logo

照明制御による快適空間演出を実現する「WiLIA(ウィリア)無線調光シリーズ」を発売

パナソニック 2019年07月09日 13時40分
From PR TIMES



[画像: リンク ]

パナソニック株式会社 ライフソリューションズ社(以下、パナソニック)は、照明制御による快適空間演出を実現する無線調光システム「WiLIA(ウィリア)無線調光シリーズ」を2019年8月1日より順次発売します。無線通信なので調光信号線が不要で省施工。専用タブレットによる多彩な演出運用が可能で、中規模のオフィス・商業施設・工場・倉庫など非住宅市場全般のリニューアルにおすすめです。

近年、オフィスでは働き方改革への対応としてフリーアドレス化やレイアウト変更、商業施設では魅力ある店舗づくりのための改装などが実施されています。施工現場においては、電気工事士の不足により、省施工ニーズが高まっています。「WiLIA無線調光シリーズ」は、そのような社会トレンドに対応して開発しました。

本シリーズは、専用の無線調光コントローラ「マルチマネージャーEx」、設定操作用タブレット、専用照明器具などで構成されます。従来の有線調光システムで必要だった信号線工事が不要のため、照明器具を取り替えてコントローラなどを設置するだけで、省施工・短工期で調光システムを導入できます。通信の周波数帯は2.4 GHz帯よりも信頼性の高い920 MHz帯を採用。通信距離による減衰、反射や回折による減衰が少なく、無線LANなど使用機器が多い2.4 GHz帯と比べて、混信などの外乱影響を受けにくい周波数帯です。併せて、多回路の照明制御でも通信障害が起きにくいパナソニック独自の通信プロトコルを開発しました。

施工後にレイアウト変更があった場合でも、タブレットで再設定できるので、将来の照明環境の変更にもフレキシブルに対応できます。専用タブレットによる直感的な操作で、調光操作や照明器具のグルーピング変更、スケジュール設定などを簡単にできます。オフィス、商業施設、工場、倉庫などに使用されるベースライト、ダウンライト、スポットライトなど専用照明器具約2,000品種を2019年度中に発売します。

パナソニックは、無線による省施工化でリニューアル市場を活性化し、つながる「あかり」による快適空間ソリューションを目指します。

【WiLIA】Wireless Lighting Interface with Address

<特長>
1. 通信信頼性の高い920 MHz帯を採用し、多回路個別制御に適した独自の無線通信プロトコルを開発
2. 簡単に操作できる専用タブレットで、施工後のレイアウト変更にもフレキシブルに対応
3. オフィス、商業施設、工場、倉庫におすすめの専用照明器具を順次発売

【品名】WiLIA(ウィリア)無線調光シリーズ マルチマネージャーExシステム
【システム構成】マルチマネージャーEx、LS/無線信号変換インターフェース、設定操作用タブレットEx、WiLIA専用照明器具(ベース照明、ダウンライトなど)
【発売日】2019年8月1日より順次

【お問い合わせ先】
照明と住まいの設備・建材 お客様ご相談センター
フリーダイヤル:0120-878-709(受付9:00から18:00)

パナソニック株式会社 ライフソリューションズ社 ライティング事業部 ライティング機器BU
制御機器:調光システム商品部 営業企画課/WiLIA専用照明器具:施設防災商品部 営業企画課
電話:06-6908-1131(代表受付 9:00から17:30)

全文は以下プレスリリースをご覧ください。
▼[プレスリリース] 照明制御による快適空間演出を実現する「WiLIA(ウィリア)無線調光シリーズ」を発売(2019年7月9日)
リンク

<関連情報>
・WiLIA無線調光シリーズサイト
リンク
・WiLIA無線調光シリーズ 説明動画(ショート版)(動画)
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]