logo

「ツール・ド・フランス」史上初。20種類の特別なチャンピオンジャージ『マイヨ・ジョーヌ』が登場。

デサントジャパン株式会社 2019年07月05日 12時00分
From PR TIMES

ルコックスポルティフが『マイヨ・ジョーヌ』生誕100周年を記念して特別キャンペーンを実施。

デサントジャパン株式会社は、『マイヨ・ジョーヌ』生誕100周年を記念してle coq sportif avant HARAJUKUで今年の「ツール・ド・フランス」の勝者しか手に取ることのできない特別な20種類の『マイヨ・ジョーヌ』を特別に展示します。また、この特別な20種類の『マイヨ・ジョーヌ』が当たるキャンペーンも同時開催します。



[画像1: リンク ]


1903年に第一回大会が開催された「ツール・ド・フランス」(※1)。
1915~1918年は第一次世界大戦のため、1940~1946年には第二次世界大戦のため中断されましたが、競技スタイルを徐々に変化させながら、2003年には100周年記念大会を、2013年には第100回大会を迎え、大いに盛り上がりました。
今年の「ツール・ド・フランス」は、それらとはまた違った意味で特別な大会。今では「ツール・ド・フランス」の象徴となっている『マイヨ・ジョーヌ』(※2)ですが、最初のレースから使われていたわけではありません。『マイヨ・ジョーヌ』が登場したのは、1919年 7 月 19 日、 Eugène Christophe (ウジェーヌ・クリストフ)の肩に乗って初めて登場しました。
今年の「ツール・ド・フランス」は、『マイヨ・ジョーヌ』生誕100周年を祝う大会となります。『マイヨ・ジョーヌ』100 周年を祝うため、 2019 年の「ツール・ド・フランス」は20 種類の異なるユニークなマイヨ・ジョーヌが登場。その『マイヨ・ジョーヌ』には各ステージにちなんだ象徴的なテーマ、ヒーロー、場所などのストーリーがプリントされ、 20 種類のうち 3種類のみが販売されます。

100周年記念マイヨ・ジョーヌ

[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]

サイクリストが着用する『マイヨ・ジョーヌ』は、フランスのロミリー=シュル=セーヌにあるルコックスポルティフの工場で作られ、今年の「ツール・ド・フランス」では20種類の『マイヨ・ジョーヌ』が「ツール・ド・フランス」リーダーとともに各表彰台、SNS 、 WEB を飾ります。
これを記念し、ルコックスポルティフでは20種類の『マイヨ・ジョーヌ』をle coq sportif avant HARAJUKUで
展示します。また、今年の「ツール・ド・フランス」の勝者しか手に取ることのできない特別な20種類の『マイヨ・ジョーヌ』が当たるキャンペーンもle coq sportif avant 全店で同時開催します。

■20種類『マイヨ・ジョーヌ』の展示期間
7月6日(土)~7月28日(日)
■20種類『マイヨジョーヌ』が当たるプレゼントキャンペーンを実施
7/6~7/28の大会期間中、le coq sportif avant 全店で対象商品3,000円以上お買い上げの方に、20種類の『マイヨ・ジョーヌ』が当たるキャンペーンにご応募いただけます。
※同時にクラブデサントの入会、SNSフォローも必要。
※当選者については7/29以降に発表予定。

さらに、パリ在住のスポーツ・イラストレータ、Greg Podevin (グレッグ・ポデヴァン)さんとコラボレーションし、100周年を祝うファンウェアコレクションを販売しています。こちらのコレクションには20種類『マイヨ・ジョーヌ』にも登場している、「ツール・ド・フランス」5勝の英雄Bernard Hinault(ベルナール・イノー)さんなどオリジナルイラストがプリントされています。


100周年オリジナルイラスト

[画像5: リンク ]

[画像6: リンク ]

[画像7: リンク ]

[画像8: リンク ]

[画像9: リンク ]


ファンウェアコレクション


[画像10: リンク ]



[画像11: リンク ]

[画像12: リンク ]

[画像13: リンク ]

[画像14: リンク ]

[画像15: リンク ]



(※1)ツール・ド・フランス
サッカーワールドカップ、夏季オリンピックに続く世界3番目の規模のスポーツイベント。単一競技では世界2番目、毎年行われるスポーツイベントでは世界最大の規模を誇る。全21ステージおよそ3,500kmの過酷な道のりを沿道に詰め掛ける約1,500万人のファンと世界約190カ国のTV視聴者が注目する中、約180人の選手が参加する。

(※2) マイヨ・ジョーヌ
マイヨ・ジョーヌとは、フランス語で「黄色いジャージ」という意味。ツール・ド・フランスにおける総合トップの選手だけが着用できる特別なジャージのことだ。誰が一位なのかを分かりやすくするため、1919年の第13回大会から採用された。黄色になった理由は、ツール・ド・フランスの主催者であるスポーツ新聞「ロト」の誌面が黄色かったから、という説が有力。今では、その黄色いジャージは「世界一の自転車乗り」の証となっている。そのジャージに袖を通せば、世界中に注目され、歴史に名が刻まれ、大きな名誉が与えられる。

関連リンク
リンク
リンク
リンク

お問合せ
デサントジャパン株式会社 お客様相談室
フリーダイヤル:0120-46-0310

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]