logo

ニュージーランド航空、プラスチック製品削減量を2倍に設定

ニュージーランド航空 日本地区 2019年07月09日 13時31分
From PR TIMES

ニュージーランド航空は、今年12月までに業務で使用している使い捨てプラスチック製品の削減数(予定)を、2,400万個からおよそ5,500万個へ2倍以上に引き上げました。

『脱プラスチック月間』(Plastic Free July)の取り組みとして、7月にニュージーランド航空では、ビジネス・プレミアとプレミアム・エコノミークラス、そしてタスマン路線、太平洋諸島路線の「Works Deluxe」サービス*にて、飛行時間が5時間以内のフライトにおける個別のペットボトルを廃止しました。これにより、年間46万本以上のペットボトル埋め立てを回避し、航空機の重量を減らすことで年間30万kg以上のカーボン排出量削減が見込まれます。

お食事の際ご提供するソースのプラスチック個包装パックは、北米(本土)および香港路線のビジネス・プレミアにおいて廃止段階にあり、10月末までに全路線において完全廃止となります。再利用可能な小皿を用いてソースをご提供することで、毎年約20万個のプラスチック個包装パックの埋め立てを回避できる見込みです。

さらにニュージーランド航空は、9月からプラスチック製のウォーターカップをリサイクル可能な素材へと移行していく一方で、10月より国内線および国際線において、プラスチック製のコーヒーカップから植物製のカップへ切り替えを開始します。これまでは、カップ使用の大半を占める国内線でのコーヒーカップとウォーターカップをコミットメントの対象としていましたが、今後、国際線にも環境への負荷が少ないカップの導入を拡大することで、今年中に代替されるカップの総数は1,470万個から4,450万個まで増えます。

ニュージーランド航空のサステイナビリティ担当マネジャー代理アナ・パラレは、現在ニュージーランドでは堆肥化できるインフラの不足が課題であることから、自社購入する使い捨てプラスチック製品の数量削減に重点を置くとして、次のように述べています。

「使い捨てプラスチックは、私たちとお客様にとって非常にタイムリーかつ目に見える課題です。『脱プラスチック月間』をこのような進捗でお祝いすることができ、大変嬉しく思います。ニュージーランドでは堆肥化できるインフラの欠如が課題であることから、私たちはまず自社購入する使い捨てプラスチック製品の量を減らすことに焦点を当てました」

「日に日にお客様が、マイボトルを機内でお使いになったり、カップを複数回お使いになったりする光景を目にする機会が増え、素晴らしいことだと思います。より多くのお客様に実践いただけるよう、客室乗務員もリフィルをお持ちしてサポートいたします」とパラレは話します。


[表1: リンク ]



[表2: リンク ]



*Works Deluxe 受託手荷物の個数増、優先チェックイン、優先搭乗などビジネス向けのサービス。

※本件は、2019年7月8日にニュージーランドで発表されている内容です。

【ニュージーランド航空について】
ニュージーランド航空は、1940年に設立された国際航空会社です。ニュージーランド国内をはじめ、アジア太平洋を含む18ヶ国50都市以上への直行便を運航し、スターアライアンスに加盟しています。日本からニュージーランドへ直行便を運航する唯一の航空会社でもあります。ニュージーランド国内は玄関口のオークランドを中心に約20都市を結び、また、全日空とのコードシェア便により、日本各地からの乗り継ぎも便利です。同社は、AirlineRatings.comの「エアライン・オブ・ザ・イヤー」(2014年から5年連続)、「ベスト・プレミアム・エコノミー」(2014年から6年連続)や、2017年に新設されたトリップアドバイザー「トラベラーズチョイス™ 世界の人気エアライン」をはじめ、毎年数々の賞を受賞しており、安全性、定時性、サービスのクオリティ、環境への配慮など様々な面で高い評価を受けています。

公式ホームページ:リンク
Facebook:リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]