logo

【JAF愛知】7月11日~20日は「夏の交通安全県民運動」期間!タイヤ点検と全席シートベルト着用の大切さを学ぶ交通安全イベントを開催します

一般社団法人 日本自動車連盟(JAF)【地方】 2019年07月05日 12時00分
From PR TIMES

JAF(一般社団法人 日本自動車連盟)愛知支部(支部長 寺町一憲)は、7月11日(木)に、夏の交通安全県民運動PRイベント「交通安全イベントin刈谷ハイウェイオアシス」(協力:刈谷ハイウェイオアシス、一般社団法人日本自動車タイヤ協会中部支部)を開催します。



本イベントは、7月11日(木)~20日(土)の「夏の交通安全県民運動」期間中、車での来訪が多い施設でイベントを開催することにより、ドライバーおよび来場者に交通安全を啓発することを目的としています。

■見逃しがちなタイヤの空気圧!タイヤの空気は自然に抜けるので月に1回の点検が必要です。
自動車ユーザーには、事故防止や環境保全のため自動車の点検・整備を行うことが義務付けられています(※1)が、国土交通省のアンケート結果(※2)によると自動車ユーザーによる点検・整備を「全くしない」人が30.5%にのぼり、十分行われているとはいえないのが現状です。しかし一方で、最近ではセルフ給油のガソリンスタンドの増加に伴い、自動車ユーザー自らがタイヤの点検をする必要性は高まっています。そして、JAFへの救援要請の中でも、パンクなどタイヤに関するトラブルも上位にランクされています。

タイヤの空気圧の不足はトラブルの原因となるほか、適正値より不足すると、市街地で2%程度、郊外では4%程度燃費が悪化します。そこで、今回のイベントでは安全性や燃費に大きく影響する「タイヤ」にスポットをあて、タイヤの空気圧等点検の重要性についての啓発活動を実施します。この他、時速5キロの衝突を体験することでシートベルト着用の効果と重要性を体験できる「シートベルトコンビンサー(模擬衝突体験車)」、JAFの認定指導員によるチャイルドシートの取り付け状態チェック&適正なチャイルドシートの使用に関するアドバイス、また、反射材効果を体験する「リフレクBOX」や交通安全のクイズに答えて免許証そっくりのカードがもらえる「子ども安全免許証」の発行を行い、「夏の交通安全県民運動」期間中の交通安全に対する啓発活動を行います。

※1 道路運送車両法 第47条の2「自動車の使用者は、自動車の走行距離、運行時の状態などから判断した適切な時期に、国土交通省令で定める技術上の基準により、灯火装置の点検、制動装置の作動、その他の日常的に点検すべき事柄について、目視などにより自動車を点検しなければならない」
※2 国土交通省「自動車の点検・整備に関するアンケート調査」の結果について(調査時期2017年9月6日~9月25日)

■日時
2019年7月11日(木) 10:00~15:00
■会場
刈谷ハイウェイオアシス  産直市場おあしすファーム前(刈谷市東境町吉野55)
■内容
・シートベルト効果体験
・反射材効果体験
・子ども安全免許証発行
・チャイルドシート取り付け状態チェック
・タイヤ空気圧チェック
※参加および体験は全て無料
※天候等により開催時間や内容を変更する可能性があります


[画像: リンク ]


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]