logo

「DANCE DANCE ASIA-Crossing the Movements東京公演2019」いよいよ開幕!公演紹介の15秒PVが渋谷大型ビジョンで7月7日(日)から放映!

株式会社パルコ 2019年07月05日 17時40分
From PR TIMES

◆2019年7月12日(金)~14日(日)◆東京芸術劇場シアターウエスト



株式会社パルコと国際交流基金アジアセンターが主催する、日本と東南アジアを代表するストリートダンサー、アーティスト、音楽家、総勢48名のコラボレーションによる最先端のダンス・パフォーマンス「DANCE DANCE ASIA–Crossing the Movements東京公演2019」(「ダンス・ダンス・アジア ~クロッシング・ザ・ムーヴメンツ~東京公演2019」)が、いよいよ2019年7月12日(金)~14日(日)の3日間、東京・池袋の東京芸術劇場シアターウエストにて開催されます。
[画像1: リンク ]

公演に先立ち、7月7日(日)より渋谷域内8カ所の大型ビジョンにて、3T(スリー・ティー/ベトナム)振付・演出作品「What if...Just dance それでも僕はダンスを続けていく」をフィーチャーした15秒PV の放映が決定いたしました。同PVはDANCE DANCE ASIA(以下DDA)オフィシャルウェブサイトやYouTubeにも登場します。

[画像2: リンク ]

■YouTube リンク
■DDA オフィシャルウェブサイト リンク

今回の東京公演では、世界屈指のブレイクダンサーであるKATSUYA(カツヤ/日本)を振付・演出補佐に迎えた3T 作品「What if...Just dance それでも僕はダンスを続けていく」、コンドルズのスズキ 拓朗(スズキタクロウ/日本)が振付・演出補佐として参画したNikii(ニッキー/タイ)作品「Inception―夢のまた夢のまた夢のまた夢…」の2作品に加え、Crazy Rollers(クレイジーローラーズ/日本)作品「Non-fiction―ノン・フィクション」、GANMI(ガンミ/日本)作品「GANMI GAKUEN―ガンミ学園」、kEnkEn(ケンケン/日本)作品「free-style―フリースタイル」日本xアジアスペシャルユニット3作品の計5作品が披露されます。
Crazy RollersのKITE(カイト/日本)とFISHBOY(フィッシュボーイ/日本)は「超個性派ポッパー達のムーブメントと津軽三味線、ヒューマンビートボックス、そしてタイの伝統楽器であるマルチフルートの音色の個性のぶつかり合いがどんな相乗効果をもたらすのか、是非、お楽しみに!」とメッセージを寄せています。一方、総勢17名全員が参加のGANMIは、「僕たちがロサンゼルスで開催されたVIBE DANCE COMPETITION XXIで優勝した時のフィリピン代表グループの面々が“転校”してきます!今回の公演でしか見られない、楽しさ満載のオリジナルストーリーをお届けします」と語っています。さらに、新進気鋭のダンサー・振付家として世界の注目を集めているkEnkEnは、「気心の知れたダンサーと一緒に、ジャンルや国を飛び越えて、伸び伸びと作品を作りました。枠に捕らわれない自由を楽しんでください」と抱負を寄せています。
DANCE DANCE ASIAは、舞台芸術の「新しい表現手法」としてここ数年来、高い関心が寄せられているストリートダンスを軸としたパフォーミングアーツ作品を制作するプロジェクトです。プロジェクトの実施を通して、アジア域内の交流促進と新たな文化の創造を目指すべく、2014年にスタートしました。2015年から2017年まで東京および東南アジア各地で公演を重ね、総観客数はのべ3万人を超えます。パフォーミングアーツの新たな頂きと文化交流の最新ムーブメントを是非劇場でご覧ください。
*上演スケジュールは開催概要をご覧ください。

【DANCE DANCE ASIA–Crossing the Movements 東京公演2019 作品概要】
≪6週間のクリエーションによる共同制作2作品≫
●3T作品
チーム名:Asia Flavor (アジア・フレイバー)
作品名:What if...Just dance―それでも僕はダンスを続けていく
振付・演出:3T(スリー・ティー /ベトナム)
振付・演出補佐:KATSUYA(カツヤ/日本)
音楽:SNG(シンゴ)from GROOVIN/SLASH他
出演:CANCEL(キャンセル/ベトナム)/ブレイク、Cheno(チノ/タイ)/ブレイク、C-Lil(シーリル/ラオス)/ブレイク、GEN ROC(ゲン・ロック/日本)/ブレイク、Sakyo(サキョウ/日本)/ブレイク

●Nikii作品
チーム名:The Inception(ジ・インセプション)
作品名:Inception―夢のまた夢のまた夢のまた夢…
振付・演出:Nikii(ニッキー/タイ)
振付・演出補佐:スズキ拓朗(スズキ タクロウ/日本)
出演:GAMEZ(ゲームズ/タイ)/ヒップホップ・ブレイク、KEIN(ケイン/日本)/ハウス、MC Buck(エムシー・バック/ベトナム)/オールスタイルズ、Topiek SmallBlack(トピエック・スモールブラック/ラオス)/ヒップホップ、VI VIEN(ヴィ・ヴィエン/マレーシア)/ポップ、Wadafu*k(ワダファック/タイ)/ヒューマンビートボックス

≪日本とアジアのスペシャルユニット3作品≫
●Crazy Rollers作品
ユニット名:Crazy Rollers(クレイジーローラーズ)
作品名:Non-fiction―ノン・フィクション
振付・演出:Crazy Rollers (クレイジーローラーズ/日本)
出演:KITE (カイト/日本)/ポップ、FISHBOY(フィッシュボーイ/日本)/ポップ、HIRONA (ヒロナ/日本)/ヒューマンビートボックス、雅勝 (マサカツ/日本)/ 津軽三味線、MTpop (エムティー・ポップ/ベトナム)/ポップ・ヒップホップ・ロック、Kru Add The Salor (クルー・アド・ザ・サロー/タイ) /タイ伝統吹奏楽器・創作吹奏楽・スン(タイ北部の弦楽器)、Marzipan (マージパン/シンガポール)/ポップ 、 ロック

●GANMI作品
ユニット名:GANMI(ガンミ)
作品名:GANMI GAKUEN―ガンミ学園
振付・演出:GANMI(ガンミ/日本)
出演:GANMI(ガンミ/日本)総勢17名
Les Paul Sañez - MVMEANT (レス・ポール・サニェズ – ムーブメント/フィリピン)/ ロック・ハウス・他、Melrein Viado - MVMEANT (メルレイン・ヴィヤド – ムーブメント/フィリピン)/ヒップホップ・ロック・ハウス・ポップ、Kyle Collantes - MVMEANT (カイル・コリャンテス – ムーブメント/フィリピン)/アーバンダンス

●kEnkEn作品
ユニット名:Team kEnkEn
作品名:free-style(フリースタイル)
振付・演出:kEnkEn (ケンケン/日本)
出演:kEnkEn(ケンケン/日本)/ヒップホップ、JUMPEI(ジュンペイ/日本)/ヒップホップ・ハウス、Liang(リアング/シンガポール)/アーバン・ガールズスタイル、RenZ(レンズ/フィリピン)/ストリートダンス・ジャズ・コンテンポラリー、Te Double Dy(テディ/マレーシア)/ワック、ヴォーグ

【DANCE DANCE ASIA–Crossing the Movements 東京公演2019 開催概要】
公式HP:リンク

【公演日程】
2019年7月12日(金)~7月14日(日)
7月12日(金)19:00 3T/Nikii/Crazy Rollers
7月13日(土)13:00 3T/GANMI/kEnkEn / 18:00 Nikii/kEnkEn/Crazy Rollers
7月14日(日)13:00 3T/Nikii/GANMI
【会場】東京芸術劇場 シアターウエスト

【チケット】
一般:3,500円(全席指定・税込) / 学生:2,500円(全席指定・税込)※大学院生・大学生・専門学校生・中高生の方対象。当日入場時に学生証をご提示ください。 / 障がい者手帳割引:2,000円(全席指定・税込)※当日入場時に障がい者手帳をご提示ください。
※ご同伴のお子さま割引販売(子ども券:2,000円/3歳以上小学生まで)
※年齢制限:7月12日(金)…3歳未満入場不可、7月13日(土)・14日(日)計3公演…3歳未満入場可(膝上鑑賞無料、但し座席が必要な場合は子ども券をご購入ください。)
※営利目的の転売禁止。
※車イスでご来場予定のお客様は、ご購入席番を公演前日までにサンライズプロモーション東京宛にご連絡ください。
【チケット発売開始日】
2019年5月19日(日)午前10:00
【チケット前売り】
・PARCO STAGE スマホアプリ「パルステ!」
・チケットぴあ:0570-02-9999(Pコード:493-950) / リンク (パソコン・携帯)  / セブン-イレブン、チケットぴあ店舗
・ローソンチケット:0570-084-003(Lコード:33285)・0570-000-407(オペレーター対応10:00~20:00)/ リンク (パソコン・携帯)  / ローソン、ミニストップ店内Loppi
・e+(イープラス): リンク (パソコン・携帯)  / ファミリーマート店内Famiポート
・東京芸術劇場ボックスオフィス:0570-010-296(10:00~19:00 ※休館日除く)※窓口販売あり / リンク
※0570で始まる電話番号は、一部の携帯電話・PHSからはご利用になれません。
※音声自動応答での受付番号はダイヤル回線からのご利用はできません。プッシュ回線またはトーン信号の出る電話機からおかけください。
【お問い合わせ】 サンライズプロモーション東京 0570-00-3337(10:00~18:00)

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]