logo

バングラデシュ:モンスーンによる豪雨、ロヒンギャ難民キャンプ直撃【プレスリリース】

公益財団法人日本ユニセフ協会 2019年07月09日 17時40分
From PR TIMES

土砂災害や洪水、すでに3万8,000人に影響



[画像1: リンク ]



【2019年7月8日 コックスバザール(バングラデシュ)/ジュネーブ 発】

ユニセフ(国連児童基金)ジュネーブおよびバングラデシュ事務所から届いた、モンスーンの影響を受けるロヒンギャ難民の最新状況について抜粋してお伝えします。

* * *

何日間も続いたモンスーンの豪雨による洪水、土砂災害や強風が難民キャンプを直撃し、数千人が避難を余儀なくされ、何千件もの仮設住居が損壊し、悲惨なことに女性1人と幼い男の子が命を落としました。

巨大な難民キャンプの一部では、先週の3日間だけで、6月または7月の平均月間降雨量に相当する500ミリ以上の降雨を記録しました。脆弱な難民キャンプで活動するユニセフなどの人道支援団体は、今後数日間さらなる降雨が予想されることから、警戒を高めています。

2017年8月に難民の大量流入が始まってから2度目のモンスーンの季節を迎えたバングラデシュには、約100万人のロヒンギャ難民が暮らしています。

人道支援団体はこの数週間に数十カ所で小規模の土砂災害を確認しています。また、ロヒンギャ難民の人道支援にあたる国連機関およびNGO団体の部門間調整グループ(ISCG)によると、4月中旬から、3万8,000人以上が土砂災害、嵐、および洪水の影響を受け、そのうち4,400人が避難生活を余儀なくされています。

[画像2: リンク ]

<バングラデュ事務所からの報告>
コックスバザールの低地にある難民キャンプと受け入れコミュニティは、この4日間の豪雨により土砂災害と広範囲における洪水に見舞われています。特にロヒンギャ難民キャンプの状況は悪く、3,000以上の家族が影響を受け、その多くが高台の避難所に移っています。

難民キャンプ内での洪水と土砂災害のために、500以上の学習センターが一部損壊しています。これらの学習センターが修復あるいは再建されるまで、5万人近くの子どもたちの教育が中断されることになります。給水所数カ所ならびにトイレ520個が損壊し、1万500人の水と衛生サービスが中断され、下痢性疾患の危険が生じています。

ユニセフは緊急時に備えて、モンスーン季節の始めから、パートナー団体と協力して、緊急支援物資を事前に手配しています。この備蓄により、今回の長引く降雨による影響に対して、迅速に対応することが可能になっています。

私たちは現在、長引く雨の影響を受ける何千人の子どもたちとその家族を守ることを重点的におこなっています。ユニセフは、子どもたちと家族に基本的な人道支援物資の配布を開始し、水と衛生施設ならびに学習センターの修復・再建を開始しました。しかし、学習センターを再開し子どもたちが教室に戻れるようになるためには、まだ多くの活動が必要です。影響を受けるすべての子どもたちに支援を届けるためには、皆様の支援が必要です。

* * *

■ユニセフについて
ユニセフ(UNICEF:国際連合児童基金)は、すべての子どもの権利と健やかな成長を促進するために活動する国連機関です。現在190の国と地域※で、多くのパートナーと協力し、その理念を様々な形で具体的な行動に移しています。特に、最も困難な立場にある子どもたちへの支援に重点を置きながら、世界中のあらゆる場所で、すべての子どもたちのために活動しています。( www.unicef.org )
※ユニセフ国内委員会(ユニセフ協会)が活動する34の国と地域を含みます
※ユニセフの活動資金は、すべて個人や企業・団体からの募金や各国政府からの任意拠出金で支えられています

■日本ユニセフ協会について
公益財団法人 日本ユニセフ協会は、先進工業国34の国と地域にあるユニセフ国内委員会のひとつで、日本国内において民間として唯一ユニセフを代表する組織として、ユニセフ活動の広報、募金活動、政策提言(アドボカシー)を担っています。( www.unicef.or.jp )

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]