logo

株式会社ヨウジヤマモト オフィシャルECサイト限定ブランド S'YTE (サイト) x Kazuo Umezz (楳図かずお) Collaboration Series 7月11日より展開スタート

株式会社ヨウジヤマモト 2019年07月09日 17時40分
From PR TIMES



[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]


株式会社ヨウジヤマモト オフィシャルECサイト限定ブランド「S’YTE(サイト)」は、「Made in JAPAN」のクオリティにこだわった上質なカットソーを中心に、ヨウジヤマモト社らしい“カッティング”と“シルエット”を継承しながらもより身近なリアルクローズを提案します。

今回は日本のホラー漫画の第一人者「楳図かずお」とのコラボレーションが実現。
「S'YTE」のグラフィックの要素の核となるコンセプトの一つ「ホラー」と、連載開始から今年で45周年となる戦慄の大傑作漫画「洗礼」との親和性の高いコラボレーション作品は、
楳図かずおの描いた扉絵に色背景をプラスしてコラージュアレンジしたデザインとなっています。

7月11日(木)よりヨウジヤマモトECサイト“THE SHOP YOHJI YAMAMOTO”
リンクにて展開スタートします" target="_blank" rel="nofollow">リンクにて展開スタートします。
株式会社ヨウジヤマモトのオフィシャルECサイト限定ブランド「S’YTE(サイト)」は、「Made in JAPAN」のクオリティにこだわった上質なカットソーを中心に、ヨウジヤマモト社らしい“カッティング”と“シルエット”を継承しながらもより身近なリアルクローズを提案します。
[画像3: リンク ]



Baptism Blue Moon and Cat
海外版の表紙で使用された扉絵をブラックの背景に、モノクロの強力な目力手のポーズが黒猫を彷彿とさせる。ヨウジブルーの三日月が印象的。


[画像4: リンク ]



Baptism in the Back of the Door
ぬいぐるみを大事に抱えてドアを開けるどこか不安げな表情が愛くるしさと同時に今起こっている実に戸惑う姿が感傷的な一枚


[画像5: リンク ]



Baptism Blood and Tears in Sakura
桜柄のワンピースを着た主人公の目からは血の涙が。背景に
後光が指す中、どこか切なさと悲しみを背負う感傷的。
[画像6: リンク ]



Baptism Pink Flower Necklace
風になびく髪と大人びた姿が印象的。花びらがネックレスの様に散っていくネオピンクのカラーが幸せな今と未来を彷徨う


[画像7: リンク ]



30s Coma Burberry Holding a Brain Zipper Shirt

あまりに有名でセンセーショナルな絵。唯一のシャツはジッパー仕様の半袖にバックプリント。ヨウジヤマモト社伝統の円形サークルの赤い背景は日本の国旗を思わせる。彼女が手に持ったありのままの姿はあまりに鮮烈で衝撃的、そして傑作と言わざるを得ない。


■ 価格:Tシャツ 4型 ¥6,600 (税別)、シャツ 1型 ¥13,000 (税別)
■ サイズ:Tシャツ:S, M, L  シャツ:フリーサイズ
■ 展開時期・展開店舗:7月11日(木)より、株式会社ヨウジヤマモトECサイト
“THE SHOP YOHJI YAMAMOTO”(リンク)にて展開スタート
■ 本コラボコレクションをお買い上げいただいたお客様先着にて
■「S’YTE x Kazuo Umezzオリジナルステッカー」をプレゼント
(数量限定につき無くなり次第終了)
[画像8: リンク ]


■ お客様お問い合わせ先:ヨウジヤマモト プレスルーム TEL: 03-5463-1500

<洗礼>
神をも畏れぬ所業、母娘の“生"の交換を描いた、楳図かずお戦慄の大傑作!
2019年は、連載開始『45周年』
あらすじ: 幼い頃からその美貌でスター街道を歩み、永遠の聖美女と呼ばれ る女優・若草いずみ。 だが、人知れぬ彼女の素顔には、残酷な老いの痕がはっきりと広がっていた。 美しさを失うことを異常なまでに恐れるいずみは、ある夜絶望から半狂乱とな り、幼いころからの主治医であるひとりの男を自宅へ呼ぶ。 そしてその夜から、“永遠の聖美女"は突然自分の子供を欲しがり始め…?


楳図かずお(漫画家)
*プロフィール
1936年、和歌山県高野山に生まれ、奈良県で育つ。
小学校4年生で漫画を描き始め、高校3年生の時、『別世界』『森の兄弟』をトモブック社から単行本で
出版し、デビュー。『へび少女』『猫目小僧』などのヒット作により、“ホラーまんがの神様”と呼ばれる。
『漂流教室』で小学館漫画賞受賞。一方、『まことちゃん』でギャグの才能も発揮。作中のギャグ、
“グワシ”は社会現象となった。このほか、『おろち』『洗礼』『わたしは真悟』『神の左手悪魔の右手』
『14歳』など、数多くのヒット作を生み出す。
その他、タレント、歌手、映画監督など多数の肩書きを持ち、様々なジャンルで活躍中。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]