logo

特別支援学校のあたらしいお祭り「特特祭」に、ゆるスポーツが登場

一般社団法人 世界ゆるスポーツ協会 2019年07月05日 09時40分
From PR TIMES



一般社団法人 世界ゆるスポーツ協会(代表 澤田智洋、本社 東京都中央区、以下 世界ゆるスポーツ協会)は、特別支援学校のあたらしいお祭り「特特祭(とくとくさい)」に協力し、ゆるスポーツを実施いたします。
当イベントでは、世界ゆるスポーツ協会の「トントンボイス相撲」や「緩急走」などが体験できる「特別おもしろいスポーツ」、世界ゆるミュージック協会の楽器を楽しめる「特別おもしろい音楽」をはじめ、「特別おもしろい食」「特別おもしろい乗り物」「特別おもしろい仕事」など、たくさんのおもしろいものが登場します。
[画像: リンク ]

■ 「特特祭」概要
令和うまれ、特別支援学校のあたらしいお祭りです。ふだんはなかなか出会うことのない「特別おもしろいスポーツ」「特別おもしろい音楽」「特別おもしろい食」などがぎゅっと集結し、それぞれの「特別おもしろい未来」が見つかるお祭りをめざしています。
日時: 2019年8月18日(日)
開演: 13時~16時(開場: 正午)
会場: 東京都立府中けやきの森学園(東京都府中市朝日町3-14-1)
京王線 飛田給駅から徒歩15分・西武多摩川線 多磨駅から徒歩17分
参加者:
 特別支援学校/学級に通っている幼児・児童・生徒、その家族
 特別支援学校/学級で働いている教職員
 これから特別支援学校・支援級に通う未就学児、その家族
参加方法: リンク ※先着300名様(ヘルパーなどは除く)
参加費: 無料
コンテンツ: 特別おもしろいスポーツ、音楽、食、乗り物、仕事、ファッション、アート、おでむかえ、ライブ(コンテンツは予告なく変更となる場合があります)
主催: 「特別支援学校を特別おもしろい学校に」委員会 (2019年発足)
協賛: 一般社団法人 障害攻略課、Social WEnnovators、TSテック株式会社、プラス株式会社、ジョインテックスカンパニー、トリプル・ダブリュー・ジャパン株式会社
協力: UNITED ARROWS LTD. 、世界ゆるスポーツ協会、世界ゆるミュージック協会、ミズノ株式会社、コドモディスコ、オリィ研究所、 株式会社アペックス、一般社団法人メディカルリズム協会、島根大学、株式会社るーと

一般社団法人 世界ゆるスポーツ協会について
公式HP: リンク
公式Facebook: リンク
世界ゆるスポーツ協会は“スポーツ弱者を、世界からなくす。”ことをコンセプトに、2015年4月10日に発足しました。当協会は、だれでも楽しめる新しいスポーツジャンルを創りだすことを追求し、ベビーバスケ、ハンドソープボール、スポーツかるたなど、40種類以上(2019年7月1日現在)の競技を公開し、幅広く親しんでいただく活動を行っています。また、運営にあたりプロデューサー、ディレクターを中心に、スポーツアンバサダーおよび、多数のスポーツクリエーターにより推進しています(リンク にて、コアメンバーを公開中)。2017年12月に「HEROs AWARD」の第1回となる「HEROs Award 2017」を受賞。
主な公式競技: ベビーバスケ、ハンドソープボール、イタイッス、イモムシラグビー、ブラックホール卓球、ハンぎょボール、スポーツかるた、顔借競争、トントンボイス相撲、こたつホッケー、打ち投げ花火、HAT RUGBY、コツコツ点字ブロックリレー、エレクトリック温泉、EMO ONI、○×スペース、シーソー玉入れ、スカッチュ、ゾンビサッカー、くつしたまいれ、オシリウスの塔、パンダーツ、パンダマ、めくってパオーン、うんちスポーツ、FLYING EGG、せんたくテニス、スピードリフティング、100cm走、手錠バレー、プラネタリウミング、バレーボム、らくがきウォークなど
プロジェクト: ゆるスポヘルスケア、ゆるスポ研修、おやこゆるスポーツ、ご当地ゆるすぽ、ゆるスポYOUTHなど

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]