logo

Wunderman Thompson Tokyoがシニアリーダーシップメンバーをアナウンス

ジェイ・ウォルター・トンプソン・ジャパン合同会社 2019年07月08日 17時40分
From PR TIMES



Wunderman Thompson Tokyoがシニアリーダーシップメンバーをアナウンス
2019年7月8日於東京

Wunderman Thompson Tokyoは本日、 J. Walter Thompson (JWT) JapanとWunderman Japanの統合により設立された新エージェンシ―を運営していく6名のシニアリーダーを発表した。


[画像: リンク ]



この新たなシニアリーダーシップチームが共になることで、クリエイティビティ、カスタマー・エクリペリンス(CX)、データ&テクノロジーという広範囲に渡るWunderman Thompsonのネットワークのケイパビリティを野心的な日本のクライアントたちに対して活用していき、これらの領域における専門性を日本のマーケットでさらに強化していくことを目指す。

Wunderman Thompson TokyoのCEOには前JWT Managing Directorの北島広宣が就任する。2009年に同ネットワークに入社、多岐にわたるカテゴリーでブランディング、IMCコミュニケーション、ダイレクト・マーケティング、フィールドマーケティングなどを経験している。

共同Managing Directorには前JWT General Managerの市原巧、および前Wunderman Japan Managing DirectorのAlexandra Benevilleが就任する。市原は新入社員としてJWTに入社し2013年にGMに就任。ブランディングに従事し日本独自のブランディングメソッド、ブランドナーチャリングの開発に携わった。また、アレックス(Alexandra)は2006 年からWundermanに在籍、米国と日本の両方で勤務。専門分野は、デジタル、CRM、データ・アナリティクス、コマース、ヘルスケア・マーケティングに渡る。

Chief Creative Officerには元TBWA/HAKUHODOのSenior Creative Directorの新沢崇幸が就任する。新沢は博報堂、TBWA/HAKUHODO、およびロサンゼルスのTBWA/Chiat/Dayを経て、2019年、J. Walter ThompsonのCCOに就任。2014年、日本広告業協会が選ぶ「クリエーター・オブ・ザ・イヤー」に選出される。2018年、カンヌライオンズFilm部門審査員。

Chief Financial Officerには井口和弘が就任する。JWT Japanで8年、それ以外にもFellows、Tequila、Ferragamoなど様々な企業の勤務経験を持つ。

Chief Human Resources Officerには坂井亜由美が就任する。2018年からJWTおよびWunderman Japan両社のHR統括を担当しており、外資系金融、不動産、医療、コンサルタント会社等でタレントマネジメントを含む、20年以上の多岐にわたる人事経験を持つ。

各マネジメントは今回の合併に関して、以下のようにコメントしている。
北島:「日本においてブランディング、クリエイティビティ、データ&テクノロジーを融合したカンパニーとしてオンリーワンの存在であることを実証していきます。」
市原:「両社の強みを融合することにより、特に日本企業に対してグローバルレベルで成長を促す最先端のマーケティング・ソリューションを提供していきます。」
Beneville:「我々が一緒になることでクリエイティブ、データ、テクノロジーのエキスパートが終結した素晴らしいチームを作ることが可能になります。偉大なアイディアやソリューションをクライアントがこれからも求め続ける限り、このチームこそがマーケットのニーズに応えることができます。」
新沢:「世界最強のデータインプットをベースに、新時代のクリエイティブをドンドン生みだしていきます。」
坂井:「人材は会社にとって貴重な財産です。人材戦略は弊社にとって優先事項の一つです。」

また、Wunderman Thompson APAC CEOのAnnette Maleも以下のようにコメントしている: 「日本には多くのオポチュニティが存在しており、そして上を目指す野心的なブランドも多く、既に国内マーケットの先へと成長を促進するために当社とパートナーシップ関係を結んでくださっています。Wunderman Thompsonは質の高い優秀な人材を多様に抱えており、先日に起用されたChief Creative Officerの新沢もその一人です。つまり、当社は日本で既にケイパビリティを成功させており、その上で今後さらに強いポジションを築いてまいります。」

なお、Wunderman Thompsonとしての法人登記は年内を予定している。


会社情報
【Wunderman Thompsonについて】
Wunderman Thompsonは、クライアントに対して成長のインスピレーションを与えるべく設立されたクリエイティブなデータ&テクノロジーのエージェンシーです。ニューヨークに本社を置き、クリエイティブ、データ、コマース、コンサルティング、テクノロジーのサービスを通して、グローバル規模でのエンド・トゥ・エンドのソリューションを提供します。
Wunderman Thompsonは両社で90カ国において20000名以上のクリエイティブ、データ・サイエンティスト、ストラテジスト、テクノロジストを抱えています。

本社所在地:〒150-6030 東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー30階
代表電話:03-3280-9500

サテライト所在地:150-0013 東京都渋谷区恵比寿2-36-13 広尾MTRビル B1F
代表電話:03-4485-3900


問い合わせ先
【日本】
電話番号:03-3280-9570(広報)
内山 yuko.uchiyama@jwt.com
飯村 munenori.iimura@jwt.com

【アジア・パシフィック】
PR & マーケティング・リーダー:マグズ・オズボーン
電話番号:+65 9889 8824
Eメール: magz.osborne@wundermanthompson.com

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]