logo

光学10倍の高倍率ズームレンズ“RF24-240mm F4-6.3 IS USM”を発売

広角から望遠まで幅広い焦点距離で高画質を実現

キヤノンは、「EOS Rシステム」の核となる交換レンズ「RFレンズ」の新製品として、広角24mmから望遠240mmまでカバーする高倍率ズームレンズ“RF24-240mm F4-6.3 IS USM”を2019年9月上旬より発売します。



[画像: リンク ]



“RF24-240mm F4-6.3 IS USM”は、幅広い撮影シーンに対応する高倍率ズームレンズです。「RFマウント」の特長である大口径・ショートバックフォーカス(※1)により、画面の中心部から周辺部まで優れた描写性能を実現しています。また、フルサイズセンサー対応の高倍率ズームレンズでありながら、小型・軽量を追求した設計により旅行などさまざまなシーンで気軽に携行することができます。

■ 焦点距離24mmから240mmの光学10倍ズームで幅広い撮影シーンに対応
広角24mmから望遠240mmまでの幅広い焦点距離をカバーする光学10倍ズームを実現し、旅行をはじめ、スナップや風景、ポートレートなど幅広い撮影シーンに対応します。また、シャッタースピード換算で約5段分(※2)の高い手ブレ補正効果を実現し、望遠や夜景などの手ブレが発生しやすいシーンでもブレを抑えた撮影が可能です。

■ 画面中心部から周辺部にわたる優れた描写性能と小型・軽量化の両立
「RFマウント」の特長である大口径・ショートバックフォーカスの利点を生かし、レンズ群の後端(カメラ側)に大きなレンズを配置することで、画面の中心部から周辺部までの高い描写性能と小型・軽量化の両立を実現しています。また、「UDレンズ(※3)」と「非球面レンズ」の採用により、画像劣化の原因となる諸収差を低減し、高画質を実現しています。

■ 超音波モーター「ナノUSM」搭載により快適な静止画・動画撮影を実現キヤノン独自開発の超音波モーター「ナノUSM」を搭載し、AF(オートフォーカス)を高速化しています。さらに「EOS Rシステム」のミラーレスカメラに搭載している「デュアルピクセルCMOS AF」との組み合わせにより、静止画撮影時における高速・高精度AFと動画撮影時における滑らかなAFを実現しています。


[表: リンク ]



※1 最後部のレンズ面の頂点から撮像面までの光軸上の距離が短いこと。
※2 焦点距離240mm、「EOS R」使用時。CIPA規格に準拠。
※3 「UD(Ultra low Dispersion=特殊低分散)ガラス」を用いたキヤノン独自のレンズ。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]