logo

VinChinaの第12回煙台国際ワイン博覧会が成功裏に閉幕

The Yantai Vine and Wine Industry Development Service Center 2019年07月04日 13時43分
From 共同通信PRワイヤー

VinChinaの第12回煙台国際ワイン博覧会が成功裏に閉幕

AsiaNet 79510(1238)


【煙台(中国)2019年7月3日新華社=共同通信JBN】VinChinaの第12回International Terroir Wine Expo Yantai China 2019(煙台国際ワイン博覧会)は、3日間の会期を終えて成功裏に閉幕した。博覧会には世界中の販売業者、専門家、メディアが参加し、ショー出展社と連絡を取ったり、展示品を調査したり、ワインを試飲したり、商談に従事したりした。出展社と入場者はともに楽しい時間を過ごした。

Yantai Vine and Wine Industry Development Service Center(煙台ブドウ・ワイン産業開発サービスセンター)によると、博覧会には22カ国、58カ所のワイン産出地区から信頼できるワイン企業500社以上が参加し、この中には中国のトップ10のワイン生産地区が含まれていた。展示エリアが約3万平方メートル、特別ブースが90%を占め、中国で開催された最大のワイン博になった。

中国の12の主要ワイン産出地区代表が一堂に会したのは今回が初めてで、国内トップ級の147種のワインラベルが展示されて国際的に大いに注目され、大国のラベルのとびきり最高のものを提供した。さらに、今回の博覧会のテーマ「中国ワインを世界のワインに」を推進した。

博覧会期間中、主催者は中国のトップ10の生産者との円卓会議を開催した。彼らはワイン産出地区間の交流・協力強化、中国ワインラベルの競争力向上、中国ワイン部門の活性化について協議し「Yantai Consensus of the Chinese Wine Producing Areas」(中国ワイン産出地区の煙台コンセンサス)を生み出した。

ソース:The Yantai Vine and Wine Industry Development Service Center

画像添付リンク:
リンク
(成功裏に閉幕したVinChina第12回煙台国際ワイン博覧会)



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]