logo

ミステリ作家が恋のお話を書いたわけ。「恋の絵本」刊行記念、辻村深月×瀧井朝世トークショー、7/29下北沢にて開催!

株式会社 岩崎書店 2019年07月08日 13時15分
From PR TIMES



[画像1: リンク ]


恋愛観や結婚観、ジェンダー観が変わりつつある今、“人を好きになる”という、純粋な気持ちを肯定しつつ、現代の感覚に響く恋を描いたシリーズが、岩崎書店から刊行されました。

その第1弾として2冊同時発売したのが、桜庭一樹さん作・嶽まいこさん絵の『すきなひと』と、辻村深月さん作・今日マチ子さん絵の『すきって いわなきゃ だめ?』です。

「恋の絵本」シリーズの刊行スタートを記念し、作家の辻村深月さん、シリーズ監修を務めたライターの瀧井朝世さん、岩崎書店編集部の堀内日出登巳による、トーク&サイン会を開催いたします。
人気作家が執筆する「恋の絵本」シリーズのこと、辻村深月さん初の絵本となる『すきって いわなきゃ だめ?』に込めた思いなど、さまざまなお話をしていただきます。

ミステリ作家の描く「恋」とは、いったいどんなものなのか?
「幼い頃からの恋愛に関する疑問の答えを考えてみた」という辻村深月さんの、貴重な創作秘話が聞けるまたとないチャンスです。ぜひご参加ください!

サイン会では『すきって いわなきゃ だめ?』の画家、今日マチ子さんと、同シリーズ『すきなひと』(桜庭一樹・作)の画家、嶽まいこさんにも加わっていただきます!

◆『すきって いわなきゃ だめ?』刊行記念 
辻村深月×瀧井朝世×堀内日出登巳トークショー「ミステリ作家が恋のお話を書いたわけ」

【日 時】2019年7月29日(月)20:00~22:00 (19:30開場)
【会 場】本屋B&B リンク
東京都世田谷区北沢2-5-2 BIG ビッグベンB1F TEL:03-6450-8272
【参加費】前売り:2,000円+1ドリンク(500円)
当日店頭:2,500円+1ドリンク(500円)
※当日券については、事前予約で定員に満たない場合のみ販売となります。事前予約で定員に達した場合は、当日券の販売はございませんので予めご了承ください。
【申込み】本屋B&Bイベントページ「イベントのご予約はこちらから!」のリンクより、PassMarketサイトにてお申し込みください。
【お問合せ】本屋B&B TEL:03-6450-8272

◆出演者
辻村深月(作家)、瀧井朝世(ライター)、堀内日出登巳(絵本編集者)

★サイン会のみ
今日マチ子(漫画家)
嶽まいこ(イラストレーター・漫画家)

◆登壇者プロフィール
辻村深月(つじむら・みづき) 『すきって いわなきゃ だめ?』作者
1980年山梨県出身。2004年『冷たい校舎の時は止まる』で第31回メフィスト賞を受賞しデビュー。2011年『ツナグ』で第32回吉川英治文学新人賞、2012年『鍵のない夢を見る』で第147回直木賞、2018年『かがみの孤城』で第15回本屋大賞を受賞。

瀧井朝世(たきい・あさよ) 「恋の絵本」シリーズ企画監修者
1970年東京都出身。慶應義塾大学文学部卒業。出版社勤務を経てライターに。WEB本の雑誌「作家の読書道」、『きらら』『週刊新潮』『anan』『クロワッサン』などで作家インタビュー、書評などを担当。TBS系「王様のブランチ」ブックコーナーのブレーンを務める。著書に『偏愛読書トライアングル』『あの人とあの本の話』。

堀内日出登巳(岩崎書店編集部)

[画像2: リンク ]

◆書籍情報
書名:『すきって いわなきゃ だめ?』 
作者:辻村深月・作/今日マチ子・絵
体裁:A4変型判/32頁/ハードカバー  定価:本体1,500円+税
ISBN:978-4-265-02242-7  対象年齢:3歳~一般  
発売日:2019年5月21日
◎岩崎書店HP リンク  ◎Amazon リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]