logo

4月から伊豆で実施 日本初「観光型MaaS」実証実験のPhase1結果報告

東急電鉄 2019年07月05日 17時40分
From PR TIMES

7・8月は専用アプリ「Izuko」の提示で、夏の伊豆観光がお得に!

 東京急行電鉄株式会社、東日本旅客鉄道株式会社、株式会社ジェイアール東日本企画は、国内外観光客が、鉄道、バス、AIオンデマンド乗合交通、レンタサイクルなどの交通機関を、スマートフォンで検索・予約・決済し、目的地までシームレスに移動できる2次交通統合型サービス「観光型MaaS」の実証実験(以下、本実証実験)を、2019年4月1日に伊豆エリアで開始しました。



 本実証実験は、4月1日~6月30日までの「Phase1」と、9月1日~11月30日までの「Phase2」の2回、計6カ月間行われます。今般、「Phase1」の終了を受け、実験結果の詳細をお知らせするとともに、本実証実験が休止する7月~8月においても、専用MaaSアプリケーション「Izuko」(以下、「Izuko」)を伊豆急行線沿線で提示すると受けられる、さまざまな特典内容をご紹介します。
 
 「Phase1」では、静岡デスティネーションキャンペーンの好影響もあり、「Izuko」の認知が拡大し、ダウンロード数が当初6カ月間の目標値であった2万ダウンロードを、実証実験開始後57日目である5月27日に達成するなど、好調に推移しました。
 また6カ月間で計1万枚の販売を目指す、鉄道とバスが一定エリアで乗り放題となるデジタルフリーパスと、観光施設の割引入場券の機能を持つデジタルパスについては、計1,045枚という結果でした。また下田地区で新たに運行した「AIオンデマンド乗合交通」の利用者は、延べ1,051人(運行日数81日。1日平均13人)という状況でした(表1参照)。
 9月から開始する「Phase2」では、「Izuko」の操作性を向上させ、サービスエリアを拡大させることで、より多くの方にご利用いただけるよう、鋭意取り組んでいきます。

 本実証実験が休止する7月~8月においては、経路検索機能など「Izuko」の一部機能をご利用いただけるほか、「Izuko」を伊豆急行線沿線で提示すると、土産物屋の割引優待など様々な特典が受けられ、夏の伊豆観光がお得にお楽しみいただきます(表2参照)。

今後も、本実証実験における実行委員会の委員の方々(別添)とともに、9月からの「Phase2」に向け、Izukoの機能改善やサービスエリアの拡大などに鋭意取り組むことで、本実証実験の目的である「国内外観光客の利便性向上と地域活性化」を目指します。なお、「Phase2」の詳細は8月下旬にお知らせします。
[画像: リンク ]


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]