logo

IHI:大きく前進したアンモニア利用発電実用化への道程と 残された克服すべき特有の課題【JPIセミナー7月23日(火)開催】

日本計画研究所は、 株式会社IHI 資源・エネルキ゛ー・環境事業領域 事業開発部再生可能資源グループ 部長 須田 俊之 氏 を招聘して下記の通りセミナーを開催いたします。
セミナー終了後には、講師及び参加者間での名刺交換会を実施いたしますので、ビジネスに役立てていただける構成となっております。



〔詳細・申し込み〕リンク

〔タイトル〕
I H I
大きく前進したアンモニア利用発電実用化への道程と
残された克服すべき特有の課題

〔講義概要〕
カーボンフリーなエネルギーキャリアとしてアンモニアが注目されている。アンモニアは,液化が容易であること,製造プロセスが確立していること,火力発電機器で直接利用が可能なことが主なメリットだが,燃焼安定性の確保やNOx生成抑制など,克服すべき特有の課題がある。弊社は,国からの補助の元,微粉炭焚ボイラ,ガスタービン,固体酸化物形燃料電池におけるアンモニア利用技術の研究開発を実施し,最重要課題であるNOx抑制など実用化に向け大きく前進した。
[画像1: リンク ]


〔講義項目〕
1.弊社ご紹介
2.エネルギーのメガトレンド
3.CO2削減技術
4.水素キャリアとしてのアンモニアの特徴
5.アンモニアを燃料として利用する場合の課題
6.利用技術開発   
 (1)石炭焚ボイラ   
 (2)ガスタービン   
 (3)SOFC(固体酸化物形燃料電池)
7.実証・商用化に向けた取組み
8.関 連 質 疑 応 答
9.名 刺 交 換 会 講師及び参加者間での名刺交換会を実施いたします。

〔講  師〕株式会社IHI 資源・エネルキ゛ー・環境事業領域 事業開発部再生可能資源グループ 部長 須田 俊之 氏   

〔開催日時〕2019年7月23日(火) 9:30 - 11:30  

〔会  場〕港区南麻布/JPIカンファレンススクエア リンク

〔 参加費 〕
▶民間参加費1名 : 32,980円 (資料代・消費税込)
 2名以降 27,980円 (社内または関連会社で同時お申込みの場合)
▶行政:国家公務員・地方自治体職は、先着5名様無料ご招待 (ホームページからのお申込みに限る。)

《こちらも要チェック↓↓》
【8月7日開催】JERA:新たな事業モデルへの変革に挑戦(再エネとLNGの補完関係の構築を目指す事業モデル )
リンク

【8月20日開催】川崎重工業「水素サプライチェーン構築」の進捗及び水素ガスタービン発電プロジェクトの進展
リンク


[画像2: リンク ]

【お問合せ】
JPI 日本計画研究所
〒106-0047東京都港区南麻布5-2-32 興和広尾ビル
TEL.03-5793-9761  FAX.03-5793-9766
URL  リンク

[画像3: リンク ]



【株式会社JPI(日本計画研究所)】
“「政」と「官」と「民」との知の懸け橋”として国家政策やナショナルプロジェクトの敷衍化を支え、国家知の創造を目指す幹部・上級管理職の事業遂行に有益な情報をご参加者を限定したリアルなセミナーという形で半世紀、提供し続けています。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]