logo

「センコロール コネクト」Anime Exp2019でファン熱狂!

株式会社アニプレックス 2019年07月05日 19時40分
From PR TIMES

Anime EXPO 2019 U.S.プレミア上映会イベント レポートご紹介



――スクリーンからほとばしる、奔放なイマジネーションに圧倒される

マンガ家・イラストレーターとして活躍し、『つり球』、『デジモンアドベンチャー tri.』のキャラクターデザインでも知られるクリエイター・宇木敦哉がほぼ1人で作り上げた本作は、2009年公開時、ファンの熱狂的な支持を得ました。

プロジェクト開始から10年……。伝説の第1作と、その直接の続編となる第2作を合わせた『センコロール コネクト』が、新たに私たちの前に姿を現す。緻密に組み上げられたビジュアルセンス、繊細さと凶暴さを併せ持った縦横無尽なアニメーション、そして更にスケールアップし、謎が謎を呼ぶ魅惑的な世界観。前作に続き、音楽は全編 ryo (supercell) が手掛け、公開当日には約6年ぶりの新曲が主題歌であることが発表され、大きな話題となりました。

6月29日(土)から全国6館のスクリーンで封切られた本作は6月29日、30日のミニシアターランキング(興行通信社)で2位を獲得! 国内最大級の映画レビューサービス『Filmarks』の6月第5週公開映画の初日満足度ランキングでは「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」に続く第2位に、ぴあ映画初日満足度ランキングでは満足度90点を超え第6位。SNS上でも絶賛の声が後を絶ちません! また、公開に合わせて開催された宇木敦哉初の個展「ukix temp」は、7日間の会期にもかかわらず来場者が1400人を超え、オリジナルグッズや図録は売り切れが続出しました。

そしてこの度、7月4日から7日までアメリカ・ロサンゼルスにて開催中の、北米最大のアニメコンベンション『Anime Expo 2019』にて、現地時間4日15時より《センコロール コネクト U.S.プレミア上映会》が行われました。
前作「センコロール」は北米では試写のみ行われていたということもあって、会場のJW Marriott DiamondBallroomには、作品の上映を待ちかねた約500人のファンが詰めかけました。上映中はアクションシーンやセンコの動きに大きな歓声があがり、エンドロール後、観客からは大きな拍手が送られました。上映後には監督の宇木敦哉とプロデューサーの林健一が登壇。公開後の日本でのファンの反応や、劇伴の制作秘話など、作品に関する様々な質問に答えました。北米での上映、また続編の制作に話題が上ると、観客からは待望の声が上がりました。
最後に宇木監督から上映会に来場した北米のファンに感謝を伝え、イベントは幕を閉じました。
[画像1: リンク ]



[画像2: リンク ]



[画像3: リンク ]


≪映画『センコロール コネクト』U.S.プレミア上映会@Anime Expo 2019≫
●日時:7月4日(木)15時~※現地時間
●場所:Video 1 / JW Marriott Diamond Ballroom
●登壇者(敬称略):宇木敦哉 (監督)、林健一プロデューサー(アニプレックス)

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]