとのコラボイベントも開催され、大きな話題となりました。

2位は『モーリーファンタジー』
イオンファンタジーが運営する『モーリーファンタジー』が第2位にランクイン。『ボンボンTV』や『のえのん』など子供達から人気のあるクリエイターを数多く起用しています。人気クリエイターとのコラボ景品も多く、全国の店舗で子どもたちから大人気となっています。

3位は『ファッションセンターしまむら』
株式会社しまむらの『ファッションセンターしまむら』が第3位にランクイン。日本を代表するクリエイターのHIKAKINさん、TikTokerとして絶大な人気をもつHinataちゃんなど人気クリエイターとのコラボ商品も販売開始され、2019年下半期の展開が楽しみです。

BitStarでは「Influencer Power Ranking(IPR)」の開発を軸に、YouTube、Instagram、Twitter、LINE LIVEを対象として、インフルエンサーの影響力や投稿に関する実績情報などのビッグデータを収集・解析することで、企業のマーケティングをサポートしています。

今回の調査結果を含めて様々なデータを保有しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

====================
■Influencer Power Ranking(IPR)
URL:リンク
利用料金:基本無料(一部月額会員向けコンテンツあり)
無料会員向けコンテンツ:インフルエンサーの詳細閲覧、インフルエンサー検索の基本ソート、など
有料会員向けコンテンツ:インフルエンサー毎の案件実績詳細閲覧、インフルエンサー検索の応用ソート、インフルエンサーを活用したPR実績の閲覧など

■IPR REPORT
URL:リンク
マーケター向けに、インフルエンサー・マーケティングに関連する知見を発信するWEBマガジンです。


■株式会社BitStarについて
「インフルエンサーが活躍できるインフラをつくる」というビジョンのもと、広告、プロダクション、メディア制作の3領域×テクノロジーでインフルエンサーマーケティングのトータルソリューションを展開。インフルエンサーを軸とした新しいコンテンツ産業をつくるべく今後も様々な事業を展開予定。

株式会社BitStar (ビットスター)
URL: リンク
本社:東京都渋谷区渋谷2-17-5 シオノギ渋谷ビル6F
代表取締役:渡邉 拓
設立:2014年7月
事業内容:インフルエンサーマーケティング事業
・インフルエンサーと企業のマッチングプラットフォーム「BitStar」:リンク
・インフルエンサープロダクション「E-DGE」:リンク
・プランニング・分析ツール「Influencer Power Ranking」:リンク
・ファンコミュニティサービス「costar」:リンク
・VTuber事業
・YouTube番組制作事業
・SAPPORO COLLECTION:リンク
・ライバー事業「メゾワン」:リンク

■本リリースに関する問い合わせ
株式会社BitStar(ビットスター) 広報担当:本田
MAIL:info@bitstar.tokyo
電話番号:03-4520-5777

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]