logo

「カルピス」100周年記念企画 「タナバタノオト」がついに完結!少女たちが紡いだ想いの行方は?

株式会社チョコレイト 2019年07月05日 12時34分
From PR TIMES

コンテンツスタジオ CHOCOLATE Inc.は、本日7月5日にアサヒ飲料株式会社の「カルピス」ブランド100周年施策「人を想う記念日ACTION!」の一環としたプロジェクトである「タナバタノオト」の第4話と、最終話を公開いたしました。




[画像1: リンク ]

コンテンツスタジオ CHOCOLATE Inc.(本社:東京都渋谷区、代表取締役:渡辺裕介)は、本日7月5日にアサヒ飲料株式会社(本社:東京都墨田区、代表取締役社長:岸上克彦)の「カルピス」ブランド100周年施策「人を想う記念日ACTION!」の一環としたプロジェクトである「タナバタノオト」の第4話と、最終話を公開いたしました。
また、第1話から最終話まで、様々なアーティストと様々な漫画家によって紡がれてきた「タナバタノオト」は、最終話をさらに様々な人の手で紡ぐべく、本日18時より「タナバタノオト」Twitterアカウント上にて最終話の映像と使用楽曲「空に光る」のデータ配布を開始いたします。このデータをダウンロード、カバーし、アップロードすることで、どなたでも「タナバタノオト」トリビュートアーティストとして参加することが可能です。

■「タナバタノオト」第4話・最終話公開日時:
2019年7月5日(金)12時 公開

「タナバタノオト」第4話について

[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]

天の川作りのヒントを見つけた4人は、再び七夕祭に向けて力を結集する。そのために使うのは…風船。織姫と彦星を出会わせるべく、4人は力と知恵を合わせる。七夕祭本番までのカウントダウンが始まる。

■「タナバタノオト」第4話URL:
リンク

第4話使用楽曲「青」のアーティスト「コバソロ&春茶」について

[画像4: リンク ]



「コバソロ」は、作詞作曲編曲、演奏、デザイン、動画制作等すべてを自身でこなすマルチクリエイター。プロデューサー、シンガーソングライター、映像クリエーターと フリーランスながら多岐にわたり活躍中。 ボーカリストの「春茶」は、コバソロのYouTubeチャンネル内でも非常に人気が高く、情緒的で心に響く歌声に各方面から絶賛の声が相次いでいる。今作でも圧倒的音域の唯一無二の歌声がコバソロのプロデュースにより存分に活かされており、今後の二人のコラボレーションにさらに期待がかかる。

「タナバタノオト」最終話について

[画像5: リンク ]

[画像6: リンク ]

準備を重ね、迎えた七夕祭当日。壊れたはずのナナセのキーホルダーが、なぜか…4つ?一度はすれ違った友情は、そのぶん固く結ばれる。七夕祭のクライマックス、一致団結して天の川作りに挑んだ彼女たちの心に残ったのは…。

■「タナバタノオト」最終話URL:リンク

最終話使用楽曲「空に光る」のアーティスト「Toy cleanse」について

[画像7: リンク ]

「Toy cleanse」は「『タナバタノオト』高校生バンド募集」で全国の高校生バンドの中から選ばれたスリーピースロックバンド。第1話から第4話までの楽曲を担当した「私立恵比寿中学」「まるりとりゅうが」「おいしくるメロンパン」「コバソロ&春茶」も選考に加わり、高校生ながら安定感のある演奏が評価され決定。今回の楽曲「空に光る」のプロデュースはTVCMやアニメ、アイドルへの楽曲提供やプロデュースを行う利根川貴之が担当した。

■利根川貴之コメント
純粋で真っ直ぐなスタイル、まだ未完成されどエモーショナルな唄。「タナバタノオト」のラストシーンを伝えるにはこの音!と感じた現役高校生バンドToy Cleanseとのコラボだからこそできたリアルな「今」をパッケージした曲です。本物の「青いまま」は輝きが違います!

「タナバタノオト」最終話トリビュート企画について
5組のアーティストによる楽曲、ならびに5人の漫画家による作画によって紡がれてきた「タナバタノオト」は、最終話をさらに様々な人の手で紡ぐべく、本日18時より「タナバタノオト」Twitterアカウント上にて最終話の映像と使用楽曲「空に光る」のデータ配布を開始いたします。
一般ユーザーは、「タナバタノオト」Twitterアカウント( リンク)にダイレクトメッセージを送ることでデータを受け取ることができ、それをカバーしSNSに投稿することで「タナバタノオト」トリビュートアーティストとして参加することが可能です。
本トリビュート企画では、「いかさん」「kain」「志麻」、ならびに「タナバタノオト」高校生バンドオーディションに参加した高校生バンドのトリビュートアーティスト参加も決まっており、随時各人のアカウントなどで公開される予定です。

「タナバタノオト」最終話トリビュートアーティストについて
■いかさん
公式YouTubeチャンネルURL:
リンク
主に動画投稿サイトで活躍する女性アーティスト。
女性とは思えないイケボを器用に使い、1人で何役も演じ分ける独特な歌声で高い人気を得た。2015年1月、女子高生時代に発売した1stアルバム「ボクらの最終定理」はオリコンウィークリーチャート8位を記録。また、松岡侑李として「おやすみジャック・ザ・リッパー」K・A役で舞台初挑戦。主題歌も担当し好評を得るなど、マルチに活躍中。

■kain
公式YouTubeチャンネルURL:
リンク
あたたかく柔らかな歌声が唯一無二の個性を放つシンガー。ピアノやトランペットのプレーヤーとしても高いクオリティーを誇る。楽曲のレコーディング、アレンジ、ミックスなど、エンジニアとしても活躍の場を大きく広げ、数多くの視点から楽曲を解釈できるため、より豊かに歌唱表現ができる。現代の音楽シーンを牽引する「歌い手」界のトップアーティスト達からは、その確かなスキル、豊かな感性、人懐っこいキャラクターで絶大な信頼を集めている。

■志麻
公式YouTubeチャンネルURL:
リンク
動画投稿サイトで「歌ってみた」を中心に活躍しているアーティスト。2013年に結成された男性4人組音楽ユニット浦島坂田船のメンバーで、うらたぬき、となりの坂田。、センラの4人で活動している。2016年にアルバム「CRUISE TICKET」でメジャーデビューし、2018年にはアルバム「V-enus」でオリコンウィークリーランキング1位を獲得した。

「タナバタノオト」概要
■制作スタッフ
監督:篠田利隆
キャラクターデザイン:米山舞
作画:TNSK(第一話)、凪庵(第二話)、文尾文(第三話)、ms・まつだひかり(第四話)、はみ(最終話)
ストーリー原案:夏生さえり

■「タナバタノオト」関連のアカウント情報
○「タナバタノオト」TwitterアカウントURL:
リンク

○アサヒ飲料公式YouTubeチャンネル URL :
リンク

○参加アーティスト公式YouTubeチャンネル
・私立恵比寿中学:
リンク
・まるりとりゅうが:
リンク
・おいしくるメロンパン:
リンク
・コバソロ & 春茶:
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]